誰でも「レアカード」になれるライティングスキルの鍛え方

今回はとてもマニアックなお話です。分かる人には「なるほど!」と思って頂けるかもしれませんが、正直全くピンと来ない人もいるかもしれません(汗)興味ある人だけ読み進めてみてください・・・

 

以前、読者様に記事とグーグルの関係性を考えると「オリジナリティ」がこれからは重要になってくることをお伝えしたくて、「オリジナリティ」を発揮するために必要な「ある重要な考え」をご紹介しました。

この記事でお伝えしたかったことは、キーワードが同じでも、「視点」を変えることで周りの記事よりも「オリジナリティ」が発揮できるとクリック率も上がり、グーグルからも評価されるということでした。

そして、「キーワード」に頼り過ぎたタイトルだけではやはりダメで、これからの時代は、本当に質の良い記事を読者様に提供することこそ、グーグルにも認められる方法だということもご紹介しました。

これからは無機質な情報だけの「機能的価値」より、より人間らしい「感情的価値」を盛り込んだ記事が大切であり、「自分の感想」​や 「自分の成功や失敗の経験談」​を入れると他の人は真似できない世界に一つだけのオリジナル記事が出来るため、これが真似されない、 自分しか書けない「オリジナリティ」がある記事の作り方であると僕は思います。

さらに、記事には必須の考えである「FAB」に「ストーリー」を盛り込むとさらに読み手を惹きつけることができることもご紹介しました。

今はクライアントの立場で数多くのライターさんとサイト作りに取り組んでいる僕も、かつてはクライアント様の下で駆け出しのライターとしてライティングに取り組んでいました。

その時にこの「オリジナリティ」「ストーリー」の大切さはすごく実感していました。

ただ、欲張りな僕は、さらに唯一無二の自分にしか書けない記事がどうやったら出来るかを当時よく考えていました(かなりおこがましいですよね笑)

なぜなら感情的価値の高い「オリジナリティ」記事や読み手を惹きつけることができる「ストーリー」記事はライティングの経験を積めば、言葉は悪いですが誰でも書けるようになると思ったからです。

さらにもう一段階上のレベルの記事がどうやったら書けるようになるのか・・・。

そこで行き着いたのが「オリジナリティとストーリーを掛け合わせる練習」です。

この大切な2つの概念「オリジナリティ」×「ストーリー」を掛け合わせることを常日頃から独自に取り組んでいけば、誰にも本当に真似できない記事が書けるようになるんじゃないかと思ったんです。

つまり、「オリジナルストーリー」を書くトレーニングをしていたんです。

具体的には、全く異なる「キーワード」と「キーワード」をあえて掛け合わせ、そこから「オリジナルストーリー」が書けないだろうかと想像し、記事化する練習をしていました。(ついでにいうとビジネスモデルの視点からも考えていました)

たとえば、キーワードの組み合わせは「カラオケ×ヤマダ電機」、「AI×漫画」、「東京オリンピック×TWICE」などです。(最もいきなり言われても何のこっちゃいって思いますよね汗いずれまたお話したいと思います)

ですが、僕はこのトレーニングをやることによって、一般的な記事においてもストーリーを作ることがとても楽になりましたし、世の中は意外といろんなことが連動していることにも気付かされたので、たとえ話もよく思いつくようになりました。(たとえ話って抽象度を高め、具体に戻す作業なのでライティングにおいてすごく良い訓練なんです)

なによりも全くのゼロから発想したふわふわした思いつきやイメージを文字によって具現化することの難しさや楽しさを知り、改めてライティングが好きになりました。

そこで、今日は僕がなぜ「何かと何かを掛け合わせる」トレーニングをするようになったのか、そのきっかけとなった話をご紹介します<(_ _)>

 

誰でも100万に1人のじぶんになれる方法とは

 

 

「あなたは100人の中で一番になれるモノが何かありますか?」

 

誰かにそう聞かれたとき、読者様ならどう答えますか!? 

べつにC++プログラミング言語でアプリを開発できるとか、マーケティング戦略をもとに中小企業のコンサルティングができるとか、そんな高度な技術ではなくて(汗)

 

お手玉を4つ同時に回すことができるとか

 

一輪車を乗りこなすことができるとか

 

爪楊枝を口で手を使わず鼻に刺せるとか

 

なんでも良いです(笑)

だって、これももしかしたら周辺の100人に聞いたら実は自分だけの特技かもしれませんよね(^^)

ところで2020年は東京オリンピックが開催されますね。(めちゃくちゃ楽しみです♪)

オリンピック選手になれる確率ってどのくらいか分かりますか?

「100万に1人」

です。

2012年にiPS細胞の基になる「成熟した細胞」から「多様性を持つ細胞」へと初期化できることを発見した研究成果が認められ、山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

では、ノーベル賞を受賞できる確率ってどれくらいか分かりますか?

「1000万人に1人」

と言われています。

たとえば、先日ついに引退したイチローに感銘を受け、「私もイチローになりたい!メジャーを今から目指す!」

と読者様が声高に宣言しても実現は極めて難しいと思います(;’∀’) その心意気は共感できるので応援はしたいですが、現実はなかなかなれませんよね。プロ野球選手もノーベル賞受賞者になるのも・・。

でも、仮に読者様がこれから練習して

「一輪車に乗り、お手玉を4つ同時に回しながら、爪楊枝を口で手を使わず鼻に刺す」

これができるようになったとするなら?

で、仮にそれぞれが読者様の周辺100人に1人ぐらいのスキルだとするなら??

 

100人に1人のスキル × 100人に1人のスキル × 100人に1人のスキル

 

つまり 100万人に1人のスキル」 になるのです。

まぁ、爪楊枝を鼻に刺す価値が市場にどれだけあるかは分かりませんが(笑)

ここで、1人の人間が「100人に1人」のスキルを身に付けるためには、およそ1万時間あれば大体なれると言われています。

平日一日8時間だけ自分のスキルに時間を投資するなら、

 

8時間/日×5日/週×50週/年×5年 = 10000時間

 

約5年で達成できる計算になります。

で、それを3回繰り返す。

もしかしたら15年で実現できるかもしれませんよね ♪(なんでも否定から入るのダメですよ(笑))

さらに、

その3つのスキルを頂点とした場合、その3つのスキルがあまり代り映えのしない同じジャンルのスキルだとすると、幅のちっちゃい三角形ができますよね?

逆に、それぞれ全く違うジャンルで3つのスキルをそれぞれ磨いたとしたら、幅の広いでっかい三角形ができますよね?

 

この三角形の面積がその人のクレジット(信用)となるんです。

「個」と「信用」が重要となるこれからの時代。自分の希少性を高めることができれば、もうどこでもその人は稼ぐことができると思います。

「自分をレアカード化する」

この考え方を提唱しているのは、株式会社リクルートから公立中学校初の民間校長として教育改革を実現し、また同時に、これからの働きかたや生き方についてよのなかに伝える活動など幅広く展開している藤原和博さんという方です。

この人の考え方はめちゃくちゃオモシロイです。しかも指摘している内容も具体例を示していつも説明するのでストンと腑に落ちます。書籍も色々出ているのでぜひ。

参考URL : よのなかNET

ところで藤原さんを見ると誰かに似ていませんか?

たぶん、10人中9人そう思ったのでは?(笑) 

そう、さだまさしさんです ( *´艸`)

藤原さんも若かりし会社員時代、偶然にも都内のホテルのラウンジで本人を見かけ、あまりにも自分が似ているということに衝撃を受け、面識は当然ないのに思わず話しかけてみたそうです。いきなり話しかけられたさださんはそれ以上に衝撃を受け、

「藤原さん、あなたがとても他人とは思えない。真実を知りたいから今から父親に会ってくれませんか?」と言われ、本当にさださんの事務所にそのまま連れていかれたみたいです( ;∀;)

で、事務所スタッフ全員が藤原さんを見た瞬間、大爆笑(笑)

ある意味、これも藤原さんの100人に1人の顔面スキルですね!

ちなみにお二人はその日以来今も交流があるみたいです。(運命的な出会いとはこのことです)

みなさんも自分に似ている人を見かけたら話しかけてみてもいいかもしれませんね。

その日がきっかけで人生が変わるかも!

個人のレアカードの考え方をビジネスにも落とし込む

自分を100万人に1人の「レアカード化」しておく感覚はこれからの時代重要ですよ!と紹介しましたが、この考え方って個人に対してですけど、僕はビジネスにも応用できるって思っています。

ビジネスって「価値を提供すること」なのですが、この価値がレアであればあるほど市場の欲求は高まります。ただし、誰か一人に対してのサービスではなく、大勢の人が求めるものでなくてはなりません。

この概念を分かりやすく、具体化したビジネスがあるんです。

それは・・・

 

大分県別府市「湯(ゆ)~園地(えんち)」計画

 

別府市は2016年11月、遊園地を湯浴施設とコラボしたPR動画をインターネットで公開し「100万回再生されれば計画を実行する」と市長が突然ぶち上げました。

で、メディアも当然取り上げ、話題は全国に拡散。わずか3日で軽く目標を達成(笑)

そこから、「クラウドファンディング」や「ふるさと納税」、「一般の寄付」など多角的展開で約8,200万の資金調達に成功

もちろん開園すると連日の大盛況。3日間限定でしたが大成功をおさめました。(このときの市長と別府市のメディア戦略や資金調達手法がめちゃくちゃうまかった~(*´▽`*))

この計画を通して市のPRも出来たし、収益も確保できたので、めでたしめでたし♪で終わりました。

で、話を戻すと。

今回の「湯(ゆ)~園地(えんち)」計画って

お堅いイメージの役所 ×

娯楽を追求した遊園地 × 

動く温泉

なんです。

組み合わせがめちゃくちゃ極レア過ぎでしょ(笑)

だからみんな興味津々で熱狂するんです。

少しイメージして頂けたでしょうか?(*’▽’)

「レアカード化」がとても大切なことを示してくれた分かりやすい事例だと思います。

 

この何かと何かを掛け合わせる考え方は何でも応用できます。

たとえば、なんでも良いのですが(今思いついたことをそのまま書きますが)

僕の部屋を見渡してみると・・・

・ 机の上に息子を行かせるかどうか現在悩み中の塾のパンフレット

・ 割と普段は健康志向で部屋の隅っこにバランスボールが置いてある

・ けっこうインテリアが好き

で、これを掛け合わせてみる。

塾 ×

バランスボール ×

インテリア  

 

そういえば、塾ってけっこう長い時間授業を子ども達は受けますよね?

人の集中力ってせいぜい30分と言われていますが、はたして子ども達は最後まで集中力を持続して勉強できているのでしょうか??

ここで、一部IT企業などでも実際取り入れていますが、バランスボールに乗りながら仕事をすると座面のいすよりも集中力が高まることが研究成果として実証されているそうです。

そこで

「塾教室の座面いすをバランスボールに変更してみる」

 

あと、人間の感情と色は密接に関わります。心を落ち着かせ、集中力を高める相性の良い色や配色バランスもきっとあるはず。

そこで

「塾教室にインテリアコーディネーターやカラーコーディネーターを導入してみる」

あくまでも思い付きの例ですが、これらを採用するだけでも、いつものマンネリな塾教室が「集中力」を追求した魅力的な教室に少しは近づくかもしれません。

何よりもこの「集中力」をテーマとして、それを高めるために仮説を立て、戦略的にプロデュースしていく塾の編集能力の高さを実際に教室で示すことも、これからの時代を生きる子ども達にとって、とても重要な教育なのではと思います。(何よりもちょっとしたワクワク感が大事!)

でも、仮にこれで全体的に塾生の成績が上がったとしたら、その塾は一気に「レアカード」になり人気塾になるかもしれませんね!

 

これは実際僕もたまに実践しているのですが、たとえばサイト作りにも応用できる部分があって、ネットビジネスはどうしてもPCに向かう時間がすごく長くなるので、座面いすよりもバランスボールの方が実際腰の負担は軽くなるような気がしています。

結果として、腰を気にしなくていいので集中してサイト作りに取り組めています。

また、居心地の良いサイトはやはりサイトの配色にも少なからず影響すると思っていて、いつか自分もカラーコーディネーターの資格を取ってみたいなと思っています。

そうすることで得た知識をサイトの配色にも反映させ、滞在時間が増えればいいですよね♪

日頃から何かと何かを掛け合わせてみると、今まで考えもしなかったことが思い浮かび、そしていろいろなことが繋がっていくんです。

 

個人のレアカードの考え方をライターのスキルにも落とし込む

少し長くなりましたが、ここからが本題ですm(__)m

さきほどの紹介した内容をもう一度お伝えすると、3つのスキルを頂点とした場合、その3つのスキルがあまり代り映えのしない同じジャンルのスキルだとすると、幅のちっちゃい三角形ができます。

逆に、それぞれあさっての方向の全く違うジャンルで3つのスキルをそれぞれ磨いたとしたら、幅の広いでっかい三角形ができます。

 

この三角形の面積がその人のクレジット(信用)となるのですが、これが個人スキルやビジネスの話ならイターのスキルや仕事だって考え方は一緒だと思います。

ライターさんってやはり得意なジャンル記事は書きやすいでしょうし、苦手なジャンル記事は出来れば避けたいと思いがちですよね。

なるべく自分の得意なものでやっていこうと思うライターさんは多いと思いますが、仕事の範囲をイメージ化すると、つまり小さい三角形になります。

代り映えのしないジャンルの中でライター活動を展開することになるので、クライアント様からの仕事の選びしろも狭まります。

一方、全く異なるジャンルでも同時に取り組んでいるライターさんは、ジャンルが違えば違うほど大きな三角形の中で動けます。

当然クライアント様からの仕事の選びしろも豊富であるため、仕事が全く見つからないという状況になりにくくなります。

 

これは、日本最大級のクラウドソーシング「ランサーズ」の記事作成におけるジャンル分けです。クライアント様は、事前に記事作成を発注するときにいずれかのジャンルを選び発注します。(クラウドワークスなど他の同類サイトも同様です)

概ね、記事のジャンルはどんなものがあるのかこれで分かるかと思います。

たとえば、「医療系」×「美容・健康系」に強いライターさんなら、その2つのジャンルから仕事を選ぶことができ、記事内容においても「医療知識も盛り込んだプルプル美肌の作り方」紹介記事が作れるかもしれませんし、「IT・スマホ・アプリ系」×「金融系」が強いライターさんなら、「ガジェットを駆使したFXの稼ぎ方」紹介記事が作れるかもしれません。

ただの美容系記事や金融系記事よりもはるかにオリジナリティのある記事が出来上がりますし、もともと得意ジャンルなので自分の体験談も盛り込めばストーリー性が増し、読み応えのある記事が書けます。

当然クライアント様側からみると、三角形の面積が広いライターさんはクレジット(信用)が増し、レアカードになるはずです。

もちろんそんな懐の深いライターさんも元々は全く知識のないところからのスタートなので、最初は時間も労力もかかると思います。

ですが、あえて全くジャンルの違うものに挑戦し、その壁を乗り越えることで、最終的には大きな三角形を作り出すことができます。

ライティングは、そもそも調べたことを自分なりの視点で分かりやすくまとめ読み手に価値のある情報を提供する仕事なので、書きながらいろんな知識が身に付きますし、違うジャンルの知識を積み重ねておくかどうかで最終的には大きな差となるではないかと思います。

つまり、最初に苦しい思いをしながらも、先を見据えジャンルの異なる記事にも挑戦しておくと、取り組みながら自然と知識は増えていくので、後々には息の長い稼げるライターさんになれると思います。

ちなみに僕は、お仕事をご一緒させて頂いているメンバーさんには、ライティングスキルのレベルに応じて、段階的に全く違うジャンルサイトの記事作成に取り組んでもらっています。(ある日突然ネクストステージ招待状を個別に送ります。送られた方はびっくりします(笑))

たしかに今まで取り組んでもらっていたジャンルがまったく変わると、最初はすごく負荷がかかり記事作成が進まず苦しい時期もあるようですが、それでもあえて挑戦してもらっているのは、今までお話したように、メンバーさんに将来はクライアント様から信頼されるレアカードになってもらいたいという気持ちがあります。

ぜひ、読者様もでっかい三角形を自分の中で作る意識でライター活動に取り組んでみてくださいね。最初はシンドイかと思いますが、きっとその頑張りが役に立つときが来ると思います(^^)

誰でも100万に1人のじぶんになれるって・・

たとえば今の自分の得意なライティングのジャンルをAとしたら、

B×A・・・ C×A・・・ D×A・・・

の組み合わせで記事化できるか日頃から繰り返しシミュレーションしてみたらいいかもしれません。

Aを軸に、どれだけ他のジャンルと紐づけられるか想像してみるんです。(たとえば車×美容とか)

しかもできるだけ他人に言えないようなバカな組み合わせで。(けっこう本気でおススメします)

思考しない限り発想も生まれないので、もしかしたら、超レアカードと思える組み合わせが閃くかもしれません。

もし良い組み合わせネタが思い浮かんだとしたら、それを仕事にも取り入れていけばいいと思います。

上手くいけばクライアント様から評価され、抜擢されるかもしれません。言ってしまえば100記事の中で唯一無二の印象深い記事になるかもしれませんね。

で、ここからは個人的な見解ですが、

それでも100人に1人って、簡単に言いますけどけっこう我々は難しいと思いませんか?(;’∀’)

藤原さんみたいに明らかに一般人とは違うオーラなんてないし・・。

記事も100記事の中で唯一無二の記事なんてやはり難しいと思います。

なので、とりあえず

10記事の中で目立つ1記事を作れる掛け合わせから始めてみる

それも良いのかなと思います。

 

B×A→10記事の中で目立つ1記事

C ×A→10記事の中で目立つ1記事

D ×A→10記事の中で目立つ1記事

 

で、そこからその掛け合わせを少しずつ積み重ね、知識を身につけていく。

 

さらに互いに紐づけていき、

B× C ×A

C × D ×A

D × B ×A

 

いずれ横展開し、

B× C

C × D

D × B

 

どうですか? 自分もレアカードになれるかもと思いません?(*’▽’)

身の丈にあった目標を立て、小さな成功体験を積み重ねていけば良いのではと思います。

 

「そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。誰だってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。 でも、僕は子供のころから目標を持って努力するのが好きなんです。だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか。」

 

「ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば、最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになるということですね。」

 

「小さなことを積み重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道だと思う。」

イチロー

イチローがこう言っているように、もはや人生においてこのフレーズ聞いたことないって人いないと思いますが、意外とこれが僕はできてないんですよね(;’∀’)(早く結果が欲しいって思ってしまいます汗)

とてもシンプルで、超絶重要なんですけどね。

で、最後に読者様におススメなライティングのジャンルを広げる取り組み方をお伝えします<(_ _)>

自分の今の得意なジャンルをAとするなら、Aは今の環境で育てていけば良いと思います。

あとは BとCを育てていく必要がありますよね。

でも、なかなか自分でB、Cを探し、個のスキルとして磨いていくことが難しい。

なぜか?

それは、仕事として責任が生まれてないからです。

仕事を通して社会的責任を果たすことは個のスキルを向上させます。

そこで、おススメするのはランサーズやクラウドワークスなど仕事のマッチングサービスを活用することです。

発注者と受注者がダイレクトに繋がれるので、自分の磨きたいスキルの仕事に携われます。

あと、仕事単価が比較的安い仕事がいいかもしれません。

普通は高いほど良いと思いますが、金額に比例して発注者の期待値や要求も当然上がります。

でも、単価が安ければ、気軽に自分のスキルアップに挑戦できますよね(もちろんちゃんと成し遂げましょう)

「あえて自分を安売りする」

マッチングサービスって稼ぐだけが主目的じゃありません。

個のスキルアップのツールとして捉えることもできます。

個のスキルを磨き、マネタイズはあとで回収すれば良いと思います。

まずは一歩踏み出してみる(アウトプットしてみる)。

それが日常生活の中ですごく大事だと思います。

人生のきっかけって本当に分かりませんよね。

絶対みんな可能性を秘めていると思います。

せめて自分だけは自分を信じてあげてください。

一歩さえ踏み出せば新しい自分に出会えるかもしれませんね!

 

今回も最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

ケント

 

TOPに戻る