【書人aldith】暴走しながらも見えてきたこと

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

こんにちは。

aldithと申します。

今回、ケントさんから「【書人からの手紙】というテーマで書いてもらえませんか?」というお声がけをいただきました。

そこで私が今までライターをしてきて思ったことなど書かせていただこうと思います。

 

特別なスキルも何もないおばちゃん主婦です。(笑)

それでもライターができるのだということ、知ってほしいと思っています。

 

平々凡々、でも充実している?

 

子どもの頃から本を読むのが何よりも好きでした。

親には「本を与えておけば、静かでどこにいるのかわからない」とまで言われていました。

そんな本を読むのが好きな子どもが、小説家になりたいと思うのも当然かもしれません。

でも、なぜか音楽の専門教育を受けて、ピアノ講師しながら細々と自己満足の創作活動していました。

 

そんな私は、世間的にはごく普通の結婚をして、二人の子どもと夫との平凡な生活を送っていました。

でも、夫の転職・闘病ということから生活は一変。

パート勤め(この時点ではピアノ教室を辞めて個人で教えてました)をしていましたが、やはり他にも収入が欲しい。

 

何かないだろうかと真剣に探し始めたんです。
(内職したり、通信講座受講したりしました)

 

ノウハウコレクターへの道

 

でも、内職や通信講座ってすぐに結果が出るものではありません。

焦っていた私は、話題になっていた「簡単に月5万円稼げる」という謳い文句に乗っかってネットビジネスに手を出したんです。

 

パート勤めの合間にやろうと思ったので、パソコンでできるということは魅力的でした。

そのビジネスはMLMでしたが、謳い文句のように簡単に儲かるはずもありません。

 

それから始まって、サイトアフィリエイト・せどり などいろいろ手を出し高額塾と呼ばれるものにまでお金をつぎ込みました。

でも、どれも成果が出るものではありません。

5年ほどの間に購入した商材は30近く。立派なノウハウコレクターになっていました。

 

やりたいことって何?

 

そんな中、やはり文章を書きたいという気持ちが強くなったので改めてクラウドソーシングに登録しました。

そこで、WEBライティング実務士の資格取得中にケントさんと出会うことになりました。
(実は3年ほど前にも別のクラウドソーシングでライティングしてました)

 

ワードプレスは個人的にブログを運営していたので抵抗ありませんでした。

久しぶりに文章を書くということが楽しくて、楽しくて夢中になって書いていました。

 

悩んだ時にチャットワークで相談すれば、いろいろな形でのレスポンスが返ってくる。

これはそれまで一人でネットビジネスをやってきた私にとっては目からウロコというほど衝撃的なことでした

 

文章を書くことが好き。

文章を読むことが好き。

 

これらの好きを形にできるのがライティングなのだということを実感した瞬間でした。

そして、ライターになってよかったという思いもその時に抱きました。
(やっぱり、好きなことをするのって人生で大切ですよね)

 

広がっていくからこそ夢

 

そうやって、ひたすら記事を書き続けている中で、ケントさんが考えている構想というものにも触れていくことができました。

そして、それは私自身もやりたいと思っていたことにものすごく近いことだったんです。

 

「女性の、女性による、女性のための情報発信」

 

これが私がやりたいと思っていることなのだということを再認識させてくれたのがケントさんでした。

いろいろ話をしていく中でワクワクするような未来をどんどんと提示してくれていく。

 

「やってみませんか?」

 

という一言に思いっきり背中を押されながら、次々にステージを上がっていく。
(迷走・暴走よくしますが、あきれずに手綱を取ってくださることに感謝です)

 

ライターとしての活動を再開した時は楽しくて仕方がなかったライティングです。

でも、記事を書いていくうちに悩んだこともあります。

 

✓ペルソナに刺さる文章はどうすればいい?

✓本当に、この書き方でいいの?

 

そんなことを考え始めると、手が止まってしまう時もありました。

それでも、書くことが好きなんです。

書くことは自分のアイデンティティなんだと胸を張って言えることができるようになりました。

 

今の私はチームの仲間を一緒にサイトオーナーとして次のステップに進んでいます!

ライターとしての活動を再開した時は、ここまでのことは考えていませんでした。
(1年半ほど前、ケントさんのオファーを受けた自分をほめたい!)

 

  • ちょっとでも生活が楽になりたい
  • 隙間時間しかないけど、できることはないだろうか

 

そんなことを考えているのなら、ライターという選択をおススメします。

 

でも、発信できる情報なんてない、って思っている方も当然いらっしゃるでしょう。

でも、そんなに難しく考える必要ってないんです。

 

  • 手抜きに見えないお手軽料理の方法
  • おいしいコンビニスイーツの情報
  • 話題になってるドラマや映画の情報

 

これって、誰もが知っているようで知らない情報だと思いませんか?

ライターとして活動すると、こういった情報をどんどん発信していくことができるんです。

そして、それって自分に自信をもつことができるようになる。

 

キラキラ、ワクワクするような体験。

それをすることができるのがライターです。

 

あなたは知っていることを教えられて嬉しい。

読者は知りたいことがわかって嬉しい。

 

こんなWIN-WINの関係になれるのもライターとしての醍醐味です。

 

可能性は無限大

 

今、私は少し前までなら思ってもいなかったような世界に足を踏み入れようとしています。

これができるのも、ライターとして活動しているからだと思っています。

そして、ライターをしている一番の理由かもしれません。

 

この記事を読んでくださっている書人のみなさま。

ここにいる多くの先輩たちはさまざまな経験をしてきています。

 

事実は小説よりも奇なり、という言葉がありますが、ここではそれが現実だということを感じることができます。

 

悩んだ時、相談すれば誰もが温かく、手を差し伸べてくれます。

何か知りたいと思った時も、力を貸してくれます。

 

あなたの可能性を開くのはあなた自身です。

思いっきり手を伸ばして、理想を手に入れてみませんか?

TOPに戻る