ライター初心者は要注意!記事作成時に失敗する思考パターンとは

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

記事作成にまだ慣れていないライター初心者さんが、記事を書いているうちによく失敗する思考パターンがあります。

この思考パターンを意識して書いてもらえれば「読者様に最後まですんなり読んでくれる記事」が書けると思いますので、「いつも記事書く時は迷子になるんだよね・・・」と悩んでいるライター初心者さんはぜひ読んでみてくださいね。(でも誰でも1度はハマるパターンなので落ち込まないでくださいね(^^))

記事には大きく分けて2種類に分かれます。

 

  • 最後まで読まれる記事
  • 途中で離脱される記事

 

この2つです。

そして、世の中の記事で途中で離脱される記事って本当に多いです(汗)

でも、自分も思い当たる節ありますよね?

なんとなくピンときたタイトルをクリックし、本文の前半をささっと親指で画面をスクロールするのですが、感覚的に知りたい情報もなく、見た目にも違和感があればすぐに離脱しているはずです(誰かの記事に対しては自分は平気でそうしているっていうのもなんだかですが・・)

アクセスはタイトル中に使用しているキーワードの検索ボリュームによるところもあるので、その記事が読まれているかとはまた別の話です。

むしろライターさんは、アクセス数よりも、記事の離脱率や滞在時間を気にするべきだと思います。

せっかく膨大な類似記事の中からわざわざ自分の記事に訪れてきてくれたのですから、ぜひ満足して帰ってもらいたいですよね!

ライターは、本来ならアクセス数を稼ぐことが目的ではなく、自分の言葉で読者様に伝えたいことがちゃんと伝わり、「役に立った!」と思って欲しいから書いているはずです。

仮にその中の一人でも自分の記事で心を揺さぶることができたとしたら、こっちの方が心が震えるくらい本当に嬉しいですよね。(僕も初めて読者様からお便りをもらった時はキーボードを打つ手がしばらく止まりました・・・(T_T))

そこで今回ご紹介するのは、初心者ライターさんが一度は陥る「失敗する思考パターンと「最後まで読まれる記事にするためのコツ」です。

初心者ライターさんが「記事作成時に失敗する思考パターン」とは

初心者ライターさんが記事作成時に失敗する思考パターン。それは・・・

 

「すべての人に向けて書いている」

 

と言う事です。

具体的に言うと、初心者ライターさんは記事を書く時にこう思ってしまいます。

 

「なるべく自分の記事を多くの人に届けたい」

 

そこで、いろんな読者像を考え、少しでも多くの人に刺さるように網羅性の高い記事を書こうとします。

たとえば、「きれい 床掃除 効率的な方法」というキーワードで記事を書く場合でも、初心者ライターさんはキーワードから連想されるあらゆる読者像を考えてしまいます。

<想定する読者像(例)>

  • 床がきれいになるおすすめ洗剤について知りたい読者
  • 効率的に掃除してくれるお掃除ロボットについて知りたい読者
  • 汚れがつきにくく掃除が楽な床ワックスについて知りたい読者

これらの読者様に満足してもらいたいと思う一心で、1記事の中でそれぞれ伝えようとしますが、一つ一つを掘り下げていくと膨大な文字数になり、「結局何が伝えたいの?」と読者様に思われてしまうよく分からない記事になってしまいます(汗)

これだと離脱が増えてしまいますよね・・・(泣)

逆に、読者様が離脱しないように1記事のボリュームに配慮し、記事を構成すると、一つ一つが薄っぺらい情報でしかなく、これもまた「期待薄っ!」と判断され離脱が増えてしまうことになるでしょう(汗)

つまり、初心者ライターさんは、読者様のことを想うがために1記事の中であれもこれも書いてしまうのです。

結果的に読者様の記事に対する満足度は低くなってしまい、離脱率が高く、滞在時間が短い記事になるのです。

これが初心者ライターさんがよく陥りがちな「記事作成時に失敗する思考パターン」です。

では逆に、「記事作成時に成功するパターン」とは何でしょうか?

そこで次は「最後まで読まれる記事にするためのコツ」についてご紹介します。

初心者ライターさんが「最後まで読まれる記事にするためのコツ」とは

本題に入る前に、記事における厳しい現実を知っておいてくださいm(__)m

「みんなに読んでもらうためにはどうしたらいいんだろう?」と考えること自体はすごく目標が高くて良いと思います。(そんな熱い心を持ったライターさんは僕は好きです。)

ただ、申し訳ないのですが、「みんな」っていう考え方がそもそも間違っているんです(汗)

 

なぜか?

 

それは、自分の記事を「みんな」が読むことはないからです。

もっと厳しい現実をお伝えすると、同じ検索ワードでヒットした記事のうち、検索1ページ目には世の中で最も読まれている上位10位の記事が表示されますが、そのうち上から5番目(5位)以内の記事を世の中の半分の検索者が見ているんです。

裏を返すと、上位11位以後の記事は、残り半分の検索者しか見てくれるチャンスはないという事です。

5位以内に入れば良く読まれる記事ということになりますが、初心者ライターさんがいきなり上位に食い込む記事を書くのは至難の業ですよね(汗)

したがって、その他大勢の記事の中から、残り半分の検索者に自分の記事を選んでもらう必要があります。

そう考えると、けっこうな競争率の中で競い合っていく必要がありますよね(汗)

ただそこで大事なのは、結果として離脱率が低く、滞在時間が長い記事を世の中に提供できれば、グーグルからも評価され順位も徐々に上がっていくため、読まれる機会も増えていくということです。

 

そのためには、やはり質の高い記事が必須となります。

 

では離脱率が低く、滞在率が長い質の高い記事を初心者ライターさんが書くためにはどうすればいいのか、そのコツをお伝えしますね。

それは

 

「みんなではなく、特定の一人に語る」

 

ことです(ここ重要です)

つまり「きれい 床掃除 効率的な方法」というキーワードで記事を書く場合なら、たとえば

  • 床がきれいになるおすすめ洗剤について知りたい読者

に向けてとことん語るのです。(洗剤マニアになるのです(笑))

その記事では、「床洗剤の成分の話」から「世の中で人気の床洗剤の口コミや評判」あるいは「おすすめの床洗剤を最安値で購入できる場所」までとことん掘り下げるのです。

たしかに多くの検索者には刺さらないかもしれませんが、「床洗剤」について知りたい読者様には確実に刺さる記事になるはずです。

タイトルも例えば「洗剤を使った鏡みたいにきれいになる床掃除の効率的な方法」と少しフックがかかるようなものにすれば、「床洗剤」の情報が知りたい検索者のクリック率も上がるかもしれません。

結果として、床洗剤に特化した記事なので、離脱率が低く、滞在時間が長い記事となり、すなわち満足度が高いので「読者様に最後まですんなり読んでくれる記事」になるのです。

ただ、注意して欲しいことは「床洗剤」をなぜ選んだのかです。もしかしたら、世の中のニーズとしては「床洗剤」よりも「お掃除ロボット」の方がより多くの人に刺さるかもしれませんよね。

そこは、記事に着手する前にリサーチが必要になります。あらゆる悩みサイトから、今どんな需要があるのかを調べるのです。

そこで、世の中の需要がある「特定の何か」が分かれば、あとはあれもこれも書かずに、そのことだけに集中し、とことん掘り下げていきます。

そうすることで、確実に誰かに深く刺さる記事となります。

ぜひ「広く浅い」切り口の記事よりも、ここは勇気をもって「狭く深い」切り口の記事に挑戦してみてくださいね(^^)

僕から初心者ライターさんに今回お伝えしたいことは以上ですm(__)m

今も記事作成に取り組んでいる初心者ライターさんへ

 

怖いんです・・・。

これは、過去にお仕事をご一緒した初心者ライターさんの言葉です。

その方は、「世の中にむけて自分の書いた記事を公開するのが怖いんです・・・」とおっしゃっていました。

理由は、価値のある記事はすでに世の中にあふれ、初心者の自分が書いた記事がそんなに世の中において価値あるものとは思えず、公開するのが怖いという感情でした。

 

でも、それは考えなくていいですよ(^^)

 

なぜなら、記事を読むかどうかはあくまでも選ぶのは検索者であり、自分にとって価値があるかどうか判断するのも検索者だからです。

そして人の価値観なんて十人十色であり、そもそも自分が書いた記事がすべての人において価値がないと決めつけることも不可能です。

大事なのは、みんなではなく、ある特定の誰かのために書き、丁寧に自分の言葉を文字に宿すことだと思います。

そうすればきっと、誰かの心にいつか刺さる日が来るのではないかと僕は思います。

初心者ライターさんの不安感は異常であり、時には記事作成に悩み、なかなかキーボートの上の両手が動かない時もあるかと思います。

それでも苦難を乗り越え、1記事1記事大切に積み重ねていけば、きっと自分の記事が誰かの心を震わせることができるのではと思います。

そしていつか、かつての僕のように誰かから反応が返ってきた時、キーボードの上の両手が小刻みに震え、しばらく動かない日が来るのではと思います。

どうか自分を信じて頑張ってくださいね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

ケント

 

TOPに戻る