rose

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

モ~ゥ

この手紙に目を通してくださり、ありがとうございます。

Keiと申します。

 

恥ずかしがり屋なので、ちょっと顔を隠してお話させてもらいますね。

 

新米ぺーぺー駆け出しライターが、ライティングを始める前のことから実際に始めてみて思ったこと、これからの目標についてぷるっと綴ってみました。

(需要あるかしら)

 

サラッと切れ長の流し目で読んでいただけますと幸いです。

 

人の数だけ色がある。

ライターの数だけ物語がある。

 

それではどうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

こんなはずじゃなかった、ハードでロックな人生

 

誰にも嫌われないようにでなく、

誰かに1番好かれるように生きる。

 

改めまして、Keiと申します。

 

こんなにも生きることは容易くないのか!というくらい、次々と逆境にまみれるジェットコースターに乗って人生の旅をしています。

(高速すぎて景色みえてないやないかいっ)

 

はるか昔に死んでいてもおかしくなかったと思います。

 

そんなわたしの半生は、これといって秀でたものもなくロクに学校も行かないでバンドに明け暮れ、親とも折り合いつかず16歳で家出をしてアルバイトで社会デビュー。

(なんともまぁ見事にトゲトゲ尖って擦れてましたね、懐かしい。恥ずかしい。)

 

小さい頃から海外に興味があって、音楽も洋楽ばかり聴いていたので学校へ行かなかった間は独学我流で英語の勉強をしていました。

 

家出をしているときに留学の目標を持ったので、開き直って家に帰りアルバイトを続けながら19歳で通信制の高校へ転学し、21歳のときに卒業。

卒業後は高校の時から働いていたバイト先で、さらに2年弱ほどお世話になり念願のアメリカ留学へ。

 

現在は、日本で母と祖母と猫8匹と暮らしています。

(人の数より猫が多いってどういうこと?!)

メスの数が圧倒的、女の強い完全なる女系家族です。

 

趣味は、格闘技/キックボクシング・ヨガ・写真撮影・旅行・人間観察・ハンドメイド・読書・プログラミング勉強(最近すこしかじりだした)…などなど、挙げだしたらキリがありません。

 

好奇心ともに知的探求心旺盛のアラサー独女です。

※ただし興味の対象に偏りがある。

 

 

 

こんなわたしでもライターになれるの…?

 

ライターで火傷しちゃうぜ☆ (違う違う)

 

現在は日本に住んでいますが、絶賛失業中!なんちゃってフリーランスです♪

(ニートをかっこよく言いたいだけ)

 

度重なるストレスから体調を崩し退職しました。

 

「今日は○○をしよう!」

「○○をできるようになろう!」

 

と、近い目標を立てても体は思うように動いてくれない。

 

ルーティンでやってた動作が急にわからなくなったり、何度も同じことをしてしまったり、今まで当たり前にできていたことが出来なくなりました。

 

自分自身が情けないったらありゃしない。

 

コロナウィルスの影響で仕事にも就けず、面接を受けても全戦全敗中。

むしろ最近は応募の時点で落ちるので楽しんでいます。ぇ?

(だって面白いくらいに落ちるんだもの)

 

今はまだ駆け出しライター初心者ということもあり、ライティングだけで生活できるほどの能力も財力も得られていないので、体調のことは隠して仕事を探し続けています。

 

前職は派遣で事務職に従事していましたが、限界がくるちょっとくらい前から在宅仕事について真剣に考えるようになりました。

 

自分らしく働ける方法はないだろうか

 

そんなわたしがクラウドソーシングを始めたのは年明け。

 

最初は簡単なタスクやアンケート作業で

数十円でも得られるのがとても嬉しかったです。

 

それと同時に、企業に属さないで「稼ぐ」という大変さを理解しました。

 

正直クラウドソーシングではスキルがないと

生活できるほどの金額を稼ぐのは難しいと感じます。

 

はて、どうしたものか… と思っていた矢先。

 

即戦力のライティングスキルを身につけ在宅ワークで稼ぎたい方募集!

 

何?スキルを身につけながら仕事ができる?!

なんか怪しそうだけど…(失礼)

ええいっ、ダメもとで食らいつこう!

 

おもいきって提案しました。

予想外でありがたいことに採用してくださり、

ケントさんと今のチームのご縁に繋がりました。

 

 

やらずに後悔より、やって後悔

 

それがわたしのモットー。

やってみてダメだったら辞めたらいい。

 

興味のあることは後先考えるよりまず行動してみちゃうツメの甘さ。

失敗も挫折もかなり多いですが、その経験により得てきたもののほうがはるかに上回っている気がします。

 

 

 

ライター始めました

note

 

このチームでお世話になり、ちょうど2ヶ月が経ったくらいです。

まだまだ学ぶことも多く混乱もする日々で、ついていくのがやっとこさ。

 

だけど結果はあとからついてくるもの。

今は目の前にあることを一生懸命やるだけです。

 

検索してもよく出てきますが、ライターは資格やスキルがなくても誰でも簡単になれます

 

なることは簡単なんです。

けれど続けることのほうが意外と難しい

 

簡単に始められると思って始める人も多いですが、継続できなくて挫折してしまう人も同じくらい多いです。

 

もし厳しく聞こえてしまったらごめんなさい。

 

チームに入ってまだ2ヶ月ですが、それでも卒業ではなく去る人たちを見てきました。

理由は様々あると思いますが、ただ黙って見ていることしかできない側としては何とも言えない切なさがあります。

 

わたしはここで20記事契約をさせていただいていますが、えぇ… とても軽んじていました。

「1日2記事書いてさっさと終わらせるぞー!」

なんて意気込んでいた最初のころの自分が恥ずかしい。

 

現実はそう甘くなかった… orz

むしろ自分の弱点があらわになり向き合うはめに。

 

リサーチ、文章構成、見出し、タイトル、導入文… へっ?

思うようにいかないでねぇか!

 

もともと国語も苦手で学生のときの点数も中の中。

(いや、中の下)

 

スキルを身につけて手に職をつけようと、あえて苦手ジャンルに飛び込んでみたのですが…

え?こんなにも自分って物書きのセンスないの?!?!

打ちのめされる日々。

 

しかしこれは『筋肉痛、成長痛』

成長してる段階だから今こんなにも苦痛を感じるんだ。

そう自分に暗示しています。(笑)

 

スポーツや勉強っていきなり成功しないのが大半ですよね。

もちろん生まれながら才能がある人もいるけど、たいていの人は上達するために努力もしますし、過程で挫折を味わったり行き詰まることもしばしば。

早く結果を出したい人にとって『途中』はおろそかにされがちな気がしますが、実は1番大切なポイントが隠されているのは意外と過程だったりします。

 

ライティングをしていて

「なんか疲れたなー」

「しんどいなー」

なんてときは、

横道それて道草食ってもいいんです。

ちょっと休憩、なんて止まってみてもいいんです。

 

そこでしか見えない景色もありますし、落ち着いたらまた戻ってきたらいいんです。

 

いや、戻ってくるために休んでください。(笑)

 

少なくともここには温かく優しい仲間がたくさんいます。

 

苦難さえも楽しめるようになったら

ライター人生こっちのもんやでい!

 

それくらいライティングはやりがいあって価値のあるものだと思っています。

 

だって、文字で人の心が動かせるんですよ?

 

それだけじゃなくて、

 

未知なる自分の可能性にも気づけるんですよ?

 

誰かの役に立つだけじゃなく自分の成長にもなってる。

 

まさにWin-Winな関係です。

 

個人的にライティングって、インプットもアウトプットもバランスよく出来る世界だと思っています。

 

デジタル化がどんどん進んでるのに『文字』って不変なくせに変幻自在で、世の中の変化にも柔軟に対応できるなんてすんごいぜ!

 

なんだか哲学チックになってしまいました。(笑)

 

とにかく文字ってすごいんだよ!ってことですハハッ!

(ミッキーマウス風に読んでもらえますと幸いです。黙)

 

 

 

ライターとして目指すところ

sea

 

ライターってやるべきことはシンプルだけど、実は意外とたくさん課題があるなぁと感じています。

 

文字は無機質で感情が伝わりにくい(冷たく感じる)こともあるので、わたしは誰かに何かを文字で伝えようと思ったとき、いかに温度を持たせて相手に伝えることができるか試行錯誤中です。

(語尾に絵文字をつけられる時代なのはすごくありがたい♪)

 

ライティングには苦手意識から入っているので、文章能力は底辺中の底辺。

スタートラインにさえまだ立ててもいないかもしれません。

マニュアルやチームのみなさんの記事を読ませてもらいながら勉強させてもらっています。

 

今はちょうど10記事目にさしかかっていて、恐れ多くも添削やその他のプロジェクトにもたずさわっています。

(自分の文章もままならないのに、人様の文章にテコ入れなんておこがましいワ)

 

泥水吸いながら這いつくばってわたしは駆け出しましたが、いつか書くことに慣れてサクサク記事が書ける日がくるのを夢見ています。

 

そして誰かにとってふと思い出したときでいいので、心の片隅に残るような何気ない存在になりたいです。

 

できることから続けていれば、誰も見ていなくてもいつか実になる。

 

わたしは昔からずっと誰とも比べられることなく、一個人として認められ必要とされたい人生でした。

 

たとえば身の回りにある仕事の業種は、自分の代替なんていくらでも利くようなものばかりと感じています。

一人で黙々と作業する孤高のライターも納品してしまえば、よほど良心的でご縁のないクライアント様じゃないかぎり「ほな、さいなら」状態なので同様かもしれません。

 

「代わりなんていくらでも居るんだから、自分なんていなくてもいいじゃん」

 

そう思いながら与えられた仕事は一生懸命やりつつも、やりがいを感じることなくただ淡々とこなしていることが多かったです。

(いざ辞めたくなったときの辞めやすさはありますが。笑)

 

しかしライティングは、文字は、他の誰にも真似できない「個」を表現できます。

ここにはそれを発揮できる環境があります。

 

特に「書人百花」では先輩ライター達が「個のスキル」を活かし、情報発信することを実現しました。

 

 

(画像をタップしてね☆)

引用:書人百花

 

より多くの人の目に触れることを狙えば型にはまった書き方をする必要がありますが、一度覚えてしまえば必ず応用ができます。

 

諦めないでコツコツでも続けていれば、誰でも可能性のある世界。

 

ただ気をつければならないのは、文字は人を生かしも殺しもします。

言葉は人類に与えられた特別なもの。

自分も含めどうせなら文字を良い方向に使う人が増えたら嬉しいな、密かにそう思っています。

 

少しずつ、一歩ずつ。

 

 

ライティングやライターに興味のある方!

書くことに挑戦する決意をされた方!

わたしと同じように駆け出した方!

全世界のライター様!

 

笑顔とわくわく溢れる新しいライティングの世界を一緒に創っていきませんか?

 

ご自分の可能性を広げてみませんか?

 

共に活動できる日を楽しみにしています。

 

 

 

そして、

日々お世話になっているライティングチームのみなさま

いつも温かいお言葉をかけてくださりありがとうございます。

至らぬところの粗だらけでご迷惑ばかりおかけして

申し訳なさが最高値に達していますが、

今後ともご指導ご鞭撻くださいますよう

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

それでは、またどこかでお会いしましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました♪

 

 

 

TOPに戻る