ネッシー騒動を紐解けばスリーパー効果の重要性がわかる

 

コンビニの雑誌コーナーで、ゴシップ雑誌の表紙の見出しをみると、つい手に取ってパラパラとめくってしまうケントです。

(こらっ、伸びるな僕の手!それが目的ではないだろうがっ(;´・ω・))

 

ただ、お目当ての芸能人のゴシップ記事を読むと、確かに面白いのですが、その一方で、どこかしら「どうせ嘘でしょ?」と少し疑った目でみてしまう自分もいます。

 

ですが、その後もワイドショーでも何度も報道され、同じような映像を何回も見ていると、次第に「もしかして本当なのかな?」と思ってしまいます。

 

これってけっこうありますよね?

 

たとえば、日常生活のウワサ話もそうです。

 

「あの仕事がデキる部長の頭・・・植毛らしいよ?」

 

「えー、またまたぁ(*´Д`)」

 

ある人からそんな信じられないウワサを聞いても初めは信じてなかったのに、後日、別の身近な仲の良い同僚からも同じことを言われたら、

いつの間にか信じて、当たり前のように自分も同じこと他の人に言ってた、なんてことも誰にでもありますよね?(;´・ω・)

 

この現象はちゃんと人間心理に基づいていて、こういう時の状況をスリーパー効果って言います。 

 

スリーパー効果

信頼性の低い情報源から得た情報であっても、時間がたつと信頼性が低いということを忘れ、その情報を信じてしまうという現象 

アメリカの心理学者、カール・ホブランドさんが提唱したものです。

 

人間は時間が経つと、情報の信頼だけが増して記憶に残ってしまうんです。

 

信頼性の低さを”忘れる”=(眠る) という語源でスリーパー効果と呼ばれているんですね(‘ω’)ノ

 

例えば、信頼する友人Aさんから「この商品めっちゃいいらしいよ!」と勧められたら 「確かにAさんがいうなら買ってみようかな」と思ってしまいます。

 

その情報源がどこから来たのか分からないのですが、信頼できるAさんが言っているのだから、なんとなく信用してしまいます。

 

逆にあまり親しくないBさんから同じ商品を勧められたとしても 「本当に?適当なこと言ってるかも・・」となかなか信用することはできないですよね。

 

ただ、結局はBさんもやはり信用してしまうかもしれません。

 

その理由は、スリーパー効果がはたらき、時間が経過すると、情報源の信用度の記憶が薄れ、「情報の内容」のみの記憶が残るからです。

 

結果、Bさんから得たその商品に関する情報も「あの話って実は本当かも」といつの間にか信じているのです。 

 

逆に信頼するAさんの情報に対しては時間が経つと「あれって信じていいのかな?」なんて少し疑ってしまうようになります。 

 

このスリーパー効果を式に表してみると 

情報を得た時点での信用度

(Aさんの信用度)10  +  (情報の内容の信用度)5 = 10

(Bさんの信用度)1  +  (情報の内容の信用度)5 =1

このように、初めは情報の内容より誰が言ったかが重要視されます。

 

ですが、時間が経つと

時間経過後の信用度

(Aさんの信用度)10 ​ + (情報の内容の信用度)5 = ​5

(Bさんの信用度)​1 ​ + (情報の内容の信用度)5 = ​5

という結果になり、時間が経てば、誰が言ったかその記憶は薄れ、最終的に信用において重要視されるのは「​情報源​」よりも 「​情報の内容​」ということになります。 

 

つまり、スリーパー効果とは、時間が経つことで初めは疑っていた情報でも、多方面から同じ情報が入ると、結果的に信じてしまうということです。

 

このスリーパー効果ってけっこう世の中を大きく動かすほどの事件もよく起こっているんです。

 

たとえば、デマもスリーパー効果が関係しています。

 

身近なスリーパー効果の例

過去の歴史をみても例は本当にたくさんあると思いますが、たとえば有名なものとしては・・・

ネス湖のネッシー

1933年5月にマッケイ夫妻が湖畔ほとりを散歩している時に初めてネッシーが目撃されました。

ただその時は写真でなく、目撃証言だけでしたので信ぴょう性にかけ話題にはなりませんでした。

ですが、同年の11月に状況が一変します。

ヒュー・グレイ氏によって、史上初のネッシー写真が撮影されたのです。

彼は、ネッシーの写真を撮ろうと湖畔を歩いているときに偶然に遭遇し撮影に成功したということでした。

ただ、その写真はピンボケで、何かが泳いでいるようには見えますが、そこがネス湖であるかどうかですら判別できないものだったそうです。

ですが、立て続けに耳に入ってきたこの情報に次第に世間は「ネス湖のネッシー」に関心を寄せ始めます。

そして、翌年1934年4月に世界的にも有名なあの写真がついに公表されました。

「外科医の写真」です。

社会的信用のある医師のロバート・ケネス・ウイルソン氏が撮影したもので、この写真がイギリスのタブロイド紙・デイリー・メールに持ち込まれ掲載されたのです。

ちなみにデイリー・メールは、世界中で読まれるほど読者が多く、影響力の高い新聞です。

これをきっかけとして世界中に瞬く間に「ネス湖のネッシー」情報が拡散し、話題騒然となっていったのです。

この年を「ネッシー元年」と言い、これを境に様々な目撃情報が生まれることになります。(不思議とどんどん目撃され始めるんです(*´ω`))

そこからは、あらゆる人々がネス湖のネッシーの存在を証明するために莫大な費用をかけて探索することになります。

たとえば探索者としては、著名な博物学者、ボストン応用科学アカデミー研究チームなど多数です。

そしてなんと当時参議院議員だった石原慎太郎さん率いる「国際ネッシー探検隊」も7週間2億円の時間と費用をかけて探索しているんです(汗)

ですが、本当に多くの人が探索するも結果は実らず、真相解明は先送りになるばかりでした。

そんな長年に渡り、世界中の人々を熱狂させてきたネス湖のネッシーですが、1993年11月にとんでもない報道が流れます。

 

「外科医の写真」は捏造

 

真相は以下の通りです。

・クリスチャン・スパーリング氏が捏造と死ぬ間際に告白

・彼の養父が当時の首謀者

・養父は知り合いの外科医(ロバート・ケネス・ウイルソン氏)に写真公表を依頼

・依頼した理由は社会的に権威性のある人の方が信用されると思ったから

・ただ実は外科医でなく産婦人科医だった(信用度は外科医の方が高いと思った)

・「外科医の写真」としてタブロイド紙に持ち込み世界中に広まることに

・予想外の社会現象に戸惑い、本当の事が言えなくなる

・約60年あらゆる人がネス湖のネッシーに熱狂し、多くの人が目撃

 

1934年の「外科医の写真」に始まったこの騒動ですが、捏造が公表された後でもその熱は収まらず最近では2016年にもネッシーの写真が公表されたそうです。

 

捏造が発覚してもなお信じている人もいるんですね(;´・ω・)

(ここまでくるともはやロマンです(笑))

 

このようにネス湖のネッシーは、スリーパー効果と深く関わっているんです。

 

実は同じような展開は日本でも過去に起こっており、大きな騒動になったことがあります。

 

豊川信用金庫事件

この事件は昭和48年に起きた「豊川信用金庫事件」と言って、普通の女子高生の何気ない発言が、ひとつの銀行を潰してしまうような騒動になった実話です。

その女子高生は、豊川信用金庫に内定をもらい、仲の良い友達に「私、あそこの銀行に就職することになったの」と話したそうです。

するとそれを聞いた友人が「銀行は危ないって。銀行強盗に襲われたらどうする?将来性もないと思う」と少し冗談っぽく言ったのですが、この会話がのちに騒動へと発展します。

この友人の言葉を聞き、不安になった彼女は帰宅後に「あそこって危ないの?」と親に聞きました。

すると親はよくわからないので別の知り合いに「銀行って危ないのか?」と尋ねると、なぜか「あの銀行は危ないかも」と認識してしまったのです。

この「危ない」という言葉が予想外に独り歩きしていき、いつからか「豊川信用金庫の”経営状況”が危ないらしい」と話の内容がすり変わっていきました。

そして、その話が人から人へどんどん拡散していったのです。

最初は「いや、あの銀行に限ってそれはないよ」と言っていた人までも、あらゆる方面から同じウワサを聞くとさすがに信じてしまいますよね・・・(汗)

すると、いつの間にか町中の人たちが「もうすぐあそこ潰れるらしいよ」「そりゃ大変だ!はやく預金を下ろさないと」と信じ込み、豊川信用金庫に殺到したのです。

しまいには、「職員の誰かが勝手に信金の金を使い込んだらしい」「理事長が責任を感じて自殺したらしい」といった悪質なデマまで流れはじめ、パニック状態に。

豊川信用金庫は訳が分からないまま、その時殺到した預金者から一気に引き出されたお金はなんと26億円!

その後は日銀が介入したり、理事長が窓口で顧客対応することで事態は収束したそうですが、デマで存続が危ぶまれるような騒動を起こされたら、銀行としてはたまったもんじゃないですよね(汗)

ちなみに、豊川信用金庫は今も健在で、変わらず営業を続けています。

 

この事件は伝言ゲームみたいにどんどん形を変えながら、人から人へ拡散していき騒動に発展していきました。

 

たとえば、ちょうど「豊川信用金庫事件」の6年後に起こった「オイルショック事件」もそうですね。

 

あれも石油の値段が上がるという噂が形を変え、

「街からトイレットペーパーがなくなる!」

という根拠のないデマによりドラッグストアやスーパーに主婦たちが殺到した騒動です。

 

このように過去の歴史からみても人間は時間が経つと、たとえ信頼性の低い情報源から得た情報であっても、いろんな方面から耳にするとその情報を信じてしまう傾向にあることが分かります。

 

ただ、ここで読者様にお伝えしたいことは、この「スリーパー効果」をビジネスやライティングでうまく利用すれば、人の心を動かし、行動を起こさせることができるということです。

 

ビジネスでも影響するスリーパー効果 

スリーパー効果は、ビジネスにおいてすごく重要です。

 

たとえば、もしコンペなどで一発勝負の企画をプレゼンをするなら、新人よりもベテランのプレゼンのほうが説得力があるので絶対に有利です。

 

スリーパー効果おいても、最初は誰が言ったかが重要視されるので、ビジネス相手を説得するにはまず、発信源が重要となるからです。

 

だから、スティーブ・ジョブズや孫正義など社会的に信用性も権威性もある人が、自社の商品をお披露目したり、ビジネス展開を発表する場では、

一番詳しい商品開発者や企画立案者ではなくトップ自らがプレゼンするんです。

 

この人が言うのだから、なんとなく良さそう、成功しそうって思いますもんね(*´ω`)

 

一方で、不祥事を起こして謝罪会見をしている会社の姿もよくニュースで見かけます。

 

そんな時、僕は誰が中心となって対応しているかに注目します。

 

すると会社によっては、今にも泣きそうな社長の隣で、広報担当が先頭を切って一生懸命マスコミに対応している姿もけっこう見かけます。

 

ですが、スリーパー効果では、最初は誰が言ったかが重要視されるので、相手を説得するにはまず、発信源が重要となります。

 

つまり、そういう時こそ先頭を切って対応しなければいけないのは社長です。

 

弁の立つ広報担当が対応すれば、たしかにマスコミの鋭い質問を上手くかわせるかもしれません。

 

ですが世の中は意外と返答内容よりも、その時の会社の姿勢を観ているものです。

 

そんな時、会見中広報担当の横で、ずっと下を向いて神妙な面持ちで黙っている社長の姿を観れば、その会社に対する信用はますます下がります。

 

すると会見後には「あの社長はひどい」という情報が拡散していきます。

 

ですが、豊川信用金庫事件のように次第に「あの会社はひどい。もう潰れるらしいよ」と形が変わることも十分にあり得ます。

 

それがあらゆる方面から同じ情報が入ってくると人は信じてしまうので、デマによって本当に潰れる会社も出てくるんです。

 

逆に社長が不祥事を認め、真摯な態度で謝罪会見を切り抜けることが出来れば「あの社長はデキる」となり「あの会社はもう一度やれる」となるかもしれません。

 

やはり、ビジネスにおいてこの「スリーパー効果」をちゃんと意識しておくかどうかで、勝負の分かれ目になることも十分あり得ます。

 

またこのように社運を賭けた大きな話だけではありません。

 

身近な仕事においてもスリーパー効果を意識することで信用してもらえる展開にもっていくことができます。

 

たとえば、営業などは相手を説得する必要がありますよね。

 

ですがビジネスでは、最初から信頼なんてしてもらえるはずもありません。

 

ただ人は、スリーパー効果により時間が経つことで初めは疑っていた情報でも、何度も同じ情報が入ると結果的に信じてしまいます。

 

なのでそんな時は、たとえ一度断られても、そこで諦めず時間をかけて何度も営業をかけるといいです。

 

時間をおいて何度も説得し、接触回数を増やすことで、信用を勝ち取ることができるのです。  

 

つまり、営業先に何度も足を運ぶのは別に非効率的な根性論ではなく、スリーパー効果を考えれば非常に理にかなった営業戦略なんです。

 

じつは、この効果を上手く利用したビジネスがあります。

 

それは、職場に何度も訪れる生命保険のおばちゃん(外交員)です(*´ω`)

 

おばちゃんは暑い日も寒い日も欠かさず定期的に通い、一人一人に気さくに声をかけてますよね。

 

よくよくおばちゃん話を聞いていると、コミュニケーション力がすごいなぁと感心できませんか?

 

さりげなくお得な保険の情報を伝えつつ、

 

たとえば、取り留めもない世間話など積極的に行い、相手を楽しい気分にさせます。

 

時には、誕生日やバレンタインデーなどにはちょっとしたプレゼントを贈り、相手を嬉しい気分にさせますし、

 

たまに、自ら子育てなど身の上の苦労話なども話し、相手の苦労もねぎらいつつ、共感し合います。

 

すると、人は情で判断しやすい(流されやすい)ので、接触回数も相まって、たとえば子供の学資保険など何か保険の見直すタイミングでおばちゃんに声をかけ、

提案された保険の内容確認もそこそこに、契約してしまうんです。(すでに信頼関係は出来上がっています)

 

あの周りに対する心配りや気さくさと相手の懐に入っていける度胸と会話術はなかなかすごいですよね。

 

話しかけられた相手も「おばちゃん~、またまたぁ(*´Д`)」って何となく心を許してしまう人も多いと思います(笑)

 

保険屋さんって実は歩合制なので契約数によって収入が変わってきます。

 

これは、保険関係の仕事をしている友人から聞いた話ですが、一見ウケが良さそうに思われる美人の保険屋さんよりもよっぽど稼いでいるのが実はおばちゃんだったりするのです。

 

やはりビジネスは、人間力が本当に重要だとその話を聞いて勉強になりました。

 

「スリーパー効果」を大いに発揮できるような「おばちゃんビジネス」は、これからの時代は案外イケるかもしれませんね(*’▽’)

(何気におばちゃんって、その人間力が発揮できる環境を用意してあげれば仕事のポテンシャルは相当高いと思いますw)

 

スリーパー効果とライティング

時間が経つことで初めは疑っていた情報でも、多方面から同じ情報が入ると、結果的に信じてしまうのがスリーパー効果です。

 

たしかに最初は相手にされなかったネス湖のネッシーの目撃情報も、同じ目撃情報が続くと人々は「本当かも・・・」と信じてしまったという良い具体例だと思います。

 

結果として、自分も目撃したいと思い実際にネス湖に観光がてら大勢の人が足を運んだり、何億円もかけて探索したりするようにさえなるんです。(ネッシーによって実際に莫大なお金が動いたはずです)

 

そしてこの時の人の行動習性はライティングにおいてもすごく参考になると思います。

 

たとえば自分のブログでサプリを売ろうとする時は、「このサプリは〇〇が良いのでおススメです!」とその商品の情報に関する記事を読み手に提供しますよね。

 

ですが、読み手は別に親しくもない情報提供者の記事に初めは「本当に?」と疑ってかかります。

 

そこで、この読み手の心の壁を破るテクニックとしてよく使われているのが「口コミ」です。

 

「口コミ」を記事の中で登場させると、あらゆる方面(人たち)からの情報なので、読み手は「こんなにも賛同している人がいるんだ。じゃぁ本当かも・・」とスリーパー効果が働くんです。

 

つまり、いろんな人達がウワサすることで、賛同者(目撃者)が増えていったネス湖のネッシーのパターンと同じです。(*´ω`)

 

ただ読み手は誰が言ったか発信源も重要視するのでそれだけじゃまだ足りません。

 

そこで、そのサプリ紹介記事の「口コミ」にさらに、研究者や医者、インフルエンサーなど社会的に地位のある人のコメントを入れると、もっと信じやすくなります。

 

とくに日本人は権威性のある人の発言は敏感に反応してしまうので効果は抜群です。(アメリカハーバード大学の研究者の実験結果では・・なんて外国や学校の名前を出すと特に弱いです)

 

これはネッシーの時でも外科医を情報提供者として使ったことと同じ効果です。

 

そして、さいごに「外科医の写真」のようにサプリを飲むことによって効果があったことを証明する写真も添えると、読み手はたちまちサプリが欲しくなるんです(*´Д`)

 

この流れは、その他分野のビジネスでもすでにパターン化されています。

 

 

たとえば、新作映画。

 

よく公開直後は、映画に精通していると自負する複数の有名人を使い「これは今まで観たことないほど最高の名作!」みたいな口コミ的な発言を雑誌などで載せていますよね。

 

あれも、初めの情報では発信源が誰かが重要になってくるので「スリーパー効果」を期待したものです。

 

一方で、映画を見終わった直後の一般人に対しても突撃インタビューをして「めちゃくちゃ面白かったです!!」というコメントと興奮している姿を撮ってお茶の間に流します。

 

そして、最後に「満員御礼!!公開から第〇週目にはやくも○○万人突破!」というインパクトのあるコピーを添えます。

(今度こういう類のものを見かけたら注意してみてください。きっと中途半端な数字を使っていますから。数字の重要性についてはこちらで紹介したことがあります)

 

そうすることで、「この映画はむちゃくちゃ面白いに違いない!・・・明日行こっかな」となるのです(*´ω`)

 

このように「スリーパー効果」はビジネス(お金を稼ぐこと)と密接に関係しており、ち密に人間の心理に基づいて戦略が練られていることに気付きます。

 

ゆえに、人の心を震わせ、行動を起こさせることができるライティングにおいても、この視点は重要であり大いに活用していかないと読者様にとって損となります。

 

つまり、モノを売る記事を書く場合でも、決して感覚的に書くのではなく、これらの人間の心理に基づく行動習性をきちんと捉えて記事を書くとやはり成約率が高まるのです。(心理学って、ライティングとめちゃくちゃ密接に関係します)

 

まとめ 

最後までお疲れ様でした!

 

今回はスリーパー効果をご紹介しました。(かんたんにご紹介しようと思って書き始めたのですが、自分でも予想外に長文になってしまいました。申し訳ありません( ;∀;))

 

過去の歴史から紐解いても、接触回数が増えるほど、スリーパー効果がはたらき、人は信用してしまう傾向にあります。

 

これは、ブログにおいてもすごく重要な視点だと思います。 

 

普段自分がブログをみるときでも、結局ブログで選んでいるというよりも、キーワードで検索し、知りたい情報が載っていそうなブログを適当に開くことが多いですよね。 

 

たとえ読者様の書いた記事が読み手の検索意図を満足する記事だとしても、なかなかブログまでは覚えてくれません。

 

その中で、自分のブログを覚えてもらうには、訪れてきてくれた人に知りたい有益な情報を提供し、さらに記事を通じて

「なんかこの記事いいな」

「なんかこの人の言うこと気になるな」

「なんか他のブログと雰囲気違うな」

と思ってくれないといけません。

 

つまり、最初に訪れてくれた記事が良質であることは大前提として、そこをきっかけとして読み手にいろいろな記事を読んでもらい、

読み手と接触回数を増やすことが出来れば、自分のブログを信用してくれるようになります。

 

その結果、「このサイトは有益な情報が載ってるからいいな。読んでいて面白い。」というようにブログ自体を評価してくれるということになります。 

 

「ブログのデザインなどに凝る時間があるなら、それより1記事でも多くの有益な記事を投稿したほうがいい」

 

とよく言われるのはそういう理由です。(単純に役に立つ記事が多ければ接触回数も増えますからね(*’ω’*))

 

有益な記事を増やしていくことで、情報だけでなくブログ自体も記憶してもらえるという結果をもたらすのです。(ちなみに継続的に記事をアップすることも読み手との信頼関係を築く上ですごく重要です)

 

するとスリーパー効果が働き、情報発信者の信頼が高まり、結果として提供する他の情報も信用してくれます。

 

そして最終的にアフィリエイトする場合においても、べつに売り込みをかけなくても、情報発信者をすでに信用している状態なので、本当に良い商品を読み手に教えてあげれば、すんなりと購入してくれるのです(ここかなり重要です)

(アフェリエイトってセールスではなく紹介なんです。自分のブログがこの状況になれば本当に面白い展開が待っていますよ( *´艸`))

 

インターネットが充実し、もはや老若男女問わず使われるようになったこの時代において、

 

やはりこれからはますます個人と個人がより密接にダイレクトにつながり、信用を築き上げていくビジネスが主流になっていくのではと思います。

 

そしてブログもこれからはこういう関係性を築けるブログが求められると思います。

 

なぜなら、定期的に行われる最近のグーグルアップデートでは、過去に例がないほどめまぐるしく今変化しているからです。

 

記事の中身がスカスカなのに、SEOに頼った集客ばかりに依存しているブログは、アップデートの影響をもろに受け、ことごとく被弾(PV数が激減し収益がなくなること)しています(とくにブラックSEOは悲惨な状況です・・)

 

まだかろうじて影響を回避できている同じ戦略をとっているブログにおいても、今後はどうなっていくか予想できず戦々恐々と様子を伺っている状態です(汗)

 

読者様ならそんな気持ちで毎日ブログを運営していくことができますでしょうか?(汗)

 

僕なら絶対無理です。

 

いつ被弾するのかと絶えず悩む日々ならとても精神的にもちません・・・(汗)

 

だとしたら、この先はグーグルのアップデートに左右されない、SEO(PV数)に依存しないブログを目指すべきです。

 

そして、これからの時代は、自分のブログを読み手が気に入ってくれて、何度もリピートしてくれ、信用を築いていけるようなものが有利になってくると思います。

 

イメージとしては、差し当たり保険のおばちゃんのようなブログですかね(*´ω`)

 

つまり、

 

さりげなくお得な情報を伝えつつ、

 

取り留めもない世間話など積極的に行い、相手を楽しい気分にさせます。

 

時には、特典コンテンツや無料レポートなどちょっとしたプレゼントを贈り、相手を嬉しい気分にさせます。

 

たまに、自分の身の上の苦労話なども話し、相手の苦労もしっかりねぎらいつつ、共感し合います。

 

このように保険のおばちゃんの行動を抽象化し、ブログに落とし込めば方向性が見えてくるかもしれません。

 

見た目も美人で、説明もスマートな保険屋のお姉さんのような(デザインだけは良く説明書のような機能的価値ばっかりの)ブログより、

 

人懐っこくて誰からも好かれ、人間くさい保険屋のおばちゃんのような(ダサいデザインだけど感情的価値に溢れ、読んでいて楽しい)ブログがこれからは強いと思います。

 

いかに「ファン化」してもらえるか。

 

これからはそんなブログを目指すべきです。

 

それを実現するためにはやはり「ライティング」が最も重要になってきます。

 

いずれブログをはじめようと思っている読者様は、たしかに集客テクニックも大事だと思います。

 

ですが、これから先はそればかり気にしていてはいけないということをお伝えしつつ、

 

読者様の記憶にこの記事の情報源が頭の片隅に少しでも残して頂けることを期待して今回は終わりたいと思います(*´Д`)

 

ではでは、最後まで長々と読んで下さりありがとうございました。

 

ケント

 

TOPに戻る