ライティングに挑戦出来る人と出来ない人の違いは何か?

ライティングに挑戦出来る人と出来ない人の違いは何か?

それは、失敗に対する考え方が大きく違うということだと思います。

簡単に言うと、失敗する恐れが無くなれば、挑戦する事の楽しみしか残らないので、色んなことに挑戦出来るようになります。(まぁ、それがなかなか難しいのですが・・)

挑戦力を高める上で大事なことは、失敗をしないようにする事ではなく、失敗してもいいと思えるようになる、失敗を楽しめるようになるというような感覚を持つことだと思います。

記事作成においても、初心者ライターは、最初は失敗の連続かもしれません。

何度書いても自分で納得いくものが書けなかったり、時間をかけた割にはあまり稼ぐことができなかったりと自己嫌悪に陥ることもあると思います。

そして、挫折し、最終的には書くことを止めてしまう方も少なくありません。

僕は、今まで3ケタを超えるライターさんと仕事をご一緒してきました。

その中には素晴らしい才能の片鱗が感じられるものの、最初の現実と理想のギャップに落ち込み、そのままライターを辞められる方もいます。

きっと、最初からスムーズに事が運ぶと思い描いていたのかもしれません。

そのライターさんもマインドさえ備わっていれば、そこから奮起し、おそらく素晴らしいライターさんになれると思うのですが、そこが備わっていなかったために、残念ながら説得しても辞める道を選ばれたのだと思います。

ライターは、ライティングスキルももちろん重要かもしれませんが、むしろマインドの方が重要です。

そして断言しますが、失敗はムダではないと思います。

失敗するからこそ、次のステップにいけるのだと思います。

失敗から多くを学んで、失敗してもまた立ち上がれるという自信をつける事が大事です。

サラ・ブレイクリーという 10 億ドルもの資産家で、経験ゼロ、僅か元手 5000 ドルで補正下着の「スパンクス」というメーカーを作った女性がいます。

彼女は、挑戦した時は経験も元手もありませんでした。

ですが、そこから誰もが知る資産家になれたのです。

なぜなれたのか?

起業して成功したキッカケになったものがあります。それは彼女のお父さんです。

お父さんは彼女に「今日はどんな失敗をしたんだい?」と聞くんです。

彼女が失敗した事を話すと、その挑戦をした事を褒めてくれました。

自分の子どもに対して、失敗する事を恐れるのではなく、失敗した事を学んで人間は成⾧するということを教えるために、失敗した事よりも、むしろ挑戦した事を褒めるという事を続けていたそうです。

そうして、結果として娘さんの考え方、マインドを鍛えたという事です。

このような「根拠なき自信」というものを育てることがすごく大事だということを示した具体例だと思います。

ライティングに挑戦できる「根拠なき自信」メンタルの作り方

初心者ライターさんがライティングで失敗を恐れずに挑戦できるマインドの作り方をご紹介します。

それは

「これからの時代の流れを的確に理解する」

ということです。

不安を感じていると、本当は能力がある人でも不安に押し潰されて能力を発揮できない事がありますよね(汗)

いわゆる「心配性」って言われる人です。

ですが、ここで大事な視点は、これからの時代は今まで根拠あったものがどんどん無くなっていくということです。

どういう事かというと、過去の歴史からみても、世の中が便利になればなるほど人の価値感は多様化し、ますます先行き不透明な時代になるからです。

したがって、この先は、過去に誰かがやって、上手くいった事を後から同じ事をしても、確率は高くなるかもしれませんが、必ず上手くいくとは限りません。

なので、そんな心配性の人は、ますます増えていく根拠ないものに挑戦する時はやはり二の足を踏んでしまいます(汗)

ですが、心配性の人が不安を抱き迷っている間に、根拠のない自信を持っている人たちはどんどん挑戦していきます。

そうすると、心配性の人たちがある程度様子を確認した上で、いざやってみようとした時には、もう根拠のない自信を持った人たちがやってしまっています。

あの時、さっさとやってしまっていたらブルーオーシャンだったのに、迷った挙句、さぁ挑戦しようと思ったら、すでに競争は激化しており、レッドオーシャンになっているんです。

アーリーアダプター

ノベーター理論の用語。新たに現れた革新的商品やサービスなどを比較的早い段階で採用・受容する人々。イノベーター理論の五つの顧客層のうち、イノベーター(革新的採用者)の次に受容する人々。常識的な価値観をもつ一方、新しい価値観や様式にも敏感だとされる。早期採用者。初期採用者。初期少数採用者。

これは、マーケティングの世界では良くみる図なのですが、アーリーアダプター」とはイノベーター理論で使われる用語のことです。

新しいサービスや商品(ガジェット、デバイス)を比較的早期の段階で使う人のことを指します。

アーリーアダプター層は、他の潜在的なユーザー(アーリーマジョリティやレイトマジョリティ層)に大きな影響を与えるオピニオンリーダーとしての役割も果たしています。

この層に当てはまる人は、常識的な価値観を持ちながら新しい価値観を受け入れることができます。

流行に敏感で常に情報収集をしており、ビジョナリー(先見の明がある人)とも言われます。

そして、世の中がまだ注目していない段階なので、様々な恩恵を受けやすい人でもあります。

たとえば、比較的最近の分かりやすい例では仮想通貨ですよね。早くから注目したアーリーアダプター層は何人も億単位で稼ぎ「億り人」となりました。

ですが、アーリーマジョリティー以後の層は、「仮想通貨がどうやら儲かるみたいだ」と確認できた時点で参入します。

ただ、その時はすでに市場は飽和しており、まだ記憶にも新しいと思いますがハッキングによる「NEM(ネム)流出事件」などにより、その後、大暴落しました。あの時、全財産を失ってしまった方々もたくさんいると思います。

なので、「いかに早く行動を起こすか」が今後はますます重要になってくると思います。

ここで、コピーライティングはこれから先どんな時代になろうと、かならず役に立つスキルだと思います。

どんな先行き不透明で不安定な時代であろうとも、文字の価値は不変であり、いつの時代も誰かが綴った文章に心を揺さぶられ、行動を起こしているからです。

 

 

そして「モノ」「カネ」など有形なものから、「経験」「情報」など無形なものに価値が高まるこれからの時代では、なおさらコピーライティングは重要だと思います。

ですが、可能性は無限大ながら、コピーライティングは資格もなく、まだまだ世間では注目されていません。

これは逆にチャンスだと思います。

なぜなら、先行き不透明だからこそ、失敗を恐れずに根拠なき自信を持って、周辺が注目していない今からコピーライティングに挑戦し、スキルを磨いておくことに意味があるからです。

そして、読者様がやっている(あるいはやろうとしている)仕事は、自分の自由な隙間時間を最大限に利用して取り組める仕事です。

株や仮想通貨などの投資は、やはり資金力がないと稼ぐことは難しいですし、トレンドを常にチェックしないといけないので時間にも縛られます。

それに反して、この仕事は、自由な時間の中で、コストをかけずに取り組めるという恵まれた仕事です。

ちなみに、第一線で活躍しているコピーライターの報酬はびっくりするくらいの高額です。

たとえば、世界的に有名なダン・ケネディの経歴はこちらです。

 

ダン・ケネディ

戦略アドバイザー、マーケティング・コンサルタント、ビジネスコーチであり、6種のビジネス・ニュースレター編集も手がける。年間100万人以上の経営者、スモール・ビジネスオーナー、開業医、セールスのプロを指導し、成功に導く。彼らを数百万ドル規模の収益をあげるプロに育て上げた数々の実績を誇る、まさに億万長者メーカーである。 アメリカでもっとも報酬の高いダイレクト・レスポンスのコピーライターとして有名であり、その依頼料は数十万ドルから100万ドルプラス印税という巨額で ある。 依頼人の85%がリピーターまたは長期契約クライアント。ダン自身が億万長者であり、多岐にわたるビジネス経営を手がけ、年収は数百万ドルにのぼる。

なので、ライティングに興味を持った時点で正解ということにぜひフォーカスしてくださいね!

サラ・ブレイクリーのように失敗する事を恐れるのではなく、失敗した事を学んで成長していけばいいと思います。

根拠のある圧倒的自信というのも、最初は根拠のない自信から始まります。

行動を起こして、たくさんの事に挑戦して、その中の何か1つのことが成功した時に根拠のある自信になるわけです。

そのためにも挑戦をし続ける必要があります。

短期で1つのことに集中して挑戦して、ダメだったら次に行かないと駄目です。

記事作成も同じです。次で挽回すればいいのです。

1つの事が上手くいかなかったからといって、ダメだと凹んで止めてしまっては駄目です。

1つ失敗したら、そこから学べるものだけ学んで、次に挑戦しましょう(‘ω’)ノ

ライティングに挑戦し成功を体験した後も重要

仮に積極的に挑戦し、成功した場合でも注意することがあります。

1つ成功したからといって、そこに囚われてしまって、挑戦や工夫を辞めてしまうと、そこが落ち目になった時に次に行く勇気が出なくなってしまいます。

新しい事に挑戦し続ける事が大事なので挑戦することはぜひ止めないでくださいね。

では、どうやったら自信を持つ事が出来るのか?

そもそも「自信を持て!」と言われて自信を持てたら誰も苦労しませんよね(;´・ω・)(汗)

自信というと色んな定義があって誤解される方もいると思います。

そのうちの一つの定義に、「自分の未来や自分の人生など、自分の力で未来を変えることができる!」と信じる力のことを自信と言います。

これを『自己効力感』といいます。

自分だったらここまでできる、自分なら大丈夫だという自己効力感を持ってください。

では、この自己効力感を作るにはどうすればいいかというと、ひとりの時間を作ってしっかり考えるという事が大事と言われています。

自分が取り組んだことを振り返って、それが自分の人生にどれくらい効力があったのか、どれくらい作用したのかを確認していく作業が必要になります。

何が自分の人生を変えてくれていて、自分の人生に対してどう報われているのかという事を認識する必要があります。

そういった意味では、ライターはある意味自分との勝負なので孤独なのですが、時には孤独になることも重要かもしれません。

 

 

読者様は、ライターのお仕事に取り組み始めてどうですか?

 

いろんな発見や気付きがありましたか?

 

新しい視点や考え方が生まれましたか?

 

昨日よりもワクワクした毎日が送れていますか?

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

ケント

 

TOPに戻る