甲子園の裏方ヒーローは「個のスキル」が大事であることを教えてくれた

 

「松山商業 奇跡のバックホーム」

 

1996年の第78回全国高校野球選手権大会「決勝」

 

名門古豪対決、愛媛県代表の「松山商業高校」と熊本県代表の「熊本工業高校」の試合

 

3-2で松山商リードで迎えた9回裏、熊本工の最後の攻撃。

 

4番西本と5番代打松村の2人があっけなく三振に倒れ、松山商優勝の雰囲気。試合終了まであとひとり・・

 

そこからいきなりドラマは始まる。

 

6番1年生の沢村が初球をフルスイング。

 

「いい当たり・・入ったー入ったー 同点ホームラン!!!」

 

なんと起死回生の土壇場での同点ホームラン。松山商の2年生右腕・新田はマウンド上で膝をつき崩れ落ちる。

 

延長へ突入し、今度は勢いに乗る熊本工が10回裏、先頭打者が左中間へ二塁打。

 

ここで松山商業は、新田投手とライトの背番号1のエース渡部を入れ替える。

 

熊本工は次の打者がすかさずしっかりとバントで三塁に送り1死三塁に。

 

ここで、松山商業は決断し勝負に出る。満塁策を取ったのだ。

 

一死満塁で四死球でもサヨナラ。

 

絶体絶命の松山商業。

 

ここでなんと、さらに松山商業は動く。

 

「ライトに矢野」と沢田監督はライトの方向へ指をさし、主審に告げたのだ。

 

ちなみに、この時の矢野はまったくキャッチャボールもしていない状態。

 

しかも、日頃の練習では強肩であるものの暴投ばかりでチームメイトからは「お前がバックホーム決めないから練習が終わらない」と突っ込まれていたほど。

 

初球はインコース低めの落ちる球。打者の右肩は開き気味であったが、うまくヘッドを残しすくい上げ、打球は矢野の待つライト方向へ。

 

白球が空高く舞う。

 

甲子園の会場の誰もが、「あー、終わった」と思う。

 

矢野のグラブに吸い込まれた瞬間、3塁ランナーがタッチアップ。

 

「全国優勝」という栄光めがけて、約27.4m先のホームへまっしぐら。

 

そして・・・

 

そのあとの光景はYouTubeの通り。

 

この決勝戦の結末は、このあと松山商業が6-3で勝利。5回目の全国制覇を果たしたのでした。

 

 

今年も約3週間に渡り高校球児達の熱戦の数々が阪神甲子園球場にて繰り広げられています。

 

また「奇跡のバックホーム」みたいな伝説のプレーが生まれるのでしょうか?

 

数年に一度は信じられないストーリーが誕生しますよね!

 

一発勝負の中で生まれるストーリーだからこそ、こんなにも多くの人が感動し、「高校野球」に魅了されるのだと思います。

 

残念ながらベンチ入りが出来なかった選手たち、

 

応援団やチアリーダーはじめスタンドで応援する学校生徒、

 

テレビ越しに中継を見守る家族、OB、地元の支援者。

 

そして、何万人ものスタンドの大観衆。

 

それら多くの人達の願いや想いがグランド上で闘う9人の選手たちに込められ、その一挙手一投足に注目します。

 

甲子園の主役は紛れもなくグランドで闘っている選手達だと思います。

 

甲子園最多出場を誇る「最強のチーム」をぜひ紹介したい

 

いやぁ~、この景色をみると、THE 熱闘甲子園!って感じですよね♪

 

僕も高校野球は好きで、自分の気になるチームは毎回チェックしています。

 

でも、読者様ちょっと写真を見てください。

 

どうせ熱闘甲子園の写真を載せるのなら、たとえばマウンドで抱き合う球児達を載せたほうが映えますよね?(笑)

 

実は、今回はこの写真に写っている圧倒的に最多出場を誇る「最強のチーム」を読者様にお伝えしたかったのです(*´ω`)

 

僕が今回お伝えしたい主役は、高校球児でもなく、強豪校でもないです。

 

ましてや、綺麗すぎる♪とウワサの「熱闘甲子園」のキャスターを務める”ヒロド歩美”アナでもありません(笑)

(ノД`)・゜・。めっちゃかわえぇー。

 

私が今回お伝えしたいのはズバリ

 

「阪神園芸」

 

緑地調査、企画、施工、維持管理、運営管理と公園や住宅地、商業施設など町の緑を作り出している、いわゆる造園会社です。

 

すでに知っておられる読者様もたくさんいると思いますが、この「阪神園芸」は甲子園グランドの日頃のメンテナンスや試合後の整備を行っていて、プロ野球の試合だけでなく、もちろん高校野球の試合においてもいかんなくその実力を発揮しています。

 

「阪神園芸」?

ってか、甲子園球場と緑化がなんで関係あんの?(;´・ω・)

 

と不思議に思われるかもしれませんね。

 

しかし、甲子園の土や芝はかなり高品質なことでも有名なんです。(それは高校球児達がこぞって甲子園のバッターボックスの土がフカフカだった!と述べているほど)

 

内野の黒土は水はけと水持ちにこだわり、外野の芝生も見た目の均一性とクッション性にこだわってて、

造園で培った職人技で選手達のプレーを支えているのです。

 

次の試合で、ある意味人生をかけた大勝負を待つ高校球児のために、

猛暑の日の土の乾き具合、あるいは雨天時の土の湿り具合など的確に判断し、その時に相応しい最高の状態に仕上げていくのです。

 

阪神園芸の試合合間の作業は本当にプロフェッショナルです。

 

グランド整備は1試合が終わると、若干11名の精鋭達が無駄のない動きで一気にグランドを修復します。

 

ある人は、ピッチャーマウンドのトンボ掛け、ある人はトラクターに乗りこみ内野グランドの表面を均一に馴らします。

 

完全に無駄のない理想的な分業です。

 

超スピーディーな動きで、たちまちグランド全体を最高の状態に仕上げていきます。

 

阪神タイガースの選手達が引退セレモニーのあいさつでその素晴らしさを賞賛しているほどに、彼らのグランドで繰り広げられえる仕事っぷりは野球関係者や野球ファンも感動に至ります。

 

ちなみに僕は元高校球児でもあるので、グランドを整備する阪神園芸のクオリティーの凄さはめちゃくちゃ分かるのです!(今回ばっかりは野球経験者でないと伝わらない記事なのかもしれませんね・・・(;´・ω・))

 

でも、でもですよ?

 

この動画を見ればその凄さを分かっていただけると思います!

 

それは、2017年夏の高校野球大会。

 

土砂降りの雨が甲子園球場を襲いました。

 

「今日はさすがに無理か・・・」

 

雨が止んでも大きな水たまりが多数あり、とてもプレーが出来るグラウンド状態ではないと観客の誰もが思っていたとき、

 

颯爽と阪神園芸の方達がグラウンドに現れ、たちまち試合が出来る状態にまで復活させたのです。

 

 

スタンドは拍手喝采。

 

彼らのプロフェッショナルな仕事っぷりにみんな心が動かされたのです。

 

はっきり言ってめちゃくちゃカッコいいですよね♪

 

 

 

「造園 × グラウンド整備」

 

 

このあり得ない全く異業種と思える2つの業を1つの会社が手がけているのです。

 

しかも、その技術は超一流。

 

このような1つにとらわれず、まったく違った業種を展開できる事業形態(かけ合わせスキル)が、これからの時代で生き残っていく術だと彼らをみて僕は思ったのです。(だから読者様に紹介したかったんです!(*’ω’*))

 

この11名は甲子園がある限り、もうずっと安泰でしょうね。

 

働き方改革などでますます注目を集めている「副業」

 

「副業」

 

今は「プチ稼ぎ出来ればいいかな」「1つに絞るのは将来不安だから他にも何かしておこうかな」くらいの軽い気持ちで、あくまで本業のサブ的なものと捉えられています。(もちろん、本業に超える成果を上げている人もたくさんいますが(汗))

 

しかし、これからの未来はもはや「副業」の概念も廃れていくでしょうね。

 

これからの時代は「副業」ではなく、阪神園芸のような「複業(マルチタスク)」時代が訪れようとしています。

複業(マルチタスク)で活躍している人は実はたくさんいる

 

有名人でも畑違いの分野で成功を収めている人はたくさんいますよね。

 

たとえば・・・

①芸人 × 作家

お笑い芸人である又吉直樹さんが小説「火花」が第153回芥川賞を受賞したのは記憶に新しいと思います。

相方からももはや「先生」呼ばわりです(笑)

そういえば、相方はニューヨークでビッグになっているのでしょうか・・。

 

②芸人 × 経営者

お笑い芸人であるたむらけんじさんがオーナーを務める炭火焼肉たむら。お店は大繁盛しています。

つい先日は仮想通貨で納税額が数千万いったとかいかないとかニュースになりましたね。

そういった意味では、すごく先見の明がある方なのでしょうね。

 

③タレント × 予備校講師

いつやるか? 今でしょ!」が話題となり、2013年度新語・流行語大賞年間大賞を受賞するなど予備校講師としては異例の著名人となりました。

予備校講師としての説明能力を活かす形で、情報番組やバラエティ番組において引っ張りだこの先生です。

東京大学入学時は100kgを超える巨漢でしたが、コンパで好みの女性が「あんなデブと付きあうわけない」と陰口を叩く瞬間を聞いてしまい、死ぬ気でダイエットを始め半年で体重を70kgに落としたという切ない過去も。

 

④女優 × フィギュアスケーター

天才子役としてドラマやCMで活躍した本田望結ちゃん。お姉さんはすでに世界トップクラスのスケーターです。

彼女は、すでに子役女優としても成功していると思うのですが、フィギュアスケートにも本格的に取り組む姿にはびっくりした方も多いのではないでしょうか。

アスリートから芸能人の流れは多いのですが、逆のパターンはなかなかないですよね。

 

⑤実業家 × コンサルタント × 作家 × コメンテーター × ロケット開発者 × マンガ事業 × 映画プロデューサー × ・・・

ホリエモンさん。もはや説明不要です。

「わらじ」が2足どころかいくつあっても足りません(笑)

 

この方たちは、たとえ片方がダメになっても「稼ぎの柱」が他にもあるので、精神的な安定は一本でやっている方たちとまるで違うと思います。

 

「これがたとえダメになっても、こっちがあるからいいや。こっちがあるなら、次はあの展開にも持っていけるしね」

 

多方面でビジネスを同時展開することで、あらゆる知識や経験値もすでにインプットされているはずなので、「ゲシュタルト形成」がしやすい思考になっているはずです。

▶ 超重要!「ゲシュタルト形成」で抽象度思考をさらに高める方法

 

一つのビジネスが成功すると資金力ももちろんありますし、「ゲシュタルト形成」も相まって、新しいビジネスも展開しやすくなります。

 

すると「稼ぎの柱」がさらに増えていきます。

 

こういうフェーズになればますます好循環になっていきます。

 

特に芸能界なんていつ干されるか分からない世界なので、たむけんさんは稼ぎ方としてはめちゃくちゃ賢い選択をしていると思います(*´ω`)

芸人の稼ぎ → 資金を焼肉屋に投資し、別の「稼ぎ柱」を構築 → さらに資金を、仮想通貨に投資し利確 → 次の展開へ

 

きっと精神的な安定が、本業においても好影響をもたらしていると思います。(まぁ、芸達者になるかどうかは分かりませんが(笑))

 

ただこう言うと「この人達は特別でしょ!?自分とは違う!」と思われる読者様もいるかもしれませんが、全然そんなことはないです。

 

今はクラウドソーシングを利用すれば、誰でも簡単に仕事を受発注できる時代です。

 

YouTubeやインスタなどSNSを使えば、不特定多数に情報発信できるプラットフォームもありますよね。(しかも無料で!)

 

たとえば、読者様の体験談が欲しい人は世の中に絶対にいるはずなので、その情報を欲しい人にアプローチできればお金に換えることも十分可能です。

 

実は、自分の中では当たり前で陳腐な世界が、他人にとっては非日常的で価値あると感じるものは意外とあります。(気付いてないだけかもしれません)

 

そして、これまでは情報発信するにしても、たとえばチラシ広告を配布したりと、その影響範囲はせいぜい生活圏内と限られていました。

 

これでは労力も時間もお金も要りますよね(汗)

 

だから、今までは簡単には出来ませんでしたし、「よし!失敗しても良いからやってみよう」と思う人もいなかったんです。

 

 

ですが、インターネットの世界により、情報発信の労力も時間もお金も、今までの概念が破壊されたんです。

 

24時間365日、その情報が欲しい人に労力もお金もかけずアプローチできる仕組みが作れるようになったんです。

 

そう考えると、その影響範囲は無限ですよね。

 

となると、上記の有名人達は元々影響力が強い人なのでリアルビジネスの掛け合わせで展開出来ていますが、我々一般人は、何もリアルで展開しなくてもいい訳です。

 

つまり、「本業(リアルビジネス)×副業(ネットビジネス)」で十分。

 

ネットの力を上手に駆使すれば、本業の収入なんて軽く超えますから(*´ω`)

 

しかも、仮に運よく成功しても仮想空間の中でビジネスを拡大展開していけるので、固定費がほとんどかからないという脅威のビジネスモデル。

 

失敗や挫折したって何度でも挑戦できるという敷居の低さ。

 

だとしたら、これはもう挑戦しないほうが〇〇なのでは・・・とさえ思ってしまいますよね(汗)

 

この話を聞けば、自分も十分掛け合わせスキルを身につけ、「稼ぎの柱」を作ることは可能って思えませんか?(^^)

 

これからは、「掛け合わせスキルをどう自分の中で構築することができるか」がとても重要になってくると思います。

 

あらゆる企業にも副業容認の波がやってくる

一般企業の中には、副業を認める企業も出てきています。

 

これは優秀な人材が他社へ流出することを防ぐためだと思われますが、ソフトバンク、ロート製薬、日産、富士通、花王などの一部の大企業でもすでに容認しています。

 

先日はついにボランティア活動に限り、神戸市役所(公務員)も副業を認めるとの報道がありましたね。

 

「終身雇用の維持がもはや厳しい」と経団連会長もすでに公言していることもあり、今後はこの波はどんどん広がっていく可能性は高いです。

 

世界でも類をみない人口減少社会に日本はこれから突入するため、今の事業規模はどの会社も保持できず、縮小化していくはずです。

 

すると、雇用も今の規模では抱えきれなくなり、リストラや給与削減などに経営側は乗り出すはずです。

(今、経営者らは教育(刷り込み)の段階で・・・いや、これ以上言うのはやはりやめておきますね)

 

 

そうなると個人は、退職まで一つの会社でお世話になる時代はやがて終わり、縦割り雇用ではなく、次第に異業種をまたに掛けるような雇用形態の時代がやってきます。

 

だとすれば、いずれこれからの時代は「副業」ではなく、「複業」になるはず。

 

そう考えると、やっぱり今のうちから色々な「個のスキル」を身につけておいたほうが有利になると思います。

 

会社に身を捧げてきたのにも関わらず、時代の波に飲まれ40代で突然リストラ。

 

その時自分には何もスキルがなく、他の「稼ぎの柱」をまったく持っていない・・・。

 

「あぁ~、てっきり最後までこの会社が雇ってくれると思っていたのに!」

 

でも、終身雇用って誰も約束した訳ではないんです(汗)

 

これって改めて考えると、想像しただけでゾッとしますよね・・・(;´・ω・)

 

 

「阪神園芸」=「造園 × グラウンド整備」

 

全く違うジャンルの掛け合わせスキルを持つ阪神園芸の職員らは「レアカード」であり、実は最先端の働きかたを実践している集団なのかもしれません。

 

こんなにもレアな業務形態はあまりないと思います(笑)

 

ゆえに、唯一無二の存在であり、いつまでも自分の仕事場を確保できます。

 

しかも多くのプロ野球選手や甲子園ファンの間でも信用され、リスペクトされています。

 

だから、これからの時代においても生き残れると思います。

 

この記事を読んで頂いている読者様はライティングに興味がある方だと思います。

 

もし、今本業があるのでしたら、

 

「個のスキル」=「本業 × ライティング × ・・・」

 

の掛け合わせスキルを作っておくことは、これから先の時代において損はないと思います(*´ω`)

 

今回は甲子園の裏方ヒーローの存在をお伝えさせていただきました。

 

 

 

さて、今年も甲子園はどんなドラマが待っているのでしょうか。

 

球児たちが刻む球史に新しい1ページが加わります。

 

冒頭の「奇跡のバックホーム」のように、毎大会の奇跡的なシーンもたしかに感動できるので良いのですが、

 

かつて高校野球をしていた自分としては、実はいつも他のところに目がいきます。

 

たとえば、「奇跡のバックホーム」で言えば、タッチアップで紙一重でホームでアウトになってしまった三塁ランナーです。

 

「あとコンマ何秒自分の足が速ければ全国制覇のみんなの夢が叶ったのに・・・」

 

と思うと悔やんでも悔やみきれないと思います。

 

そんな、雄叫び上げる松山商業の選手たちの後ろで、

 

「信じられない・・・」

 

と茫然としながら悔しがる姿のほうに僕はどうしても目がいってしまいます。

 

なぜなら、「甲子園」という夢の舞台の華やかな映像の裏には、

 

毎日来る日も来る日もグランドをトンボ掛けし、

 

うだるような暑い夏に朦朧としながら真っ黒になって白球に飛びつき、

 

息が白む寒い冬に頭から湯気が沸き立ちながら、吐きそうになるまで走りこむ。

 

あのホームでアウトになった選手のこれまでの気の遠くなるような膨大な練習量がとてもイメージできるからです。

 

 

 

野球って、個人のプレーがめちゃくちゃ目立つスポーツです。

 

アウトを取るまでに、あるいはアウトを取られるまでに、責任の所在がはっきりと素人の目にも分かります。

 

一つのエラーで勝敗が決まってしまうこともあります。(とくにサヨナラエラーは高校球児には本当に残酷です)

 

そこが野球の厳しさだと思います。

 

そしてそれは、

 

グランドに落ちていたたったひとつの小石が原因で起こってしまいます。

 

3年間打ち込んできた高校野球の人生がその瞬間終わります。

 

だから、その重みを理解しているからこそ、阪神園芸はあんなにもグランド整備を入念に仕上げるのだと思います。

 

甲子園もいろんな視点で観るととても面白いです。

 

 

 

そんなドラマが繰り広げられる「甲子園」

 

 

今日で去る球児たちが、泣きながらベンチの前で「甲子園の土」をかき集め、高校野球を終えた後、

 

 

明日を待つ球児たちのために、熱狂から一変して静かになった甲子園の中で、またひたすら「甲子園の土」を丁寧に最高の状態にしておく。

 

 

僕は、やはりそんな彼らがカッコいいと思うのです。

 

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

ケント

 

 

TOPに戻る