初心者の不安なライティングを楽しいライティングに変えるコツ

 

読者様も今までの人生において、「初めてのこと」、「慣れないこと」に対しては何かと不安な事が多かったですよね。

 

僕も母から頼まれた初めての「一人のお使い」なんて緊張しすぎて、

小銭を握りしめた小さな手の中が汗でベチョベチョになり、貨幣の匂いが手に染み付いた記憶があります。

 

「お金ってこういう匂いなんだ・・・」

 

と幼いながらに、その時初めて思ったことはよく覚えています。

 

なぜかあの時の僕は、大金を預かっていると思っていたようで、すれ違う大人達と目が合うと、やけに警戒した記憶もあります(笑)

 

きっといつものように優しい眼差しで見守るように僕を見てくれていたはずなのですが、

その時だけはまるで海賊のような鋭い眼つきでこっちを見ている錯覚に陥っていたのでしょうね。

 

今となっては、実は目と鼻の先のスーパーに牛乳を買いに行き、

手の中には百円玉2枚を握りしめていただけだったのですが。

 

でも、あの時の自分は、大冒険する主人公のような気持ちだったのです。

 

不安な気持ちも確かにあったと思うのですが、それ以上にワクワク感が大きく、

 

玄関の扉を勢いよく開け、外に一人で飛び出したのです。

 

 

大人だって初めての経験はやはり緊張しますよね?

 

おそらく、それは何歳になってもそうなのではないかと思います。

 

でも、そこで辞めておくか、あるいは挑戦してみるか、その選択は大きな差であり、

 

無邪気だったあの頃の僕らのように、不安ながらもワクワクしながら一歩飛び出す気持ちを忘れずに行動していけば、

 

将来において自分の成長も、得られる成果も全く違うものになっていくのだと思います。

 

ライティングの仕事も同じで、「やってみたいけれど、どこからスタートすればいいのだろう」と考えて、立ち止まる方はたくさん居ると思います。

 

もしかしたら、子供の頃の自分ならとっくに一歩進めていたのかも知れないのに、

いつの間にか現実的思考でなかなか進めなくなっている大人の自分に気づく読者様もおられるのでは。

 

そんな方はぜひ勇気を持って一歩進んで欲しいと思うのですが、やはり色々な不安を抱くと躊躇してしまいますよね(汗)

 

ですがその時に、「ライティングは楽しい」と思えることが出来れば、そのハードルもいくらか下がるのではと思います。

 

そこで今回は、不安なライティングを楽しいライティングに変えるコツを、僕なりに読者様へお伝えできればいいなと思い、筆をとりました。

 

初めてのお使いのように、不安ながらも、それ以上にワクワクした楽しい気持ちでライティングの世界に一歩踏み出せることをお祈りしています。( ´∀`)

 

それでは、いってみましょう・・・。

 

「ライティング」を楽しいものに変えるコツとは?

 

ネット社会とも言われている今、色々なことを調べることが出来ます。

 

例えば、「デートの時の服装」など、スマホやパソコンを使って検索すれば、たちまちたくさんの服のサンプルや参考になるアドバイスが出てきますよね。

 

その服のコーディネートのポイントはもちろん、行き先のデート場所に相応しい格好、あるいは相手の好きな服の傾向まで、細やかな提案をしてくれます。

 

ですが、実際は、そのほとんどの情報は、【ライター】という職業の方達が書いているんです。

 

決して、ファッションコーディネーターのような専門家が書いているのではなく(中にはありますが)、言ってしまえば素人が書いています。

 

では、なぜあんなにも上手に解説できているのでしょう?

 

それは・・・

 

 

慣れです。

 

 

 

ライターAさん「え?慣れですか?」

 

ケント「えぇ、ハッキリ言って、慣れですね(*´∀`*)」

 

ライターAさん「最初は小っ恥ずかしかったくせに、誰かから反応が来るとつい嬉しくなり、いつの間にかバシバシ投稿しているSNSの自撮りと一緒ですか?」

 

ケント「えぇ、そうなんです。小慣れてくると、次第に上目遣いや左よりイケてる右顔(根拠ない)を撮りだすでしょ?あれと同じです(*´∀`*) 本当にライティングは慣れなんです。」

 

ライターAさん「確かに・・・。慣れてくると、挙げ句の果てにビューティーモードで画像加工(反則ギリギリ)をしている自分もいます・・・。」

 

ケント「美白しすぎて、たまにマクドナルドのおじさんみたいになっているおばさんいますよね。ε-(´∀`; )」

 

ライターAさん「慣れは、度を越えると自撮りもライティングも独りよがりになりますね・・・気をつけます。」

 

・・・(笑)

 

これは僕とあるライターさんのいつかの会話かどうかはさておき、

 

僕みたいに書くことに慣れすぎると、このように脱線し、自由に書きすぎる時もあるので若干問題ありですが、

(でもこのくらい楽な気持ちで書く方が僕は楽しいです(´∀`))

 

ライティングは慣れれば、誰でも書けるようになります。

 

話を戻すと、

 

ファッションコーデ記事のように、別に専門家でもない自分が様々な情報を集めて、自分なりの視点を通して記事を書くこと。

 

それを【ライティング】といいます。

 

本職として、ライターをやっている方もいれば、仕事や主婦をしながら副業として、ライターをやっているという方もたくさんいます。

 

僕は今ではクライアントの立場として大勢のライターさんと仕事を一緒にさせて頂いていますが、かつては同じ一人の駆け出しライターでした。

 

本業でも副業でも、今ではどんな立場でライティングに取り組んでいようと、みんな最初はひよっこライターです。

 

僕も始めたばかりのころは、わからないこと、不安なことでいっぱいでしたね。

 

何を書けばいいのか、マニュアルを見てもさっぱりわからないことがほとんどで、何度もやめようと思ったこともあります。

 

しかし、「ここで諦めたら今までと何も変わらない!」と、必死でもがきながら手を動かし続けました。

 

それはそれは、辛く挫けそうになる毎日でした。(僕には全く才能がなかったのでなおさらでした。とほほ)

 

でも、ふとある日思ったんです。

 

「自分、楽しんで記事を書いていないな・・・」

 

そこから、僕は、どうやったら楽しんで書くことが出来るかを考えるようになりました。

 

すると、少しずつライティングを楽しくするコツが分かってきたんです。

 

考え込むなら、まずはやってみる

 

当時の僕は、むしろ考えすぎて、記事の構成が決まらずに記事が書けないことが多くありました。

 

その時、特に頭にあったことはこんなことでしたね。

 

「自分は何を書けばいいのかわからない」

 

「クライアントから修正が入ったらどうしよう」

 

「自分の言葉だと自信がない」

 

「情報を見つけても表現の仕方がわからない」

 

こんな感じです。

 

つまり、自分やクライアントばかり見ていたのです。

 

未熟な自分が質の高い記事がいきなり書けないのは当然のことであり、クライアントからのチェックや修正の指摘が入ることも当たり前です。

 

ですが、考えすぎることで、そんな心配事が次から次へと増えていき、手が止まっていたのです。

 

向き合うのは自分ではありません。

 

届ける相手もクライアントではありません。

 

それは誰かと言えば、紛れもなく記事を読んで下さる読者様です。

 

ですから、そこからはとことん読者様のことだけを考え、執筆するようにしました。

 

不格好でもいいから、とにかく「自分なり」の言葉を記事の中で表現し、伝えていく気持ちを大事にしました。

 

すると、「とりあえず書いて届けてみよう」と思える自分になっていったのです。

 

これまで仕事をご一緒してきた数多くのライターさんの記事を読みながら分かったことは、「自分の言葉で語っており、記事の向こう側の相手の姿が想像出来る記事」は間違いなく素晴らしいです。

 

難しい情報を分かり易く説明できている記事も確かに素晴らしいのですが、それらの記事よりもはるかに心に刺さり、脳内の記憶に残る記事が多いような気がします。

 

自分の経験や考えを、自分の言葉で伝えることは、初心者の方でもベテランの方でも、そんなに小難しいテクニックは必要ありませんよね?

 

日頃考えていることをそのまま伝えていけばいいのですから。

 

「ライティングテクニックを熟知してない自分はベテランには敵わない!」と思いがちですが、そんなことありません。

 

意外とテクニック盛り沢山の記事は、理路整然としていてスマートですが、まるで人間味を感じない最強のサイボーグみたいな記事も多いです。

 

おそらく読者様の中にも、共感してくれる人は多いと思いますが、教科書みたいな記事より、少しぐらい凸凹でも温かみが感じれる記事の方が読んでいて楽しい気持ちになりますよね( ´∀`)

 

記事の向こう側にいる人も同じです。

 

決して1PVではなく、一人の人間です。

 

それを忘れてはダメです。

 

なので、ぜひ不格好でも良いので人間っぽい体温が感じられる記事を書いてみてください。

 

実は、そっちの方が好きな読者様はたくさんいますから。

 

ありのままの自分で書いてみてください。

 

すると、いつの間にか「記事を書くことが楽しい」と感じる自分に気づくと思います。

 

自分と相手の距離を感じながら書いてみる

 

誰かの目を気にしながらライティングをすると、思うような記事を書くことが出来ません。

 

全くグーグルに評価されず誰にも読まれないモノになったらどうしよう・・・。

 

クライアントに納品し、評価が悪かったらどうしよう・・・。

 

ライバル記事よりも良い記事が書けるとはとても思えない・・・。

 

グーグルの目、クライアントの目、ライバルの目。

 

いろいろな視点が気になります。

 

ですが、それよりも「読み手の視点」だけを意識して書いてみてください。

 

読み手は、何をこの記事で求めているのか。

 

読み手に、どんな事を伝えれば感謝されるのか。

 

そもそも読み手の、悩みや不安は何なのか。

 

とことん読み手を想像し、

 

自分が探し得た情報を、

 

自分の経験や考えに基づくフィルターを通して、

 

ありのままの自分の言葉で書く。

 

そうすれば自然と分かり易く、読みやすい記事になっていくと思います。

 

巷のカッコいい記事を真似る必要はありません。

 

そんな記事よりも、自分の気持ちを乗せて書かれた記事の方がはるかに相手の心に届きます。

 

記事の向こう側にいる読み手の目を想像し、文字を通して対面しながら会話を楽しむかのように綴ればいいです。

 

ところで読者様、記事を書く目的は何でしょうか?

 

一人でも多くの人に読んでもらう事でしょうか?

 

少しでもグーグル検索上位に表示される事でしょうか?

 

確かにそれも大切な事かもしれませんが、それを目的として記事を書いているとするなら、それは順番が間違っています。

 

記事の目的は、読み手に自分を信用してもらう事です。

 

記事を通して、

 

この人の言っている事なんか好きだな・・・

 

何気ない一言なのに、なぜかこの人が言うと心に残るな・・・

 

この人の言う冗談ってしょうもないんだけど、なんか憎めないな・・・

 

有益な情報を届けながら、読み手に自分をそう思ってもらえる事こそが、記事の目的です。

 

とにかく、自分と相手との距離が1ミリでも近づけるようにと思いながら記事を書いてみてください。

 

きっと、周りの目は気にならなくなり、相手の目を見ながら感情的な言葉で語れるようになりますから。

 

「記事を書くことが楽しい」と思ってほしい。けどね・・・

 

ライターは、マインドが不安定になると、たちまち以下のような感情が自分に押し寄せてきます。

 

・漠然と不安になる

・人の目が気になる

・自分の考えや表現に自信がなくなる

 

冒頭にも言いましたが、『誰でも不安でいっぱい』です。

 

それは自分の中でいつになっても消え失せずに、常に向き合い続けないといけないかもしれません。

 

しかし、考えを変えて『まずはやってみよう』と思えることが出来れば、視野が広がり、ライティングに前向きに取り組めると思います。

 

そして、そのためには自分の言葉で読み手に伝えていくことが大切であり、

 

そうしていけば、少しずつ『書くことが楽しい』という感情が芽生え、マインドも整ってくるのではないでしょうか。

 

「自分の中で、どれだけライティングを楽しむことができるか。」

 

これは、ライターにとって永遠の課題だと僕は思います。

 

やはり、ライターは孤独であり、常に逃げたくなる自分との闘いです。

 

 

なので、確かに言うのは簡単ですが、『楽しい』に考えを変えるのは、なかなか難しいことかもしれません。

 

書くことによってクリアできる壁ではあるのですが、やはり1記事1記事作成するのは多くの時間を費やすことが必要なので、そんなにすぐには状況は好転しないでしょう。

 

ある程度時間を書けて、乗り越えていかなければならない必要性はどうしても出てきます。

 

また、正の面ばかりを紹介するのはナンセンスであり、全てが理想的に事が運ぶと思うことはある意味欺瞞です。(それでは世の中の全てがお花畑になってしまいます・・・)

 

確かに、苦しみながら書き続けているライターさんも、それはそれはたくさんいます。

 

そして、途中でペンを置くことを選択するライターさんも少なくありません。

 

その選択は、自分の中で「挫折」という認識が根付く以上、最善な選択ではないかもしれませんが、この傾向を全否定することもまた穏やかではありません。

 

日常生活における現実問題もそうだと思いますが、ただ、楽しいだけではなく、必死に歯を食いしばりながらも、それでも書き続けているライターさんも僕は素晴らしいと思います。

 

ですが、どんなマインドのライターさんでも書いているうちに少しずつ気持ちに変化が出てくるはずです。

 

『あ、意外と書けるかも』『もっとこうした方がいいな』『自分ならこうすればわかりやすいかな』と、自然と楽しくライティングできるようになっていくこともあります。

 

ですが、それは続けてこそ起こり得る心の変化です。

 

今、ライティングを始めたばかりで不安の読者様、

 

上手くいかないと思っている読者様、

 

そして、

 

一歩踏み出すかどうか迷っている読者様、

 

今回お伝えした事を少し考えつつ、ライティングに取り組んでみてくださいね。

 

もしかしたら、あの頃の読者様のように、まだ見ぬワクワクする世界に行けるかもしれません。

 

夢を叶える秘訣は、

4つの「C」に集約される。

 

それは、

「Curiosity 好奇心」

「Confidence 自信」

「Courage 勇気」

そして

「Constancy 継続」

である。

ウォルト・ディズニー

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ケント

 

TOPに戻る