記事作成における「メリット・デメリット」のテクニックについて

 

ちょっとオシャレして出かける必要があったので、髪型をセットし、フンフン~♬と鼻歌交じりでセット力の強いヘアスプレーを「シューー」と頭に吹きかけたのですが、その後でスプレーを見たらデオドラントスプレーでした・・・。

どうりで妙に頭から良い香りが漂ってきた訳です(;´・ω・)(これって結果オーライでしょうか?)

 

さて、気を取り直して(笑)

読者様もライターさんなら、記事作成において一度は「メリット・デメリット」について書いたことはあるのではないのでしょうか?

「・・・以上メリットはこの3つでした!でも、実はデメリットもあるんです。それがこちらです!ホニャララ・・・」

という流れだと思います。

ですがその時、ふとこう思ったことありませんか?

 

「メリットとデメリット、どっちを先に言えばいいんだろう・・・」

 

そこで、今回はライターさんが最もよく使う言い回しテクニックの一つ「メリット・デメリット」についてお伝えしますね。

実はちゃーんと使い分けるべきなんです。

まずは「デメリット」について考えてみよう

「デメリット」っていわゆる欠点であり、出来ることならあまり言いたくない内容ですよね?

なぜなら「メリット」をお伝えしたほうが書いているほうも断然楽しいし、気が楽だからです。(何事も褒めるより批判する方が実はパワーが要ります(汗))

まず最初に結論からお伝えすると、「デメリット」は、読者様が読み手に何を伝えたいのかによって順番が変わります。

もっと分かりやすく言うと、読み手に気分良くなって欲しいのか、それとも行動をして欲しいのかによって違います。

読み手に気分良くなって欲しい時は

たとえば、「そのあなたの〇〇が、実はデメリットなんです」と読み手の行動や考え方に対して否定的にどこかのタイミングで言わなくてはいけない時もあります。

この場合、読み手に気分良く記事を読み進めて欲しいのなら、

 

断然「デメリット」を先に言うべきです。

 

なぜなら、人は経験上、無意識レベルで物事には必ず「メリット」と「デメリット」が存在することはすでに認識できており、自分がショックを与えられるような悪い話は早く教えて欲しいと思うからです。

ところが逆に、ライターさんが「デメリット」を伝える時は、「メリット」よりも伝えにくい「デメリット」を後回しにする傾向にあります。

これは、ライターさんもやはり人間なので、無意識レベルで悪い事はなるべく伝えたくないという心理が働いていることも原因の一つだと思います。

「そういえば、ほとんどの記事がメリットの方を先に説明しているな・・・」と今思った読者様も多いのではないのでしょうか。

ですが、これが落とし穴でして、「短期的な先延ばし現象」が起きてしまうと、かえって読み手は記事の印象が悪くなるんです(汗)

 

【ポイント】

読み手に気分良く読み進めてもらいたい場合は、「メリット」よりも先に「デメリット」から伝える

 

「・・・以上デメリットはこの3つでした!でも、実はメリットがすごいんです。それがこちらです!ホニャララ・・・」

「デメリット」から伝える記事は実は希少です。

そこから上手く展開できれば、読み手に好印象を与えることができるのでもし良かったら次回の機会に試してみてくださいね♪

 

読み手に行動を促したいときは

「デメリット」を先に提示すると、読み手の気分を害することなく気分良く読み進めてもらえるわけですが、その一方で、読み手にマイナスの感情を抱かせるのは別に悪いことではなく、実はとても大切です。

理由は、普通の人ならそこから改善しようと思えるからです。

 

マイナスがあるからプラスの感情につながり、次の努力につながるんです。

 

つまり、読み手にこのマイナスの感情を一旦持って頂くことで、改善への行動が見込める可能性が出てくるのです。(ここさりげなく重要です。これが容易に誘導できるようになるとアフェリエイトでも大きな収益につながります(^^))

この場合、読み手に行動を促したいのであれば、

 

断然「メリット」を先に言うべきです。

 

なぜなら、最初に「メリット」をお伝えし、「明るい希望の未来」をイメージしてもらいつつ、その後で「デメリット」をお伝えすれば、人間の心理として読み手は「デメリット」を改善し、一度イメージできた未来を手に入れたいと思うものだからです。

 

この場合は「感情的価値」がキーポイントになります。詳しくはこちらで説明しています。

 

その後で、さらに「デメリット」を解決できる有益な情報を教えてあげれば、とても満足度の高い記事が出来上がります。

結果として最後に読み手の欲求や価値観を満たすアフェリエイト商品を紹介してあげれば、行動を起こしてくれる可能性も高まりますよね(^^)

ちなみに、「メリット」や「デメリット」がたくさんあるケースもあるかと思います。

そんな時は、「メリット」を最初に述べた後に、「デメリット」を一旦入れ、最後にまた「メリット」を述べると良いと思います。

これが最も読み手の気分が良くなる型だと思います。

 

メリット

デメリット

メリット

 

「デメリット」を、「メリット」で上下から優しく包み込むハンバーガーのような記事が読み手にとって最高に美味いんです(笑)

美味いから読み手も前向きになれるんです。

なんだかこの絵を見ていると、「デメリット」って実は美味しい具材に見えてきませんか?(これがデメリットの真実です)

 

おいしい食事、

これがみんなを喜ばす秘訣ね。

マージョリー・キナン・ロウリングス

この言葉は、記事においても言えることかもしれませんね。

 

この記事を書いている時はちょうど僕の大好きな高校野球が始まりましたヽ(´ー`)ノ

うだる熱い夏の昼下がりも息白む寒い早朝の冬も汗水垂らして必死で何年間も積み重ねてきた彼らが、一発勝負の戦いに挑む姿に素直に感動します。

 

医者の友人と話していた時にこんな興味深い話を聞かせてくれました。

医者は、患者さんの診断結果に対し、時に残酷な内容を伝えることももちろんあります。

その時に、「悪い結果」を最後に患者さんにお伝えした方が、改善に繋がりやすくなるそうです。

もちろんその後で、適切な治療法を提案し、励ましやアドバイスは欠かせませんが、結果として、患者は前向きな行動を起こしてくれるのだと言っていました。

逆に、最後に「良い結果」をお伝えすると、患者は全体的に良くなったような気がしてしまい、なかなか行動を起こさず改善につながらないことも多いそうです。

 

これって、記事における「メリット・デメリット」の関係と一緒です。

 

あと、ガン告知の話を例にあげると、家族が「本人だけには伝えないでください」という話もよく聞きますよね?でも、実は患者本人は悪い結果でも90%以上の人たちは真実をちゃんと伝えて欲しいと思っているそうです。

 

もちろん、家族のこの懇願は、本人を思いやる気持ちもあるかと思います。

ただ、深層心理では悪い結果を伝えることが怖くて「短期的な先延ばし現象」に陥っているのかもしれません。

そして、当の患者本人は実際はそう望んではいないのです。

 

これもライターさんの心理において、書く記事も「デメリット」よりも「メリット」を先に述べてしまう事とすごくよく似ていると思います。

 

でも、それは当然かもしれません。

 

なぜなら、ライターの記事作成においても、医師の医療診断においても相手との会話であり、そこには人間の心理的欲求がすごく関係しているからです。(ゆえに心理学を学ぶとすごくライティングに役立ちます)

 

読み手の心理的欲求とライディングの可能性について

 

人間の心理的欲求は、「快楽の追求」あるいは「苦しみや不安からの逃避」の二つしかありません。

そして、「快楽の追求」においても突きつめると、深層心理で実は「苦しみや不安からの逃避」だったりします。(みんなで楽しく飲むお酒の席で羽目を外しグデングデンになる人も実は快楽ではなく毎日の苦しみや不安からの現実逃避かもしれませんね(*´ω`))

ただ人間の素晴らしいところは、苦しくても不安でも決して自分を諦めないということです。

希望を見出す事が出来れば解決するために努力してみようかなと前向きに思えるところです。

そして、そのきっかけはふいに訪れます。

「まさか、あの時の言葉に感銘を受け、勇気を出して行動したことが、こんな素晴らしい結果につながるとは思いませんでした」っていうフレーズは読者様も何度も今まで聞いたことがあるかと思います。

「感銘を受けたあの時の言葉」は、自分の近しい先輩、尊敬できる偉人、大切な恋人など、様々だと思います。

 

ただ、ライターが記事を通じて読み手に伝える言葉も、読み手の人生を素晴らしいものに変える可能性を秘めていると思います。

 

言ってしまえば、その読み手の人生を素晴らしいものに変えることもできると思います。

だから、僕はライティングって素晴らしいと思うんです。

なので読者様も、時には手を動かし続けるのがシンドイと思う時があるかもしれませんが、ぜひ諦めずにライティングに取り組んでくださいね(^^)

頑張って続けていれば、かならずその想いは誰かに届き、きっといつか行動してもらえる日が来ると思います。

 

「デメリット」っていわゆる欠点であり、出来ることならあまり言いたくない内容ですよね?

 

これは今回の冒頭で読者様に問いかけた僕の言葉ですが、「デメリット」って伝える側もなるべくなら言いたくないですよね。

できれば「メリット」だけをお伝えして、読み手に良い気分のまま帰って頂ければ、お互いが気持ちよく終われます。

ですが、リアルな世界に置き換えて考えてみてください。

本当に大切な人なら、読者様もきちんと「デメリット」の真実を伝えてあげようって思いませんか?

ネットの世界におけるライターと読み手の関係性も、僕はリアルの世界と一緒だと思います。

実は信頼関係を築くきっかけは決して「メリット」ではなく「デメリット」なのかもしれません。

どうか「デメリット」を大事にして記事作成に取り組んでみてくださいね。

 

最後まで今回も読んで下さりありがとうございました。

 

TOPに戻る