【書人渡辺】忙しくて前向きなこの環境で

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

こんにちは!

渡辺と申します。

私はこのサイトでライティングを始めて、3ヵ月に満たない新米です(年齢は上の方だと思います)。

全体の仕組みは大きすぎてよく分かっていませんが、私の居る環境を紹介させて頂きます。

 

仕事を覚える理想の環境はこんなところ

 

こんな環境で仕事を覚えたことがありますか?

間違いを的確に指摘され、解決策を教えてもらい、できていることを褒められ、励まされたうえで、修正の時間をもらう。

無理な課題は与えられず、力が付けばそれに応じて求められるレベルが上がっていく…。

私はこのライティングチームがそういう場所だと思っています。

チームの全員が忙しい主婦の方々で、その忙しさの理由と重要さを充分理解しているからだと思います。

 

約3ヵ月前の私にとって、最初の大難関は、なんとワードプレスに入ることでした。

パスワードをコピペするやり方を難しいと感じた私は1文字ずつ入力しました。

入力ミスのためか、何回かログインからはじかれ24時間ログインを試すこともできないという状態になってしまったのです。

その時は、自分にはやっぱり無理なのか、失格ではないのかと不安でした。

でも、チームリーダーさんが「私もやったことがあります」と言ってくれたのです。

ケントさんは何でもない様子で「では24時間待って、またやってみて下さい」と答えて下さいました。

少し拍子抜けしましたが、ほっとしました。

 

記事を書き始めてからも、プレビュー画面から編集しようと格闘したり、ダウンロードした写真にいきなり文字を入れようとしたり、無理なことをして恐ろしいほどの時間を使いました。

そんな失敗でさえも、ばかにされることもなく、ただ教えてもらい、励ましてもらいました。

 

ライティングを始めたきっかけはYou Tube!

 

今の仕事を辞めて、カウンセラーになろうと勉強をしている中で、独立して収入を得ることの難しさをよく耳にします。

自分を売り出す能力が必要だと言われているので、ブログかツイッターがいいのだろうかと検索をしていると、You Tubeで「副業でライティングを考えているなら、勉強するよりまず始めてみよう」という内容の(若者の)動画を目にしたのです。

そのままランサーズに登録し、おそるおそる応募し、こちらのチームでお世話になることになりました。

 

自分のカウンセリングを宣伝するためのスキルと共に、色々なことが学べそうだと思ったのです。

 

カウンセリングスクールと放送大学

 

 

カウンセリングスクールには2年半ほど前から通うようになりました。

スクールは数多くあり、3件目の今ようやく納得できる場所が見つかったと感じています。

そのスクールでは常に自己一致が求められます。

自己一致とは本当の自分と、こうありたい自分が一致している状態のことす。

完全に一致できるものではないのですが、不一致を意識してそれに対応できるようになることを目指します。

そうすると、知らないのに見栄を張って知っているふりをしたり、相手の感情に対して責任を取らなければならないと感じて苦しんだり、ということがなくなり人生が楽になります。

 

この自己一致の感覚が、今のライティングチームにはあるように思います。

考えてみると、人が本気で成長したいと思うとき、見栄を張って知っているふりをしたり、人の力を本気で伸ばそうとするとき、相手の気分を害することが心配で指導できないなんてことは起きないのですね。

 

カウンセリングスクールに通うだけで充分な知識を身につけるのは金額的にも難しいと感じ、放送大学で心理のコースを選択することにしました。

私は大学を出ていないため、卒業資格を取ると同時に認定心理士の資格も取れるという仕組みにもひかれました。。

 

放送大学は2年目になりますが、順調に単位を取ることができています。

 

最近、講義の一つ「家族の問題と家族支援」の中で、DVについて勉強したことをきっかけに、1つ吹っ切れました。

暴力の種類と題された一覧に、殴る蹴るなどと並んで、「大声で怒鳴る、無視する、借金をさせる」という言葉が並んでいるの見て、私はDVを受けていたのだと納得したからです。

 

離婚と新しい生活の中で

 

約3年前、私は20数年続いた結婚生活を解消し、娘と2人暮らしを始めました。

当初は娘に対する元夫の言動に危機感を持ち、娘のために離婚したと思っていました。

しかし2人での生活が落ち着くにつれ、私が離婚を必要としていた。娘のおかげで決断ができたと感謝するようになって行きました。

それと共に「娘をちゃんと守っていなかった」自分を、どう捉えてやってゆけば良いのかと落ち着かない気持ちになりました。

カウンセリングスクールで心について勉強しようと思ったのはこの頃です。

 

そして、スクールでのトレーニングと放送大学の勉強の中に、自分の人生へのヒントをたくさん見つけられるようになっていきました。

例えば教材に、夫が子供を虐待しているのに、止めることも一緒に逃げることもできなかった女性の例がありました。

彼女は夫からDVを受けていたため、思考停止の状態にあり適正な判断ができませんでした。

 

私は極端な暴力を受けていた訳ではありませんが、腕力や社会的な力(偽物でしたが)を見せつけられ、押したり引いたりの駆け引きのような気持ちの悪い束縛の中で、判断力を失っていました。

 

その頃の私は、月の半分くらいは大量の不正出血があり、貧血で膀胱炎で胃炎で毎朝下痢で副鼻腔炎で、という状態でした。

職場での人間関係も悪く、休日は溜まった家事の合間に、だるくなって仮眠を取るだけです。

それでも自分が病気だと気付いていませんでした。

 

そして、良い妻であり良い母であろうとしていました。

実際私は、フルタイムで働き収入はすべて家計に使っていました。

娘のことも大事に思っていましたし、家事はすべて一人でこなし、料理はできる限りおいしく体に良いものを作っていました。

 

でもあの頃、娘は食事に味を感じていなかったし、それを親に伝えることもできなかったそうです。

私は娘に過大な期待をかけて、強いプレッシャーを与えていました。

つまり、わが娘は明るくて、友達がたくさんいて、勉強ができて、習い事でも優秀で、お父さんを怒らせないべきだと思っていました。

 

娘にとっては、理不尽な大人2人と暮らす、本当につらい年月だったと思います。

 

離婚の後でも、娘は私を完全に信用してくれた訳ではありませんが、徐々に信頼関係を築き直しているところです。

今は、お互いまあまあ楽しい家庭生活が送れていると思います。

 

これからの私

 

このごろ、自分の顔が変わってきたのが分かります。

子供のころ好きだった人や好きだったことをたくさん思い出し、心の声に従って行動していたころの自信を再び感じたからです。

それは、忘れたほうが生きて行きやすいと誤解して、意識の下に隠していたものです。

 

私はどちらかと言えば口数の少ない子供でしたが、田舎の町を自由に歩き、手仕事や動植物の世話をしている大人に、何か教えてもらうのが大好きでした。

今では、田んぼのあぜ道をどんどん歩く小さな私を俯瞰した光景を、いつでも思い浮かべることが出来ます。

 

そして自分の人生を大切なものとして、設計し直してみました。

今の仕事を定年まで続けられたとしても、その後の生活が成り立たないことも意識するようになりました。

少しずつ勉強してきたカウンセリングを、生活や職場での経験を活かして仕事にすること、そして仕事は複数持つこと。

家賃が安く、草木の緑の楽しめる場所に移ること、それらが今考えている計画です。

 

ライティングの世界に触れたおかげで、自分をアピールする力は、とても大切なスキルだと思えるようになりました。

 

そして、書くことは心に落とすこと。

自分の奥の本来の自分との交信を二度と絶たないようにするためにも、ライティングは続けていきたいと思います。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

TOPに戻る