ユーチューバーのヒカキンと読者様との圧倒的な違いと共通点とは

 

いつも読んで下さりありがとうございます。

このブログではライティングについて主にお話させて頂いていますが、それ以外にも僕が日頃考えていることも書いていこうかなと思っています。

別に大した内容ではないので、もしお時間があればで良いので気軽な気持ちで読んでくださいねm(__)m

今回は記事作成にも関係ありますが、どっちかというとブログの話です。

 

最近若い人でも月収何百万稼ぐ人なんてゴロゴロいますし、もはや年功序列という日本の社会労働システムも以前よりは関係ない世の中になってきましたね。

その理由の一つは、インターネットの力です。

 

スマホ決済

 

今までは情報を届けるためにはモノ(たとえば本など)として届けないと価値を提供できなかったですし、作るのも届けるのもいくつもの業者を経由してだったので単価も高くなり、結果として大量生産&多売しないと利益が出ない仕組みでした。

しかしながら、インターネットによって発信者と受信者の物理的な距離がなくなることでダイレクトに情報が届くようになり、個人間でもその情報に価値があると信用されれば、その情報の対価としてお金に変換しやすい環境になったんです。

また、発信するための資金もほとんど必要なくなったことで、若い人でも挑戦でき、失敗してもまたやり直せるのでビジネスのハードルが下がったことも大きな要因だと思います。

 

たとえば夢のカフェ経営に憧れを抱く若者も多いですが、実店舗を開くのであれば何百万も初期投資が必要ですし、もし失敗した時のリスクを考えるとかなりハードルは高いですよね(汗)

ですが、ブログだとわずか年間数千円の固定費でインターネットの仮想空間の中でお店を開くことができます。

ましてや無料ブログならタダです。(もちろん稼ぐためにはそれ相応の努力が必要です)

あるいはnoteなんかもそうですね。これも誰でも発信できる「個の商品」だと思います。

note

文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザをつなぐことができる、まったく新しいタイプのウェブサービス。 つくった作品(ノート)は、通常のブログやSNSなどと同様に無料で公開することもできますし、手軽に売り買いすることも可能。ブログから派生したコンテンツ・プラットフォーム。

インターネットで代表される個の情報発信メディアとしてはInstagram、Twitter、YouTubeがあります。最近ではTicTokも人気出てきました。

これらのブログやSNSで情報発信をし、集まって頂いたお客様に価値を提供することでマネタイズするのがインターネットビジネスです。

 

一方で、事務的処理が主な職業はもとより、医者、弁護士などステイタスの高い職業も、そして子供たちの教育を担う教師ですらもAIロボットにより取って代わられると言われています。

膨大なデータの中から正確に答えを導き出すのはどう考えても人間より機械の方が得意なのでこれは必然かもしれません。

 

今後10年から20年の間に現在アメリカにある職業の

47%

コンピューターに取って代わられるでしょう。

オックスフォード大学 マイケル・A・オズボーン准教授

 

2011年に小学生になった子どもの

65%は将来、

現在存在していない職業に就いているでしょう。

ニューヨーク市立大学 キャシー・デビットソン教授

別にアメリカだけでなく日本も僕は同様ではないかと思います。

なので未来は人間がするには面倒くさい、あるいは好きでもない仕事から消えていくはずであり、社会全体がそうなってくると、個人個人が好きなことができる時間が増えるはずです。

僕も記事を書くことが大好きで、こうやってライティングの情報発信をさせて頂いていますが、ここからは「好きな事を仕事にして稼ぐ」という時代になると思います。

このことに関しては、初心者ライターさんにも伝えたいことがあったのでこちらで書いています。

 

ユーチューバーのヒカキンと読者様との圧倒的な違いと共通点

最近インフルエンサーと言われる人も世の中増えてきました。

インフルエンサーとは、社会的に影響力があり、特にインターネットにおいて他の消費者に大きな影響を与える人のことです。

もともと芸能人ではなく、まったくの素人から人気者になった事例もたくさんあります。(とは言っても芸能人の定義ももはや曖昧になっていますよね(汗)今後は5Gの通信速度の時代になると個人でメディアを持つ人が増えてくるのでますます加速すると言われています)

有名どころではホリエモンとかそうですよね。

たとえば、子供たちに大人気のヒカキンもそうです。

ヒカキンがセブンイレブンで美味いと思う商品第1位「おいしさまるごと ナチュラルポテト うましお味」を紹介したところ、瞬く間に売り切れた店が続出したというニュースが流れました。(;´・ω・)

あれはおそらく彼のファンである子供たちがこぞって買いに走ったからではないかと思います。

そのような人達は、「昨日は〇〇を食べました」「今日は〇〇を買いました」とサラッと伝えるだけでアクセスが集まります。

そしてあのクラスになると、企業からある商品を紹介するようにお願いされたら1回数百万という紹介料が発生するのではないかと思います。(もちろんステマであるため、ヒカキン自身の「信用」が落ちるかもしれないので大きな代償を払うリスクはありますが・・・)

ヒカキンはYouTubeを中心に活動しているのですが、最近ではテレビでの露出も増え、世の中に広く認知されていくのでますますYouTubeの再生回数も伸びてくるでしょう。

これは我々にはヒカキンの真似できません(汗)

自分のブログで「昨日は〇〇を食べました」「今日は〇〇を買いました」と報告してもスルーされるだけです(笑)

ただ、彼も当然最初は「初心者ユーチューバー」でした。

初期に投稿していたのはヒューマンビートボックス動画で、9割のアクセスが海外からだったそうで日本ではほとんど認知されなかったようです。

任天堂のゲームをボイパしている動画がきっかけで話題になり、そこから日本でも少しずつ認知されるようになったそうですね。

今となっては社会的影響を持つまでの存在になった彼ですが、当時はどんな自分発信をすればいいのかさえも分からず、相当悩んだとコメントしていました。

また、正直毎日更新しているとモチベーションも下がるし、ネタにも困るし、心身共に疲れてくるとも。ゴールのないマラソンみたいな感覚になるそうです(汗)

これはブログ経営者(ライターさん)においても共通する部分がすごくあると思います。

 

これからの時代で「情報発信」に必要な視点は何だ?

ユーチューバーでもブロガーでもみんな「情報発信で稼ぐ」って言っていますが、何を稼ぐのかというともちろん「お金」ですよね。

そもそも「お金」とは何か?

とても大事なことだと思うので少し「お金」の話をしますm(__)m(興味ない人はスルーしてくださいね)

 

たとえば、現在の日本銀行券一万円。独立行政法人国立印刷局によって製造され、日本銀行に納入されています。

実際の製造価格は公表されておらず色々諸説がありますが、どうやら一万円紙幣というものは数十円程度で造れるらしいです。

でも、原価数十円なのに、スシローで寿司100皿や吉野家の牛丼30杯食べることができたりするのはなぜかっていうと、市場が一万円にはそのくらいの価値があると認めているだけのことです。

もし、スシローや吉野家が、「いやいや、あんたのその一万円にはそんな価値はねぇよ」って言い張れば「空腹」と「安くて早くてうまい」のマッチングは成立しないということになります(;´・ω・)(まぁ言わないけど)。

 

たとえば、これはモノに対しても概ね同じ考え方で、安い材料費と労働賃金を使って海外で仕立てた服を日本で販売するときには、その何倍もの価格で売っているのにも通じます。

当然 【MADE IN ●●】  のタグを見たら原価が安いってうっすらとお客さんは気付いているはずなのに飛ぶように売れている服もあります。

こぞって買う人はその服が高いか安いかの印象は人それぞれだろうけど、「原価はこんなに安いのに!」って不平不満を店に訴える人はいません(笑)

それはなぜかというと、その服が市場では「だいたいそこらへんのお値段よね」っていうのがよのなかの常識として存在し、ブランド力も上乗せされて、その価値をみんなが認めているからです。

常識は「常の認識」であり、実は大体はたまたまその時代にマッチし、それに賛同する総数で決まってしまいます。

 

たとえば、日本が好景気に沸いたバブル経済時代は、DCブランドなる一着何万もする肩パットてんこ盛りの服が流行し、黒づくめの格好がナウかった(笑)その時代では「常識」であり、みんなの「価値観」だったんです。

だけど、そこから経済が落ち込み、デフレスパイラル真っ只中の不景気時代では、ユニクロやH&Mなどファストファッションが台頭し、安い服をうまく取り入れたノームコアなる格好が今ではイケてる時代となりました。

で、今の時代の流行の最先端を生きている若者は、昔のボディコンのお姉さんの姿を見てはきっとこう思うはずです。

そそられる。 ありえない」って。

ただ、その若者の常識や価値観もいずれは廃れていきます。ファッションは過去の歴史からみると10年周期で流行は繰り返されるからです。(どんな分野でも、その歴史をみれば、なんとなく物事の本質が見て取れます)

だいぶ話は反れましたが、話を戻すと、つまり、その時代の流行のファッションのように「お金」も別に単なる「紙切れ」で原価が低かろうが、それがよのなかの「常識」であり、みんなが「信用」できていれば、市場の価値として成立するということになります。

つまり、

「いつの時代もお金は信用を数値化したもの」

になります。

 

また、お金の歴史をみるとその時代によって「カタチ」が少しずつ進化していることが分かります。

太古の昔では、魚や肉の物々交換からやがて石貨や貝殻に変わり、

近代では、金貨や銀貨からやがて紙幣に変わり、

現代では、ついにカードに信用(後払い)を入れる電子マネーに変わりました。

人間が信用するお金のカタチもその時代に応じて変わってきたのです。しかも、より身軽になっていることが分かります。

つまり、

「信用できれば無形無質量でも成り立つ世の中」

になってきたということです。

で、結局何が言いたいのかというと上記の方式が「お金の概念」として成り立つのなら、

 

「いつの時代もみんなが信用できれば、無形無質量でも市場の価値として成立する世の中である。」

 

つまり、

 

「無形無質量の「情報」でも、みんなに信用してもらえればいつの時代もお金に換えることができる。」

 

ということになります。

これらの流れを俯瞰すると、これからの時代は、YouTubeでもブログでも(プラットフォームは何でも良いのですが)、「情報発信」において「信用」がますます重要になってくるのは間違いないと僕は思います。

また便利なモノがこんなにも溢れ、ある程度浸透した今の世の中の流れとして、決してモノに対する価値だけでなく、たとえば「体験」など無形無質量のものに価値を感じ、積極的にお金を払う人も多くなってきましたよね。

 

ブログに照らすと、これまでは質の低い記事でもただブラックSEOやPPCで上位表示されただけでモノは売れていました。

ですが、近年グーグルも質の低い記事はどんどん締め出しています。

つまり、質の高い記事を通して読み手に「信用」してもらわなければ「お金」を稼ぐことはこれからの時代は難しくなるということだと思います。

 

そしてブログ(=ライティング)が圧倒的に優れるのは「文字」により成り立っているということです。

そして根本的な「人間の悩み」はいつの時代も普遍です。

 

 

 

つまり、

永遠に劣化しない「文字」により、いつの時代も普遍である「人間の悩み」を解決することができたとしたら?

 

 

先ほどの言葉をもう一回書きますね。

 

 

「無形無質量の「情報」でも、みんなに信用してもらえればいつの時代もお金に換えることができる。」

 

 

・・・この凄まじさが伝わったでしょうか(‘ω’)ノ

 

なんだか、小難しいことを長々しく書いてしまいましたが(汗)

 

最後にヒカキンの言葉をご紹介します。

<(_ _)>

「いろんなYouTuberを見てても、いきなり人気になる人は少ないですね。急に人気が出たように見えても実は2、3年やっていたりしますし、実は意外と下積みが重要な世界なんです。また、トライ&エラーの下積みなしで攻めたネタをやると、得てして炎上しがち。炎上商法という言葉もあるけど、長く活動したかったら得なことはないと思います」

ヒカキン

このコメントを見ると、やっぱりヒカキンが今の時代で人気があるのも納得です。

「信用」が大切であり、それはすぐには手に入らないことを体感的に分かっているからこそのコメントだと思います。(説得力が僕とはレベルが違います(汗)その裏にはきっと膨大な失敗経験もあるのでしょうね・・・。)

 

ブログもやはり1記事1記事少しずつ丁寧に積み重ねないといけないなぁと思った今日この頃です(*´ω`)

 

ヒカキンでさえモチベーションも下がるし、ネタにも困るし、心身共に疲れてくると言われています。

 

今回は自分の考えをただ綴っただけなのに嬉しくもここまで読んで下さったブロガーさん、ライターさん、本当にありがとうございますm(__)m

文字(記事)の資産性はすごく高いので、たまには休みながらのんびりゆったりと少しずつ築いていきましょう~(*´ω`)

共に挫けず頑張りましょうね!

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

ケント

 

TOPに戻る