ネットビジネスって息の長さも大切だけど息を切らさない工夫も大切だよね

僕は海外に住んでいるのですが、外を歩けばいろんな国籍の人とすれ違います。

当然文化や考え方も違うので、日本では見ないような状況を目の当たりにします。

 

昨日は、超近代的な高層ビルが立ち並ぶ街中の歩道を歩いていました。(田舎で育った僕はやっぱり田んぼの景色の方が落ち着きます(*´ω`))

すると、僕の背後から右肩越しにシュッと小走りで駆け抜けていく若い男性がいたんです。

僕は思わず彼の背中を目で追ったのですが、その先に目線をやると、逆にこっちに向かって同じく小走りに駆けてくる若い女性がいることに気付きました。

どちらもけっこう急いでいるようですが、二人とも割とお洒落な格好をしていたので、どうやらトレーニングではないようでした。

「街中をそのスピードだと人にぶつかって危ないよ?」と思いつつ二人を見ていたんです。

 

すると、二人の距離はどんどん近づくのですが、なぜかお互いスピードを緩めません。

また、なぜか譲り合わず進行方向を横にずらすこともお互いにしません。

 

「え?え?これも文化の違い!?日本人なら絶対に譲り合うよ?(,,#゚Д゚))」

 

普通では考えられない危険レベルのスピードで、お互いどんどんどんどん近づいていきます。

 

 

「うわっ、あぶない!ぶつかる!!」っと思った瞬間っ!

 

 

 

 

「ガシッ」

「ブチュッ♡」

 

しかもお互いマスク越しで・・・ヾ(´ε  `;)ゝ

 

リアルトレンディドラマを目撃したケントです(汗)(いやー、こっちが照れるわ!)

 

さて。

 

いつもこんなゆるい記事をお読みいただきありがとうございますm(_ _)m(なんか貴重な読者様の時間を使わせてしまい申し訳ありません・・・)

 

今日は息の長いネットビジネスを目指すことはとても重要なのですが、

息を切らさないネットビジネスを目指すことも同じくらい大事だよね、というテーマでお話したいと思います。

 

今回はものすごく抽象的なので、ライターだけじゃなく、ブロガーさん含めあらゆる方に転用できると思います。

 

息を切らしてしまう確率を確実に減らすビジネス戦略

見出し4の画像

 

僕は現在、およそ100名のライターさんとお仕事をしているのですが、立場上、いろいろな方から今後の展開についてアドバイスを求められます。

そこでよくお聞きするのが、「ライターとして成功する確率を上げる為の施策」が「息を切らして結局ライターを辞めてしまう確率を下げることができる」と思っている人が多いということです。

 

今回はちょっと分かりやすいように、ライターではなく、すべてひっくるめて「ネットビジネス」という表現で解説したいと思います。

 

例えば、読者様が今取り組んでいるビジネスにも当てはめてみて欲しいのですが・・・

 

目の前にシーソーがあって、片方には【成功】、もう片方には【失敗】があるとします。

当然、【成功】の方にグーッと体を移動すれば、【成功】のほうにシーソーは傾き、【失敗】は軽減されます。

成功すれば、失敗からは離れられるよねっていう考え方です。

 

でも、この考え方は、あまり良くないかもしれません。

 

【成功】と【失敗】ってシーソーの両端で対としてあるのではなく、それぞれ別のシーソーなのかなぁと思っています。(そう考えた方が良いと思います(*´ω`))

 

ネットビジネスをシーソーに例えると・・・

 

ネットビジネスはじめ、僕らの様々な挑戦には、

 

A:成功する確率を上げるシーソー

B:失敗する確率を下げるシーソー

 

この2つのシーソーがあります。

 

Aは最初は一番左端の「0%」に座っているのですが、少しずつ取り組んでいくとともに、右に移動していきます。

で、途中バランスが不安定でフラフラしながらも、最後はガシャコン!と右端の「100%」にすべて体重を乗せることが出来るイメージですね。(成功100%はなかなか難しいですが(*´-`))

 

逆にBは左端「100%」からのスタートです。

当然、その場から移動しなければ(何もしなければ)100%失敗します。

 

で、例えばライティングサロン「Site New Tourism」では、チーム全員が稼げる環境を作りたくて僕は取り組んでいますが、その確率を上げるために、安易にトレンドアフェリエイトを作ろう!と施策をうった場合、目指す環境を作れる確率は上がるでしょうか?

 

たしかに、一時は稼げるかもしれません。

 

ですが、トレンドアフェリエイトはずっと記事を投稿しなければ収益もやがてゼロになるので、環境に対する資産価値はかなり低いです。

また奴隷的な執筆作業が続くため、メンバーはどんどん疲弊するので辞めていくリスクがありますし、長期的にみれば持続的な収益化も難しいと思います。

何より、安易にトレンドサイトばかり取り組んでいるサロンでは、ライティングでワクワクする面白い世界は到底作り出せません。

 

つまり、Aのシーソーばかりに乗ってちゃ、Bのシーソーはいつまで経っても左肩下がりで、失敗する確率は「100%」のままです。

くわえて、Aのシーソーも【成功】の方にどんどん傾いているかどうかも怪しいです。

天下のグーグル様がソッポを向けば、たちまち毎月発生していたトレンドサイトの収益は吹っ飛びます(汗)

 

一方で、Bのシーソーに乗り、「Site New Tourism」が失敗する確率を下げるためにはどうすればいいでしょう?

 

たとえば今、「Site New Tourism」と同時に「企業HP記事代行サービス」や「書人マルシェ」など複数のプラットフォームの仕組み作りを並行して取り組んでいて、それぞれ異なるマネタイズポイントを作っています。

たとえば、「書人マルシェ」では各メンバーの有形・無形商品をクローズドのSTORESショップで売ることで収益化を図ることを目的としています。

書人マルシェ:

https://shojinhyakka-marche.stores.jp/

 

「Site New Tourism」では、全員でアフェリエイトサイト(トレンドではなく特化ジャンル)に取り組み、発生した収益を分配する仕組みを作っていますが、

たとえアフェリエイトで転んでも、こっちで立てることができるれば、失敗をいくらか防ぐことができます。

 

つまり、このコミュニティーの収益化として見据えているのは、従来の単なるクライアント(ケント)とライター(全サロンメンバー)の雇用関係で成り立つ外注化アフェリエイトだけではないんですね。

 

これらのプラットフォームが大成功するかどうかは分かりませんが、しかし「即消滅する確率」は、(僅かかもしれませんが)確実に下げることができます。

 

変な言い方ですが、アフェリエイトだけで展開していて、爆死したら確実に「Site New Tourism」は消滅するんです。

ですが、ここは展開次第でコントロール可能な部分です。

 

これを個人ブロガーで例えると、「A:少しでもアフェリエイトブログで早く稼いで独立できる作業」「B:20年後に稼げなくなる確率を下げる作業」って別じゃないですか?

 

たとえばAは「収益化の軌道に乗ったのに、ある日グーグルのアップデートに遭遇し即死」という、こちら側ではどうしようもできないリスク部分があります。

 

一方Bは「グーグルのアップデートに備えて、(シンドイけど)並行して自分情報発信にも取り組み、そこからコンサル受注で収益化を図っていこう」とすれば、即死する確率を下げることもできます。

 

この例えは個人ブロガーの話で、僕の場合は「100名の集団では、じゃあどうすればいいの?」っていうことを考えなくちゃいけません。

 

一つ確かなことは、「何も対策しないで事故ったら、目指す場所までたどり着けない」ということです。

なので僕の場合は、かなりしんどいけど、ライティングサロン「Site New Tourism」の他にも、いくつかのプラットフォームを準備しマネタイズポイントを作っておかなきゃいけないんですね。

 

正しい考え方としては、「僕らが成功の確率を上げることは巡り合わせや運もあるので無理で、ダメじゃんってなった時に、んじゃこっちで!っていう場所を作っておき、失敗確率を下げておく」ぐらいにしておいた方がいいと思います。

 

これは、ライターでも、ブロガーでも、ネットビジネス経営者でも概ね同じかと思います。

 

世の中のネットビジネスをみると、どうしてもウケが良いAの物語ばかりが語られ、キンキラキンのシーソーばかり見せてくれるので、皆そっちのほうばかり乗りたがるのですが、

順番としては、まずBのシーソーを右の方へ移動することができるかどうかを考え、可能な限り「失敗する確率」を下げた方がいいと思います。

 

シビアな話をすると、主軸以外でも収入源を持っていない人は今後100%失敗するかもしれません。(ライターなら執筆だけ出来ればいいやっていうのはめちゃくちゃ危険です!)

 

とくに日本の人口はこれから急激に減り、高齢者がますます増えていきます。

すると、市場そのものも急激に縮小するので、あらゆるものが売れなくなります。(今現在も毎年中核市1つが消滅しているペースで人口は減っています)

 

一方で、もはやバンバンに無料公開され、誰でも有益な情報が簡単に手に入る今の世の中では、ブログなどの質もべらぼうに平均値が高くなり、差別化が図れなくなっています。

 

高額コンサル級のサイトノウハウも今はユーチューブなどで普通に転がっているので、ぶっちゃけ無料でかなり学べてしまいます(汗)

 

つまり、相対的に「コンサルティング」の価値も今後は減っていくと思います。(厳密には圧倒的に実力ある人の一人勝ちの時代になる)

 

ゆえに、自称コンサルタントの方が、誰かの入れ知恵をそのまま横流しに発信しているなら、この先はかなり危険です・・・。

 

読者様にここでお伝えしたいことは、今はたとえ稼げていても、多くの人たち同様のやり方を踏襲したアフェリエイトやコンサル業など展開し、20年後、30年後の世界までネットビジネスで生き残れる「個人」は何%くらいいるでしょうか?ということです(汗)

 

今後も、何十年後までこの世界で生き残ろうと思うのであれば、

「A:スキルを磨く」のはもちろんですが、

「B:従来とは全く違う仕組みを作り収入源を得る」ことをやっておかないと、陳腐化し、大勢の中に埋もれ、そして確実に息の根が止まります。

 

挑戦を続けるために目を向けなくちゃいけないのは、

とにもかくにもキンキラキンのAを作ることばかりに執着するのではなく、「失敗する確率を下げる」ために、質実剛健なBのシーソーをコツコツ作り、日々せっせと右端の方【失敗0%】の方へ1ミリでも移動しておくことだと個人的には思います。

 

これが、長く生き残れる方法かなぁと個人的には思っていますm(_ _)m

 

やや小難しい内容になってしまったので、これを一言で分かりやすく最後にまとめると、

「久々に再会したカップルが、突然街中でブチュっとキスするトレンディドラマのような派手なビジネスだけを追い求めるな」

と言うことです。(あれ?一言でまとめてないし、全然伝わらない?(*ノ3-*))

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

今回記事を書きながらも、あの光景が衝撃的すぎて、僕は頭から今も離れません・・・(*´-`)(若いって特権だよね・・・)

 

 

ケント

 

 

TOPに戻る