外部世界而不加强内部,

是一种愚蠢的做法。 

内部の守りを固めずに、

外部を攻めるのは愚策である。

諸葛孔明  

 

こんにちは、ケントです。

この度は「賢人の外注化概論」を手にとって頂きありがとうございます。

 

冒頭の言葉は、中国、三国時代の天才軍師、諸葛孔明の言葉です。

読者様もブロガーならきっとそうだと思いますが、僕らはついつい外部(ライバルブログ)にどうやったら勝てるかばかりを意識しがちですよね。(僕もそうでした)

ですが、この孔明の言葉にもあるように、まずは自分のブログ戦略を確固たるものにすることが重要だと僕は思います。

 

僕はもともと一人でブログを運営していました。

ですが、2017年12月6日のXデー。

グーグルの「健康アップデート」により、ブログが吹っ飛びました。

<健康アップデート>

健康アップデートとは2017年12月6日に実施された、医療や健康に関連する情報の精査を目的としたアルゴリズム更新のことです。日本国内のみに適応された異例のアップデートで、健康系アフィリエイトブログが圏外に飛ばされ、検索結果の60%に影響が出たとグーグルは発表しています。

ちょうど収益が右肩上がりだったのに、突然ゼロになったのです。

当時、僕は会社から独立するために挑戦していました。

その野望が一瞬で木っ端微塵に砕け散りました。

もちろん目の前が真っ暗になり、むちゃくちゃショックだったのですが、

ですが、もっとゾッとしたことがあります。

 

それは、「これが独立後だったら・・・」と思うと、恐くなったのです。

 

「ブログで月収100万達成したので、会社から独立しましたー!」

っていうツイートたまに見ますよね?

僕もアレに憧れて、いつか同じように宣言しよっかな!なーんて軽く企んでいたんです。(あー、穴があったら入りたい・・・笑)

 

でも、突然アップデートをくらった僕は、

 

「これ、仮にブログで月収300万達成しても・・・独立できるか?」

 

と、アナリティクスの悲惨なグラフ結果を見つめながら思ったんですね。

 

将来にわたり、グーグルの定期的なアップデートと僕らブロガーは付き合っていかなくちゃいけません。

なので、再度ブログを作るにしても、また同じようなやり方をしてもダメだと思いました。

 

グーグルの方針に「絶対」はありませんから。

 

Xデーのあの日から、僕は今後の取り組み方について考えました。

やはり、グーグルの方針が今後どのようになろうと、自分の牙城を守れるだけの体制づくりは必須だと思いました。

 

「まずは内部を固めよう」

 

新年2018年の幕開け。

僕はそう決意したのです。

 

僕が目指したものは「外注化」のその先

そこで僕が取り組んだのは「外注化アフィリエイト」です。

ただ、僕の「外注化」は、従来の「外注化」とは違います。

 

仲間を集めコミュニティーを作るのが僕の「外注化」の目的でした。

外注化は雇うというより仲間を集める意識でやるといい

 

その結果、現在は大勢のライター仲間で複数のチームを組み、二ケタの特化ブログを同時に運営できる体制が整いました。

下図は、基本的な「外注化」のモデルです。

「外注化」の基本モデル

最適な36人のライターチームの作り方

 

すなわち、僕の中で「内部を固める」とは、大勢のライターと組織的に複数のブログを運営し、収益化できる仕組みを作ることだったのです。

 

今では運営側として、

✔ 後輩メンバーの記事を添削し、各ライターチームをまとめる「リーダー」「サブリーダー」が40数名、

✔ 各ブログを運営する「ブログオーナー」が10数名、

✔ 組織全体を統括する「ステージリーダー」が2名、

いろいろな個性溢れる仲間ができました。

 

「賢人の外注化」の基本モデル

【全員で稼ぐ】コミュニティーアフィリエイトの全体像

 

最初は全員駆け出しの初心者ライターたちでした。

ですが、各自がライターとして必要なマインドとスキルを鍛え、成長してくれました。

僕らは共に学び、稼ぐ集団として日々取り組んでいます。

メンバー紹介

 

今後グーグルを含め、いかなる外的要因による変化が起こっても、この組織ならきっと対応できると思います。

 

「コミュニティーアフィリエイト」

 

これが、従来の「外注化アフィリエイト」を発展させた僕の戦略です。

 

女性誰もが挑戦できるライティングサロン「Site New Tourism」

今は、初心者から即戦力のライターになるまで育成し、共に「コミュニティーアフィリエイト」に取り組んでいく、実戦形式型の女性限定ライティングサロンも運営しています。

「Site New Tourism」と言います。

 

女性とりわけ子育て主婦誰もが気軽にライターに挑戦でき、稼げるスキルを身につけられる場所を作りたくて始めました。

 

▶サロン構想について

 

もちろん僕一人では対応できない規模なので、

ライティングスキルの高いサロンメンバーで結成した女性ライター集団「書人百花」 と一緒に運営しています。

 

これは僕の持論ですが、これからの時代のライターは「複業ライター」を目指すべきだと考えています。

複業のライターとは以下のとおりです。

  • 従来のクライアント案件を受注し、記事作成し納品することにより獲得できる報酬
  • ライター仲間で仕組みを作り、世の中にサービスを提供することで獲得できる報酬

サロンメンバーはブログ運営もこなすので、クライアント視点で記事が書けるため、他のライターと差別化が図れます。

たとえば、ビジネスの全体像(集客 ➝ 教育 ➝ 販売)を理解した上で記事が書けるため、非常に重宝されます。(ちなみに全員WordPress直接入稿できます)

 

あと、これは余談ですが、

読者様も外注化スキルを身につけることができれば「自分のサロン」を作ることは可能だと僕は思っています。

全ブロガーが自分のサロンを作れる3つの条件(綺麗事なし)

 

外注化はやってみると実は簡単ですし、サロンオーナーになると、ブログとは別の「収入の柱」を形成することができるので、チャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

外注化のメリットは「記事量産」ではないワケとは?

今、僕は月に100記事以上投稿できる仕組みを持っています。

 

外注化戦略のよいところは、「記事を量産できるところだ」とよく言われますが、実はそうではありません。

 

本当に良いところは、膨大な失敗経験とデータが個人で取り組むよりもX倍で集まるところです。

外注化戦略で僕がめちゃくちゃ失敗した話

 

失敗から学べることは本当に多く、確実に自分の血肉となるので決してその経験は裏切りませんし、

失敗データが集まれば、ブログの成功確率は確実に上がっていきます。

 

この概論では、これまで3000記事を投稿して得られた「データ結果」や、

教材、ツール、コンサルに多大なお金を投資し得られた「検証結果」を元に、

そこから導かれた知見をお伝えしていきます。

 

これらは実体験から得られた一次情報なので有料価値は十分にあると思いますが、

少しでもお役に立てればと思い今回無料公開することにしました。(「賢人の外注化」本論ではさらに詳しい内容になる予定です)

 

あなたが個人でブログに取り組んでいるなら実感しているかもしれませんが、

自分のブログの中で得られる経験やデータはやはり少ないです。

でも、その少ないデータの中から判断し、稼げるブログをつくっていかなくちゃいけません。

 

それってけっこう不安ですよね?

 

このまま進んでいいのかどうかも分からないと思います。

 

だから、最後は「高額ブログコンサル」に頼ることになるのですが、

個人的な考えとしては、少し慎重になった方が良いかもしれません。(もちろん受けるのは自由ですし、素敵なコンサルさんもいます)

いよいよコンサルの価値がなくなってきたという話

 

そして、明らかに「学び方」も時流とともに変わってきているのはお気づきでしょうか?

ブログ学び場は今後サロン一択になる話

 

しかしながら、こう一気に僕から色々言われると、一体何が正解なのか分かりませんよね?

 

でも、ご安心ください。

これからお伝えすることを参考に、実践して頂ければ大丈夫です。

 

なぜなら、僕はおそらくあなたよりも、巷のコンサルよりも、何倍もブログを作ってきたので、

「最短で収益が出やすいブログ」の作り方も分かっているからです。

 

時間は有限です。

 

自分の中で「ブログ戦略」をまずは固め、そして迷うことなく取り組んでみてください。

そうすれば、きっと成功できます。

 

ではでは、前置きはこれくらいにして、心の準備はよろしいでしょうか・・・。

 

それでは、いってみましょう。 

 

 

To Be Continued・・・

 

 

 

続きが知りたい方はフォロー宜しくお願いします!

▼インスタグラム

https://www.instagram.com/kento_snt/

 

 

→  TOPに戻る