スポンサーリンク

 

こんにちは。タンピルです。

 

ちょっとわくわくするようなニュースが飛び込んできました。

 

何やらソフトバンクグループの孫さんが私財を投じて育英財団なるものを設立したそうです。

 

 

代表理事孫正義からのメッセージ

世界はまもなくシンギュラリティの時代を迎え、高い志と異能を持って、新しい世界を創出していくリーダーが求められます。これまでの延長ではなく、改めて自分に向き合い、生涯をかけて登るべき山を見つけてほしい。新しい価値観・テクノロジー・刺激に触れることができる場、一流の志を持つ先輩や同年代の仲間との交流、スカラーシップや研究への助成など、私ができることをこの財団で精一杯提供していきます。未来を創る、大きな志を持った皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 「孫正義育英財団HPより抜粋  http://masason-foundation.org/」

 

 

その支援先とは

 

 

 

「ミライをつくる天才集団96名」

 

 

 

きっかけは身近なものからはじまる

 

 

選ばれたのは、候補1100人(すでに才能の塊たち)の中からさらに厳選した8歳~26歳までの若き天才96名。

 

今後1年間は準会員として活動し、正会員になると本格的に支援が受けられるとのこと。

 

一般的にはこの種の支援金は上限が決まっていることが多いらしいのですが、孫財団は今のところ上限を定めておらず、個別に判断していくそうです。

 

つまり「素晴らしい才能の支援額は青天井」ってこと。

 

さすがは孫さん。太っ腹。

 

しかし、そんな中で選ばれた最年少8歳っていったいどんな子なんだろって気になりませんか?

 

ちょっと調べてみると、

 

名前は中森 萌(なかもり もゆる)君。

 

目標は研究者になることで、世界の人々の役に立つ「非常識」なことを一刻も早く発見したいらしい。そのために、当面の目標はアメリカで飛び級して早く大学生になること。

 

目指すのが「非常識」なこと。着目点が天才すぎる。

 

数年後、誰もが当たり前のよのなかの常識を本当に変える存在になるかもしれませんね!

 

それにしても、8歳の目標と期限の設定が大人達よりも具体的すぎ(笑)

 

 

 

ほかにも

 

 

小学校6年の時に高校生相手に世界大会で優勝し天才プログラマーと称され、今は仮想通貨を扱う会社を経営している16歳。

 

自身も卵アレルギーの苦しみがきっかけで、食物アレルギーに関するアプリ「allergy」を開発した14歳。

 

などなど。

 

各自の圧倒的な若い才能に度肝を抜かれます(汗)

 

いつの時代も優れた種は若い世代なんだよね。きっと。

 

で、今回の財団設立のきっかけがとてもオモシロイ。

 

 

なんでも、孫さんはクイズ番組が大好きらしく日テレが年末に放送する「頭脳王」をたまたま見ていた時に(タンピルも実は大好きで毎回見ている番組です(^^ )

 

あまりにも優勝した東大生のパフォーマンスがすさまじく、その才能に驚嘆したそう。

 

でその後、すぐに「こいつに会いたい!」と思ったらしく幹部に速攻連絡し、本人の連絡先を調べさせ本当に直接会いに行ったらしいです (笑)

 

で、会った瞬間「おい!おまえすごいな~!」って。

 

そこでもやっぱり話が盛り上がり、才能に感銘を受け今回の設立に至ったみたいですね。

 

ちなみに「孫正義育英財団」の募集要項はこちら。

 

参考URL : http://masason-foundation.org/requirements/

 

応募資格に相応しい若者がお知り合いにいたらぜひ。

 

ジャニーズのあるあるネタじゃないですがあなたの推薦が日本のミライを変えるかも!?

 

きっかけは身近なところから始まると思います。

 

まず一歩踏み出すことが大切ですね!

 

子どもの可能性は本当に無限大

 

まずはやる気スイッチを押してあげることも大切ですよね

 

それにしてもあの地位にいながら衰えない好奇心と本気で日本を変えようとしている行動力。

 

やっぱり孫さんこそが異才です。

 

 

記事のつづき

「孫正義財団に採用されなかった残りの天才1004人が世界を変えるかもしれない」

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

タンピル

 

 

 

 

スポンサーリンク