【書人Nao】世界中どこからでも発信できるライターになってみませんか?

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

はじめまして!

海外在住、新米ライターのNaoと申します。

 

今のところ、ケントさんのチームに加入してから3カ月ぐらいになります。

今日は、初めて自分の人生を振り返った内容の記事を書こうとしていて、ちょっぴりドキドキしていますが、最後までお付き合いいただけると嬉しいです♪

 

  • ケントさんと出会うまでの人生
  • ライターになろうと思った理由
  • ケントさんのチームに加入するまでの経緯
  • チームに加入して変わったこと
  • ライターとしての自分の変化

 

そんなことを綴っていきます。

 

今からライターになろうと試みている方たちに、こんな変わった人でもライターになれるんだ?と思ってもらえれば・・・(笑)。

 

 

何でも興味津々♪怖いものなしのティーン時代を経て

 

いやいや・・・昔を振り返ってみると、将来に対してなんの不安もない頭の中がお花畑の小娘でしたね・・・。

 

好きな物には突っ走る!特に服が大好き!!

 

高校生でアルバイトを始めて稼いだお金や、お年玉はほとんど服に使っていました( ;∀;)!

当時(ご想像にお任せします)はDCブランドなんかが流行っていて、欲しいものが近場になくてはるばる東京まで行ったこともありました。

 

私の祖母は洋裁が好きで、よく一緒に服を縫ったりしていたので、その影響も大きかったと思います。

自然と、将来はファッション関係の仕事に就くんだ!と思うようになっていましたね。

卒業文集にも、堂々と「夢はファッションデザイナー」と書いていました(笑)。

 

数年経って、晴れてアパレル企業で働くことが叶いました。

そして・・・ファッションと言えば = イギリス・ロンドン♪

 

漫画「ご近所物語」をご存知でしょうか?

主人公が最後、ファッションショーでグランプリを獲った後、ロンドンでファッションを学ぶことになるんです。

そんなサクセスストーリーにも感化され、ファッションならロンドン行かなきゃ!と、留学を決意したのでした。

 

しかし、ファッションに携わりながら、ロンドン留学に必要な費用を貯めることが私にはできませんでした

どうしても服と携わる仕事をしていることで、流行りの服を身に着ける必要があったり、物欲にかられてしまったり・・・。

 

そこで思い切って、転職することにしたのです。

転職先は実家から徒歩圏内の事務職。

交通費もランチ代もかからない、制服付きの服代いらずで貯金するにはピッタリでした。

 

やっとこさ目標額を貯金した後、私はロンドンへ発ち英語を学ぶ語学学生となりました。

英語を学びながらロンドンで感性を磨き、日本に帰国したらファッション業界でその経験を活かすんだ!と意気込んでいたものの・・・。

現実はそう甘くはなかったのです・・・。

 

 

こんなはずじゃなかった!イギリス就労時代

 

ロンドンでは学生をしながらパートでアルバイトをしていたのですが、ありがたいことに職場から就労ビザのオファーが舞い込んできました。

学生ビザは当時1年のみ取得可能で、毎年学費を払いながら更新する必要があったのです。

 

その点就労ビザは、取得してしまえば5年働く事ができました。

今ではイギリスは移民を減らしたい一方なので、日本人がビザを取得してイギリスで就労することがすごく難しくなっています。

それを今思うと、本当にありがたいお話でした。

 

しかし、甘ちゃんだった私は、そのありがたみを今ほど実感することができなかったのです。

 

まず、職種がファッションとまったく関係のないこと。

一度就労ビザを取得したら、ビザの有効期間中は職種を変更してはいけない決まりでした。

 

ではなぜ就労ビザのオファーを受けたのかというと・・・。

 

私にはイギリスで出会った外国人の彼氏がいました。

しかし彼の国籍では、新しくビザを取得しなければイギリスに残ることができなかったため、思いついたのです。

 

「私と結婚したら、ビザがもれなく付いてくるよ~!(^^)!」と。

 

当時イギリスでは、就労ビザ保持者と結婚すると、就労ビザ保持者である配偶者のビザ有効期限までイギリスに滞在・労働できたのです。

そんなこんなで彼のビザの有効期限も迫っていたので、駆け足で結婚することに。

 

それからが暗黒時代への幕開けです・・・。

 

国際結婚にありがちな文化や価値観の違いからの衝突、慣れないイギリスでの社畜生活・・・。

 

「わたし、なんでここにいるんだろう?何しにイギリスに来たのだろう?わたしのやりたいこと(ファッション)はどこ?」

「こんなはずじゃなかったー!!」

と、どんどんネガティブな思考が襲ってきてしまったのです。

 

もう全て嫌になってしまい、そうだ!日本に帰って英語を活かした仕事をしよう!と思いつき、児童英語教師の資格のコースを受けたりもしました。

その頃はもう、1人ではなく2人での生活が始まっていたので、ファッションがどうとかと言っている余裕がなくなっていました。

 

そして、どんどんやりたいことで稼ぐことを忘れるようになっていきました・・・。

 

しかしその後、結局イギリスに残った私は、辛かった仕事と家庭の両立も年月が経つごとに慣れていき、少しずつ苦痛が和らいでいきました。

長期休暇では趣味の海外旅行に出かけたり、マーケットでアンティークに目覚めたり、ロンドンの流行りのレストランやカフェに行ったり、パブで酔っ払ったり(笑)・・・。

平凡でもまぁまぁ幸せかも、と思えるようになりました。

 

そして、私たち夫婦は次なるステージを目指すことになるのです。

 

世界中どこにいても稼げるようになりたい!

 

イギリスで私たち夫婦は、仕事にプライベートにと忙しい日々を過ごしていました。

私は就労ビザ5年満期を迎え、永住権を取得することができ、彼もイギリス国籍を取得することができました。

 

そう、永住権を取ってしまえばどこでもどんな仕事でも良いのです。

いっそ働かなくてもイギリスにいれるわけです。

 

「やったー!これでビザの縛りなく仕事ができる!」

 

そう思った時、またファッション関係の仕事に就きたいと思うようになりました。

しかし、彼にそのことを相談すると、よく考えた方がいいんじゃないか、と・・・。

 

せっかく今まで仕事を頑張ってきて、そこで築いた評価や人間関係、人脈もあるのに、全く関係のない職種に転身するのはどうなのか、と。

 

そして一番のネックは、お給料のことでした。

長く勤めていただけに、お給料も上昇しており、異業種に転職し一からスタートすることで減給は避けられませんでした。

 

どうしてそこまでお給料にこだわるのかというと、彼の母国に不動産を所有したいという目標もあり、そこを目指す場合少しでも貯金を増やしたいと思ったのです。

 

結局私はまたもやファッション関係の仕事に就くことをあきらめ、同業種で働き貯金したお金で不動産を購入します。

 

不動産の管理もあってそれからは、彼の母国とイギリスを行き来する生活が始まり、夫婦間でこんな話をするようになりました。

「1年のうち半分は彼の母国、あと半分はイギリスに住んでちょっと日本にも住む♪」

 

「ちょっとちょっと、ナメてるの??そんな都合のいいことができるわけない!」

世間からはそう思われるでしょう。

 

しかし、数年たった今、結果的に少しずつ近づけているんです。

 

イギリスで築いた評価と人脈のおかげで、数カ月イギリスへ戻る際にも「うち人手足りてないから手伝ってー!」と声をかけてもらえるようになり、いつでも仕事を再開できています。

 

彼の母国では、通貨安によりイギリスの通貨ポンドで支払いをすることで、生活費を賄えています。

残念ながら日本へはまだ休暇程度でしか滞在できていないので、いずれ日本に数カ月住むなんてことも挑戦したいと思っています。

 

しかし次なる問題が・・・通貨安とはいえ、彼の母国での生活はこのままずっとイギリスで稼いだポンドに頼っていていいの?と不安に思うようになりました。

世界情勢もどのように変化するかわかりません。

大きな出来事が起きて、国と国を自由に行き来できない時のことも想定しなければいけません。

 

彼の母国にいながらお金を稼ぐことを考え始めなければ!と思うようになった矢先・・・考えたことは3つ。

  • 通貨
  • 場所と時間
  • 働き方

 

まず「通貨」。

通貨安の国でお給料をもらうよりも、通貨高のイギリスでも日本でも働いてお給料をもらうことができるんだから、それを活用できないか・・・?

 

そして「場所・時間」。

どうにか彼の母国にいながら時差を気にすることなく働く方法はないものか・・・?

 

最後に「働き方」。

1年のうちに国を渡り歩くとなると、どこか一か所で就職するのは無理に等しいかも・・・。

 

ならばフリーランス+インターネットは?

 

そこでついにインターネット環境の中で仕事をしたい!に行き着いたのです。

 

まず思いついたのが、物販

イギリスに住み始めてアンティークが大好きになり、日本人向けにインターネットショップを開きたいと思ったのです。

 

しかし、それはどこにいてもできるものなの・・・?

 

イギリスで仕入れ → 日本に送る

それはイギリスならできることです。

 

じゃぁ彼の母国にいるときは・・・?

 

「彼の母国で仕入れたものを日本に送る」

それで実現可能かもしれません。

 

しかし、仕入れるもののカテゴリーが変わってしまったり、せっかくお客様がついても「今はイギリスにいないのでご希望のものはお送りできません」なんて無責任なことになり兼ねません。

 

ということで、今は物販を始める時期ではないと思い、他に何かインターネットで稼げるいい方法はないかと模索しはじめました。

 

そこで行き着いたものが、海外にいながら日本のクライアントと仕事ができる、クラウドソーシングサービス・ランサーズでした。

 

 

ランサーズにチャレンジしてみて

 

ランサーズでは、タスク案件、いわゆる簡単なアンケートやレビュー記事などからはじめて、まずはランサーズの仕組み、システムに慣れることにフォーカスしました。

報酬は少額でも、「日本円がもらえる」というだけですごくテンションが上がりましたね。

 

日本円がもらえることだけでなく、仕事内容もやってみると、意外に楽しくて続けることができました。

 

その後、次のステップへ進まなければと思うようになり、ある日、ランサーズのプロジェクト案件に応募してみました。

 

それはブログ記事を書く案件だったのですが、初心者OKに目がくらんで基本的なことすら知らないまま、飛び込んでしまいました

 

クライアントの方には、「構成ができた時点で相談してくださいね~」と言われていたのに、8割くらい仕上げたところで提出してしまい、修正だらけでご迷惑をかけてしまったのです。

 

その頃、「構成、大見出し、小見出し」などの基本ルールや、その他ライティングに必要なことも知らないままでした・・・。

 

「これではいかん!!」

 

そこで、しっかりとライティングの基礎を学び、自信をつけた上でプロジェクト案件に応募したいと思い始めるのです。

 

そこで目にした応募内容が・・・

ケントさんの「主婦大歓迎!初心者OK!ライティングを学びませんか?」

 

なになに??学びながら報酬がいただけるなんて私にピッタリかも♪

 

 

ケントさんのチームに加わってからの変化

 

ケントさんは、現時点で100名近くものライターメンバーを束ねておられ、チャットワークの共通部屋ではメンバー全員がチャットでやり取りできる仕組みを形成されています。

 

そのメンバーが、各自色々なサイトで記事を書いたり、サイト運営に関わったりしているわけです。

そして各サイトごとにチャットワークの部屋があり、「報・連・相」がスムーズに行えるようになっています。

 

チャットワークの他には、スプレッドシートで各自の記事数やマニュアルを全員と共有できたりと、始めたばかりの頃そのシステムの完成度にビックリしたことを覚えています。

 

「すごい!インターネット上でこんな働き方が存在するんだ!」

 

私の中の会社構造のイメージを180°変えるものでした。

 

実は最初は、会ったことも話したこともない誰かと一緒に、仕事をしたりすることにすごく抵抗があったんですよね。

 

「会って面と向かって話をしないのに伝わるのかな、伝えてもらえるのかな?」と。

 

しかし、そんな不安はすぐに吹っ飛びました!

とにかくケントさん始め、メンバーの皆さまがお優しい・・・(T_T)。

 

それは文章からしか感じ取ることができないのですが、文章だからこそ人柄が現れるんだな、と気づいたのです。

 

私にとって大きな発見であり、それから記事を書くこと以外に、「文章で人に伝える」という基本的なことを見直すきっかけになりました。

ちょっとしたチャットのやりとりの中でも、相手を気遣ったり、説明不足かもしれないと思えば解りやすく言い換えたり。

 

今ではチャット内でのやりとりも、抵抗なく楽しくメンバーさんと関わることができています♪

 

 

ライターとしての自分の変化

 

肝心なお仕事内容はというと・・・

 

  • 記事を書く上でのリサーチ
  • 構成や見出し
  • ワードプレス
  • 記事の執筆ルール
  • SEO対策

 

などなど、覚えることはいっぱいです。

 

しかし、どんどんたくさんのことが学べてとっても充実しているんです!

 

まず凄腕先輩ライター兼添削者さんたちがいることで、自分の記事に対しての改善点や反省点に気づくことができます

 

他のメンバーさんの記事や添削者さんのコメントもチャットワーク内で確認できるため、他の人の記事に目を通し、それがどう修正・添削されるかを知ることで更に学べるんです。

 

そして他のメンバーさんの記事に対してコメントをすることで、アウトプットになり、それが自分へのスキルアップに繋がっていく、というなんとも贅沢な環境でお仕事できています♪

 

書きはじめの頃は、1記事を仕上げるのに何日もかかっていて、1記事書き終えた時にはどっと疲れが・・・。

日々の生活の中でも、納期が近づいてくるとソワソワしてしまって、他事をしている時も記事のことをずっと考えていました。

 

空いた時間さえあれば記事を書きたいと思うあまり、夫とゆっくり映画を見たりなんていう時間さえ勿体なく感じていました。

 

それが記事数を重ねるうちに、効率のいい書き方が身に付き、少しずつ自分に余裕が出てくるようになったのです。

今ではライティングに当てられる時間をうまく配分して、普段の生活とのバランスが取れるようになってきました。

 

そしてそして、今では記事を書くことだけでなく、願ってもみなかったサイト運営にまで関わることができています。

 

それは紛れもなく、ケントさんとメンバーさんの温かいサポートがあってのことです。

 

ケントさんは仰います。

 

「ひとりだと不可能なことが、同じところを目指すたくさんの人が集まれば実現可能なんだ」と。

 

ここではライター一個人だけではなく、チームとしてみんなで向上していける環境が整えられているんです!

 

 

なりたい自分へ一歩近づけたかも?!

 

ケントさんのチームに加わってから早3カ月が経とうとしています。

 

ライターを目指したそもそもの動機は、「国を超えていつでもどこでも働ける環境が欲しい!」

 

ああ、なんだ、ホントに実現できちゃうんだ・・・。

 

それを今、しみじみと実感しています・・・( *´艸`)。

 

日本との時差はあっても、チャットワークでコンスタントにメンバーさんと連絡を取り合えることで時間の制約はありません。

インターネットがあれば作業ができるので、時には海辺のホテルにパソコンを持っていき、WiFiに繋げて記事を書くこともあります。

 

まだまだチームの中では新米な私。

学ばなきゃいけないことや、足りない部分も多いです。

 

でも今とっても幸せなんです。

 

自分の未熟さに気づいてへこむことがあっても、大人になって未熟さを気づける環境があるなんてありがたいことです。

ケントさんやメンバーさんがいてくれるから、皆さんの力で押し上げてもらってる感覚ですね。

 

記事を書けるって、素晴らしいことなんです。

 

自分に興味のなかったことや、知識のなかったことでもしっかりとしたリサーチをすれば、専門的な記事が書けるようになり、人の役に立つことができます。

そして自分が頑張って勉強して得た知識や、興味のあること、経験、役立つことなど文字を通して世界中の人に発信できるのですから。

 

忘れかけていたファッションのことも(結局いつまでもこだわっている(-“-))、いつか世界に発信できる時が来るかもしれません。

 

そう思うと、やりたいことがどんどん湧いてきて、ワクワクが止まりません!

 

だから、これからもどんどんケントさんのチームでたくさん挑戦させていただき、「いつでもどこからでも発信できる自分」に近づきたいと思っています♪

 

あなたも充実と学びに溢れた日々を過ごしながら、最高のメンバーと一緒に成長していきませんか?

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

TOPに戻る