働きかたが劇的に変わる!革命におけるライティングスキルの資産性

 

フリーランス(英: freelance)

特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。 日本では『自由業』『自由職業』『フリーランス』と呼ばれる。 請け負った業務を実際に遂行する本人はフリーランサー、フリーエージェントと呼ばれる。

最近フリーランスという言葉をよく耳にするようになりましたよね。

 

以前はこんなにも頻繁に聞く機会はなかったと思います。

 

これはインターネットが普及し「距離」や「時間」の壁がなくなり、パソコンやスマホで「いつでも、どこでも」仕事がだれでも出来る時代になったからだと思います。

 

今、世の中の「働きかた」が大きく変わろうとしています。

 

これからの時代に相応しい「働きかた」と「面白い未来」について

過去の歴史を振り返ると、「働きかた」において大きな世の中の変化(パラダイムシフト)が起こる時は必ず「農業革命」、「産業革命」など「革命」が起きているのですが、今はまさに「情報革命」の真っただ中だと思います。

 

それは、たとえばツイッターやFacebookなどSNSでも常にインフルエンサーが発信した旬で貴重な情報を誰でも入手することができますし、このブログのように誰でも個人で情報発信できますよね。

 

「情報革命」の社会では、膨大な情報の中から取捨選択し、自分にとって役に立つ情報をインプットしつつ、誰でも自分の「働きかた」についてアウトプットしていける時代だと思います。

 

そして、まもなく次の「革命」がやってくると言われています。

 

「ロボット革命」です。

 

人類史上もっとも劇的に世界が変化するのではないかと言われている革命です。

 

たとえば、ロボット技術は今こんなところまで来ています。

きっとこの先は、「誰でも出来るけどストレスがかかる好きではない仕事」から順にロボット化されていき、そんな仕事からどんどん世の中から消えていくのではないかと思います。

(たとえば昔は駅員さんがわざわざ切符を切っていましたが、今では自動改札で無人化になっていますよね。)

 

窓口対応の事務仕事や製造ラインの単純仕事などは真っ先にロボットに奪われていく仕事だと思います。

 

ちょっと前までは、

 

「仕事は一生をかけて全うしろ!好きな事をして生きていけるほど甘くないぞ!」

 

と言われていたと思うのですが、この映像を見ると(しかも人工知能AIを搭載したロボットも出てくると)

 

これからの時代は逆に、

 

「仕事は複業でリスク分散しろ!すぐにロボットに奪われるかもしれないぞ。好きな事を仕事にして生きていけ!」

 

というのが当たり前になる時代が来るのではと思います。

 

そうなると、これまでの常識は

 

「お金=労働(ストレス)の対価」

 

だったのですが、これからの常識は

 

「お金=価値(好きなこと)の対価」

 

になっていきます。

 

つまり、受け手が価値があると感じ、入手したいと思うものを提供できれば、たとえ「体験」や「趣味」でもお金に変わる時代になるということです。

 

そしてそれは、インターネットによって個人間でダイレクトに繋がれる時代だからこそ可能なのだと思います。(ユーチューバーも体験や趣味を価値として提供し、めちゃくちゃ稼いでいますよね!)

 

つまり、「個のスキル」さえあれば、別に会社に所属することなく、誰でも稼ぎ、自由に生きていける時代になったということです。

 

じゃあ「個のスキル」って何なの?と思われた読者様は、こちらで紹介しています。

 

それは、今も子育てで忙しく社会復帰ができない主婦の方、あるいは、身体が不自由で場所の移動が困難な方、社会参加がどうしても苦手な引きこもりの方、さらには、年齢に関係なく学生の方においても社会で活躍できるチャンスがあります。

 

自分にしか語れない「体験」や「趣味」を情報として発信していけば、少しずつ自分のファンが増え、最終的にはお金に還元することができる可能性があるからです。

 

すごく面白い未来がやってきそうですね!

 

自分さえ頑張れば、会社に依存することなく稼げるからです。

 

ですが、ただ一つだけどうしても身につけなければいけない必須のスキルがあります。

 

それは伝える力です。

 

「伝える力」がなければ、たとえすごく価値がある情報を提供していても、そもそも相手の心に響きませんよね(汗)

 

SNSでもYouTubeでもブログでも何でも良いですが、情報を発信し価値を提供するのであれば「伝える力」がなければ、まず相手に行動を起こしてもらうことはできません。(ん~、何となく重要そうだけど、イマイチこの人の言っていることわからないって思われます(汗))

 

だから「ライティング」のスキルってこれからの時代に必要だと思います。

 

「ライティング」における記事作成の目的は「読み手に価値のある情報を届け共感してもらうこと」だからです。

 

一方的にただ届けるだけでなく、共感してもらってこそが「ライティング」なのです。

 

この記事を読んで頂いている読者様はきっと「ライティング」にすでに取り組んでいる方か、あるいは興味をお持ちの方だと思います。

 

「ライティング」は別に国家資格もなく、まだまだ世の中では認知や注目されていないスキルです。

 

だからこそ「個のスキル」が必要となるこの先の時代に備えて、誰よりも先に「ライティング」に取り組めばやはり周りよりも一歩リードできると思います。

(今のうちにコツコツと取り組んで後発者をぶっちぎりましょう♪w)

 

 

たとえば、よく近未来の映画のあるある話として、

 

映画の前半部は、人工知能AIロボットと人間は協働し、すごく機能的で便利な世の中を創り出している映像が流れますよね?

 

でも、後半部では、ある時突然ロボット側からクーデターが起き、人類の存続が脅かされます。

 

僕も、「やっぱり、この展開かよ!!」ってツッコミを入れるのですが、それでも面白いストーリーにぐいぐい引き込まれます(笑)

 

ただ、人工知能AIロボットがいつもクーデターを起こすきっかけは、決まって「人間の不完全さやあいまいさ」に疑問を感じ、冷静(冷徹)な判断を下したときです。

 

「理想的な世の中を創るためには、不完全な人間を排除すべきだ

 

と。

 

ちなみにそんな事態になるのは、はやくて2045年ではないかと言われています。

 

でも、映画を観ている我々は決してそうは思っていないと思います。

 

たとえば、心の底ではこう思ってませんか?

 

「分かってないなぁ~、人間は不完全さやあいまいさも持っているからこそ愛されるべき存在なんじゃん!( ゚Д゚)」

(これは不完全すぎですかね?w)

 

やっぱり、我々は人間であり、人間が好きなのであり、人間を応援したいのです。

 

未来映画のお決まりのストーリーを観ながら抱く我々視聴者のこの感情の本質をとらえれば、「人間らしさ」を理解できてないロボットが決して仕事にできないものが、これからの未来は仕事としても生き残れるのではないかと思います。

 

だとすれば、ライターはこれからも世の中にニーズがある仕事だと思います。

 

なぜなら、人間は不完全さやあいまいさも持っているがゆえに悩むのであり、その悩みを解決できる「ライティングスキル」を持ったライターという仕事はロボットでは対応できないと思うからです。

(ロボットに、「その気持ち分かるよぉ~。おまえ、基本ダメな奴だけど、そこの人間らしさは俺も認めてる。」って言われてもイマイチ共感できませんもんw)

 

「人間らしさ」を人間が持ち続けている以上、悩みはかならず存在するはずです。

 

もしかしたら、「人間らしさ」を感じれることに人は喜びを感じ、「人間らしい悩み」に共感しヒントをくれる職種(ライター、牧師、占い師など)が未来の子供たちの人気の職種になるかもしれませんね(笑)

 

「情報革命」真っ只中の今はついにユーチューバーが子供たちの「将来なりたい職業」ランキング上位となりました。

 

時代はやはりどんどん変化しています。

 

では次の「ロボット革命」では・・?

 

と気になる人は僕だけじゃないと思います。

 

なので、フリーランスが注目され「個のスキル」がますます重要視される「情報革命」の今の時代や、これからやってくる「ロボット革命」において、「ライター」の仕事に注目した読者様は、これからマジで有利になるかもしれません。

 

もちろん、現実的な実際の日常生活に照らしても、ライターの仕事は、在宅でできること、隙間時間を利用できることや 副業でお金を稼ぐ方法としても注目されています。

 

また初心者でも始めやすいところもメリットです。

 

「ライティング」は最初のハードルがそんなに高くないことがすごく魅力的だと思います。

 

実際に読者様もライターを始めようと思ったきっかけはこういったことだったかもしれませんね♪

 

今回のまとめ!

 

これ以上小難しい話を続けるのは野暮であり、読者様の貴重な時間を奪うことになるということは重々承知ですので、今回の話をここでまとめます<(_ _)>

 

  • 誰でも挑戦できる「フリーランス」という働きかたは、インターネットが普及し「距離」や「時間」の壁がなくなり、パソコンやスマホで「いつでも、どこでも」仕事が出来る時代が可能にした。

 

  • 「働きかた」において大きな世の中の変化が起こったのは「革命」が起きた時であり、今は「情報革命」の真っただ中である。ゆえに貴重な情報を誰でも入手できる時代であり、誰でも情報発信できる時代である。

 

  • そしてまもなく到来する「ロボット革命」の時代になれば、これまで以上に劇的に世の中(働きかた)が変化するため、我々は変化に対応できる準備しておかなくてはならない。

 

  • これまでの常識は「お金=労働(ストレス)の対価」だったが、これからの常識は「お金=価値(好きなこと)」になり、受け手が価値があると感じ、入手したいと思うものを提供できれば、たとえ「体験」や「趣味」でもお金に変わる時代なる可能性が高い。

 

  • それは、今も子育てで忙しく社会復帰ができない主婦の方、あるいは、身体が不自由で場所の移動が困難な方、さらには、年齢に関係なく学生の方においても社会で活躍し稼げるチャンスが増えていくはず。

 

  • だから、これからの時代は「伝える力」は必須であり、読み手に価値のある情報を届け共感させ、行動を起こさせる「ライティングスキル」はますます可能性のあるスキルである。

 

  • 「人間らしさ」を人間が持ち続けている以上、悩みはかならず存在する。ゆえに「ライティングスキル」を持ったライターは重宝され稼げる。

 

 

なんだか今回はいかにも未来が分かったような口ぶりになってしまいました。

 

ただ、これは何も特別なことを言っている訳ではなく、かなりの高い確率でやってくる未来なのではと思います。

 

日本を代表する経営者団体である「経団連」会長が報道記者会見で次の事を正式に言及したことからも想像できるからです。

 

「終身雇用を続けるのは難しい」

 

言っていることは、「もう会社は最後まで面倒見ないよ♡」ってことだと思います(汗)

 

経営者団体のトップが言っているのですから、これからスゴイ勢いでこの流れは続いていくかもしれません・・・。

 

経営者も人間です。かわいい自分や会社を守るためなら、やっぱり決断しなくちゃいけません。

 

やはり、一刻も早く「個のスキル」を身につけて、自分で稼げる環境を整えておいたほうがいいです。

 

でも、幸いにも時間は今ならまだ十分残っています。

 

すでにライティングに取り組まれている読者様はこれからもコツコツと取り組んでいきましょう。

 

そして、これからライティングを始めようかと迷っている読者様もいるかもしれませんね。

 

では、そんなライティングを始めようか迷っている読者様はいつライティングを始めればいいのか・・・。

 

 

今でしょ!!

(はて、どこかで聞いたフレーズ・・・( ゚Д゚))

 

 

ケント

 

TOPに戻る