アフェリエイトで必須のコピーライティング「FAB」って意味ある?

 

「じゃあ、この目の前の料理を今から食レポしてみてください」

 

っていきなり言われたら、読者様ならどうしますか?

 

「ナイフで上からぐーっと押すたびに、ピンク色の断面から肉汁がジュワァ~と溢れ出てきて止まりませんねぇ!」

 

おそらくこんなことを言うんじゃないんでしょうか。

 

僕も同じ状況なら、「少しでも魅力的に伝えよう」と相手に向けて感情的に訴えかけると思いますし、間違っても「この肉は神戸牛ですねぇ」とか、「焼き加減はなんとミディアムです!」とかは言わないと思います。

 

なぜなら「食レポ」だから。

 

たとえば、グルメ番組のおおまかな流れはこんな感じだと思います。

 

テレビ中継に登場したグルメレポーターに料理が出されると・・・

 

まずは外見をくまなく堪能します。その後は、ゆっくりと口の中に入れ丁寧に味わった後に、すこし間をとってから・・・

 

 

「うわっ 何これ!美味いっっ!」

 

 

そんな「体験価値」を言葉に乗せて視聴者にお伝えするはずです。

 

一通り感想を述べたその後は、料理を作ったシェフが登場します。

 

そこからは、特別に取り寄せた食材や難度の高い料理方法、あるいはすぐ売り切れるほどの人気っぷりなどを紹介します。

 

「そろそろ時間いっぱいよね」と思ったレポーターは、シェフの話をそこそこに切り上げ

 

「スタジオにお返ししま~す♪」

 

と言います。

 

すると場面が切り替わり、番組司会者が登場し、

 

「いやぁ~、美味しそうでしたねっ♪私も思わず食べに行きたくなっちゃいましたぁ!」

 

とお決まりの台詞。

 

そこから再び、この料理が食べられるお店の情報や、場合によっては「期間限定のキャンペーン情報」の紹介などをしつつ、最後にテレビ画面に再び、ジュゥーっという音とともに美味しそうな肉の断面映像とお店情報のテロップが流れます。

期間限定キャンペーンを今から開始!【電話予約者優先】

連絡先はこちらから♪

TEL 〇〇〇ー〇〇〇ー〇〇〇

お肉に目がない視聴者なら気付けば、電話で予約をしているかもしれませんよね(笑)

 

この画面に映っているお肉を幸せそうにムシャムシャと食べている自分の姿を想像しながら・・・。

 

このグルメ番組の流れをおさらいすると以下になります。

 

①グルメレポーター : 感情たっぷりに体験価値を視聴者にお届け

②シェフ : 料理のこだわりや魅力を視聴者にお届け

③司会者 : お店の特徴を視聴者にお届け

 

それぞれ役割分担があり、順序よく段階に分けて視聴者の興味を惹きつけているんです。

 

すごくきれいな流れだと思います。

 

この流れは、ライティングにおいても参考になると僕は思います。

 

それを体系的に説明しているテクニックを今回ご紹介しますね。

 

それでは、いってみましょう~(*´▽`*)

 

アフェリエイトで必須のコピーライティング「FAB」って意味ある?

 

今回読者様にお伝えしたいのは「FABテクニック」です。

 

「FAB」とは次の頭文字のことです。

FAB

F:Feature(特徴)

A:Advantage(利点)

B:Benefit(利益)

実際は、B⇒A⇒Fの順で展開すると良いと言われていて、商品を紹介するならとても重要な考え方だと思います。(食レポと同じ流れをイメージするといいです)

 

なぜB⇒A⇒Fが良いのかっていうと、人は商品を買うのではなくストーリーを買うからです。

 

ここで言うストーリーとは、買うことによって自分の悩みが解決できたり、体験することによって自分の欲求が満たされる理想の未来です。

 

この部分を全面に押し出している記事パーツをコピーライティングでは「Benefit(利益)」と言います。

 

だから、記事の中ではこの「Benefit(利益)」が最も大事と言われていますし、「Benefit(利益)」を記事の最初に書くと「感情的価値」の高い記事になるので、読み手の興味を惹きつけることができます。

 

これからも重要な「感情的価値」の考え方についてはこちらでも紹介しています。

 

読み手に「もしかしたら自分もこうなれるかもしれない・・・」と思わせ、潜在的な欲求(快楽の追求あるいは悩みからの逃避)に働きかけるスキルです。

 

商品を売りたいなら「特徴」ではなく「利益」を想像させることがとても重要なんです。

 

ただ、これだけではよく分からないと思います(汗)

 

そこで、冒頭で肉を例に出したので(本当に例は何でもいいのですが)、肉の紹介記事を書く場合の「FAB」をご紹介したいと思います。

 

F:Feature(特徴)

例えば神戸肉の「Feature(特徴)」なら・・・

Feature(特徴)
  • 神戸牛
  • A5ランク
  • サーロイン
  • レア

などなど、単純に種類や部位、グレード、食べ方などを特徴に設定します。

Advantage(利点)

次に、この神戸牛の特徴に対する利点(Advantage)を考えます。

先ほど例で挙げた特徴の利点は、

Advantage(利点)
  • 神戸牛 ⇒ 神戸牛のサシは他の和牛と比べ、人肌で溶けるほど融点が低く、あっさりとして胃もたれしにくい
  • A5ランク ⇒ 肉質の等級、枝肉の歩留まり等級(食べられる部分がどれだけ多いか)がともに最上級
  • サーロイン ⇒ 味・香り・食感の良さからサー(ナイト爵)の称号を与えられた腰肉
  • レア ⇒ 中身の見た目が赤かったとしても中まで「火が入っている状態」

などなど、神戸牛の「希少性」、「品質の高さ」、「人気っぷり」、「通好み」など興味をそそる内容を伝えていきます。

 

    これだけでも、神戸牛に対する具体的な利点を伝えると肉好きなら買ってくれるかもしれませんね。

     

    しかし、更に「読み手のメリット」を伝えてあげることで更に購買意欲を高めることできます。

    Benefit(利益)

    Benefit(利益)
    • 神戸牛 ⇒ 神戸牛のサシは他の和牛と比べ、人肌で溶けるほど融点が低く、あっさりとして胃もたれしにくい ⇒ 胃もたれしにくので最後まで楽しく食べれる
    • A5ランク ⇒ 肉質の等級、枝肉の歩留まり等級(食べられる部分がどれだけ多いか)がともに最上級 ⇒ 高級肉なのでラグジュアリーな時間を過ごせる
    • サーロイン ⇒ 味・香り・食感の良さからサー(ナイト爵)の称号を与えられた腰肉 ⇒ 普段は味わえない肉本来の旨味を堪能できる
    • レア ⇒ 中身の見た目が赤かったとしても中まで「火が入っている状態」⇒ 肉通の間では人気のある焼き方

    などなど、神戸牛を食べることによって得られる「特別感」を感じさせる内容を伝えていきます。

     

    で、実際の記事では、冒頭でもお伝えしたように、B→A→Fの順番で、上記の内容を食レポのようにお伝えしていけば魅力的な記事が書けます。

     

    ここでの大事な視点は、べつにゴリ押ししなくてもいいので、神戸牛が気になっている読み手の背中をポンっと押してあげることです(*´ω`)

     

    「神戸牛を食べたらこんな良い体験ができますよ♪」と教えてあげるのです(あまりゴリ押しすぎると、くどくて読み手が胸やけします(笑))

     

    今回は、肉を例に出して紹介しましたが、むしろ食べ物は割と書きにくい題材だと思います。

     

    例えば電化製品やスマホ、車など「機能」の特徴がより前面に押し出せる題材だともっと簡単に書けるはずです。

     

    試しに「FABテクニック」でグーグルで検索してみてください。

     

    ほとんどが電化製品などで紹介しているはずです(なぜなら記事作成者も書きやすいからねっ!・・・でも似ている記事ばっかりって読んでいて面白くないよねっ!(*´ω`)あ、本音をついポロリ)

     

    この型をマスターできれば、あとは横展開で「FABテクニック」を使った類似記事を量産していくことも可能ですよ。

     

    でも・・・

     

    僕ならこれだけでは終わりません。(ってか終わりたくないです。なぜなら書いていて楽しくないから)

     

    たとえば、これにさらにこんなことを加えると思いますm(__)m

     

    たとえば、これまでまとめてきた上記のBとAとFの情報をそっくりそのまま記事の中に入れつつ、「体験」として記事を展開・構成していきます。

     

    ちなみに、逆境からの成功といったような流れにすると物語性が出るのでおススメです。

    (このストーリーは「神話の法則」と言われており、人間が共感してしまう王道の流れです。たとえば、ディズニー映画や月9ドラマもこの流れが多いです。映画やドラマはもっとどん底の状態から奇跡の復活を描きますが。だからあんなにも人々を虜にするんだと思います)

     

    たとえば、こんな風に書くと記事を読んでくれるでしょう(*´ω`)

     

    Story(体験)

    Story(体験)

     

    先日、ついに私にも彼女が出来ました!

    ずっと前から「この子感じいいな♪」と想いを寄せていた女性です。

    ですが、やはりライバルも多く、自分なんて・・・と思いながらずっと何も行動できずにいたんです。

    でも、やっぱり諦めきれませんでした。

    そんなある日、「もう断られてもいいから自分のこの気持ちを伝えたい!!」と思ったんです。

    そこで元々私は肉が好きだったので、最近、雑誌でも取り上げられているほど人気の神戸牛ステーキ店「トツゼンステーキ」に私は勇気を出して彼女をデートに誘ってみました。

    すると意外にも、彼女も肉好きということが分かり、「行ってみたいです♪」と言ってくれたんです!

    そしてデート当日。店の近くの時計台で合流し、二人でその店に歩いて行きました。

    その店はとてもインテリアにもこだわっていて、食通も唸る希少なA5ランク神戸牛の高級感と相まって、二人でラグジュアリーな非日常的な時間を過ごすことができました。

    神戸牛のサシは他の和牛と比べ、人肌で溶けるほど融点が低いので口の中でトロけるほど柔らかく、極上の肉本来の旨味が口いっぱいに広がるのに、なぜか後口はとてもあっさりとして食べやすかったです。こんなに美味しいステーキは初めてでした。

    「お互い肉の脂で気持ち悪くなったりしたらデートも台無しだな・・・」と思って少し心配していたのですが、そんなことも全くなく、終始お互い楽しく会話をしながら食事を楽しむことが出来ました♪

    その会話の中で、サーロインは、味・香り・食感の良さからサー(ナイト爵)の称号を与えられたことや、肉は焼き加減によって食べる楽しみ方も変わること、そして自分が元々好きな「レア」や、最近ハマっている「ブルー(レアよりもさらにレアな焼き加減でコアな肉マニアの間で注目されている食べ方)」の知識も紹介すると、彼女はすごく興味深々で、私の話にずっと「うんうん」と頷いてくれました。

    なんだか彼女とすごく良い雰囲気で時間を共に過ごせたので、とても嬉しくなりました。

    おなかがいっぱいで満足感に浸りながら、店を出た私たちは・・・ホニャララ

    (中略)

    ホニャララ・・・今もたまに二人であの店に行きますが、まさかあのデートがきっかけで付き合うことになるなんて当時の私は想像できませんでした。

    彼女が言うには、意外と肉好きな女性は多いみたいですね。

    女性は行きたくてもなかなか行く機会がないのだとか。なので、誰かからお誘いが来るととても嬉しいそうですよ♪

    ずっと気になっている女性がいる男性の皆さん!

    あるいは、最近夫婦仲がマンネリ化しているなと思った旦那様!

    人気の神戸牛ステーキ店「トツゼンステーキ」に行けば、突然二人の炎が燃え上がるかもしれませんよ♪(ここはぜひ肉食系男子でいきましょう♪( `ー´)ノ)

    ただし、燃え上がりすぎてベリーウェルダンみたいに焼け過ぎに注意してくださいね!

    ではでは、最後まで読んで下さりありがとうございました。

     

    トツゼンステーキの予約はこちらをクリック!

    今なら20%OFFキャンペーン中

     

    (すいません。完全に最後は悪ふざけしました・・・(;´・ω・))

     

    まとめ

     

    今回は「FABテクニック」を紹介しました。

     

    「FAB」とは次の頭文字のことです。もう一度おさらいすると、

     

    FAB

    F:Feature(特徴)

    A:Advantage(利点)

    B:Benefit(利益)

     

    実際は、B→A→Fの順番で記事は展開します。

     

    特に、アフェリエイトするならとても重要な考え方だと思います。

     

    ですが、

     

    なんだかこれって、めちゃくちゃコピーライティングの記事テクニックを小難しく説明しているなぁと思うのは僕だけでしょうか?(汗)

    (そして理解力がない僕は巷の丁寧に説明してくれている記事を読んでもよーわからんです(T_T))

     

    「肉が気になっている読み手に何らかの肉関連商品を紹介し、購入してもらうためには「FABテクニック」を駆使しなければならないのであ~る。」

     

    と思うより、

     

    もっとシンプルに

     

     

    「くぅー、肉が食いてぇ~なぁ。」

     

    と相手に「食べたい!」と思わせたら勝ちの「食レポ」のように全力で臨場感たっぷりに紹介すれば良いだけなのに・・・。

     

    難しく考えすぎて、逆に書き手の想いが伝わってこない記事もけっこうあります(汗)

     

    シンプルに自分の感情を文字に乗せると、意外とかんたんに相手の心に刺さる記事が書けます。(シンプルは最強です)

     

    なので、読者様は、どうか難しく考えずに「読み手が何を今欲しているか」を想像しながらライティングに取り組んでみてくださいね♪

     

    そのためには、自分がまず楽しんで書かないとつまらん記事が出来てしまいます(;´・ω・)

     

    記事を楽しんで書けるようなライターさんを目指していきましょう!

     

    今回も気付けばおよそ5000文字になってしまいました(汗)

     

    本当は読者様に、まだまだお伝えしたい必須のテクニックはあるのですが、今日はここまでにしておきます。

     

    これからもどんどんお伝えしますね!

     

    ではでは、最後まで読んで下さり本当にありがとうございました。

     

     

    過去に超A級美女とのデートでカッコつけてステーキの焼き加減を「ブルー」で注文し、案の定おなかを下したケントより(*´Д`)

     

    TOPに戻る