【書人はなはる】自分の居場所を探してたどり着いたWEBライターという道

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

こんにちは、はなはると申します。

 

ライターと名乗るのも気が引ける、まだまだ新米ライターです。

堂々と「私の仕事はWEBライター」です!

こう言える日が来るように今、学びの毎日を送っています。

 

あっ、

新米で学びの毎日を送っていますが、現在50代

 

カタカナ職業を目指しているなんて、10年前の私にはとても考えられない毎日です。

 

50代になった私が、

なぜ今「ライター」なのか。

どんな「ライター」になりたいのか。

 

こんな事を少し、お話しをさせていただきたいと思います。

 

ケントさんから「自由に」と言っていただいたので、「フリー」な感じでいきますね!←意味取り違えてますか?

といっても面白いことは一個も書けませんが、よかったらお付き合いくださいませ〜

50年も生きてきたのに何もない自分

私、自慢じゃないけど「自慢できるモノ・コト」って一つもない・・・

いや自慢します、何もありません。

 

何か一つぐらい

「これだけは誰にも負けない!」

「これだけは頑張ってきた!」

と言えるものがあればいいのに、見事に何もない!

 

私この50年、何をやって生きてきたの?

学生時代も、社会人になってからも何かに打ち込んだ事はないし。

熱くなった事もない。

 

好奇心が旺盛なだけで、広く浅くとりあえずやってきた事は

遊びに行ったり、飲みに行ったり

旅行に行ったり、ライブに行ったり

結婚したり、離婚したり←これは好奇心だけではありませんが

 

多くは求めず

たまには、美味しいものを食べて

たまには、ちょっとした贅沢を楽しんで

たまには、旅行にも行って

そんな特別なこともは何もない、本当にごくごく平凡な日々。

 

10年前の私は、普通の毎日に終わりがくるとは予想もしないで過ごしていました。

 

でも離婚を機に一人になって、いろいろやってみて思ったんです。

これといった武器を持たない私は、生きていく事さえも簡単ではないと。

未来のために過去を振り返る

突然ですが、歴史の勉強をするのはなぜか知っていますか?

  • 過去から教訓を得るため
  • 過去を学ぶことは未来を知ること

過去は変えられないけど、未来は変えられるから。

 

未来の事を考えるとき、同じ過ちを繰り返さないためにも、過去を振り返ることは大事なんですよね。

そして、先人や先輩の言葉に素直に耳を傾ける事は、自分の成長にもつながります。

 

 

と前置きが長くなりましたが、私も自分の事を簡単に、少しだけ振り返ります♪

 

昔から、自己表現をしない、感情をあまり出さない、そんな感じの、まあ普通の子供時代。

おとなしくて、本を読むのが好きだったので「どこにいるのかわからない」と、よく言われていました。

 

親に心配をかけたくない

周りに迷惑をかけないようにしなきゃ

自分がしたい事より誰かのしたい事でいいや

どちらかというと「型にはまる」真面目なタイプ←このためいつも文章表現が硬くなる

 

 

特に将来の夢もなかったので、一般企業に事務職で就職。

その後10年働いて、この頃の王道「寿退職」というヤツをします。

 

結婚生活自体は、どちらかというと自由で、好きな事もたくさんして楽しかったような気がします・・・

でも、自分の理想の家に住んでいるのに「仮住まい」みたいな気持ちが、いつもどこかにあって。

なんでしょうね、遠慮とか、緊張感とか、よくわからないけどモヤっとした気持ちです。

そんなこんなで理由はいろいろありますが、結婚から10年ほどで離婚をします。

 

再出発の準備のため、とりあえずは実家に戻りました。

そして実家での生活ですが、すでに「自分の居場所」ではなくなっている事に気が付きます。

出戻り、久しぶりの実家、という事を差し引いても残る「違和感」でした。

 

 

その後仕事も決まり一人暮らしを始めて、全部自分の好きな様にできるノンストレスな毎日!

やっと自分らしい、自分のための生活、自分が好きと思える場所ができた〜♪

ここで年金がもらえるまで頑張って働いて、老後は・・・

と思っていた時に、この?あの?どちらにしても「コロナ禍」です。

 

世界の状況が一変したように、私の状況も一気に変わってしまいました。

 

やっと見つけた自分の居場所

「働かざる者食うべからず」

働く意味をシンプルに教えてくれる、私の好きな言葉。

 

生きていくためには、働かないといけません。

私は離婚後、医療事務の資格をとってクリニックに勤務をしていました。

 

そんな時に、コロナ禍です。

 

クリニックが閉院し、結局自分の居場所と思っていたところがなくなってしまったのです。

雇用形態は会社員だったので、無職にならなかったことが不幸中の幸い。

 

でも仕事がないのに会社に行く、という毎日に変わりました。

デスクで何もしないのは周りの目もあり、勤務時間中ずっと「針のむしろ」状態でメンタルが崩壊寸前。

 

 

このままこの会社にいても自分がダメになる、と思いますが、

 

いくら考えても、自分が進むべき道がない。

やりたい事はあっても、できる気がしない。

老後のためにも、会社は辞められない。

何をどうしたらいいのか、自分はどうしたいのか、さっぱりわからない・・・

 

全然前に進みません。

 

 

そんな時、緊急事態宣言が発出されて「在宅勤務やったー!」です。

とはいってもする事はないので、韓国ドラマとYouTube三昧の毎日。

 

 

そして出会ったのがYouTubeで見た、ネットで稼ぐ副業「WEBライター」でした。

 

そんなんで稼げるの?

おいしい話にはワケがあるでしょ?

やっぱり怪しい?

 

と50代の私は、半信半疑でいろいろリサーチをしてみたら。

 

なんか私でもできそう?

今からでも遅くない?

これ私の好きなことだ!

 

という事で、その日のうちにパソコンを買いに行きました。

WEBライターへの道のりは果てしない

ライターになる!

 

そう思ってパソコンを買って、何を間違ったかとりあえず「個人ブログ」を開設!

理由はいろいろありますが・・・お察しの通りです(苦)

 

 

ネットの世界に少し慣れてきた頃、いざライターの仕事へと思ってもやっぱり簡単ではありません。

 

クラウドワークスや、ランサーズなどの募集を見ては、

どうなんだろう?

できるのかな?

と思って、なかなか応募ができずじまい。

 

ライターはやらんのかい!

 

と自問自答しますがブログで書く自分の文章は、いつも正解がわからないまま。

やればやるほど、自信がなくなっていくのです。

どんな記事を書いても、なんか自己満足な気がして稼げる気が一向にしない・・・

 

ブログは本当にやる事がたくさんあって、終わりがない。

結局は終わりのない世界に、足を踏み入れてしまっただけ。

稼ぐためには、やっぱり「スキルとノウハウ」が必要なんだ。

 

イチからやり直し・・・

 

と思っていた時に、SNTの添削募集を見つけました。

自分が書いている文章が、どんだけのもんか知りたい!

その一心で応募をしました。

 

応募アピールの文章がかなり「ゴリゴリ」していて、今考えると本当に恥ずかしい・・・です(汗)

でもその時、それぐらい必死でした。

 

やりたいと思って始めてみたはいいけど、海のものとも山のものともなれない自分。

手探りで彷徨っていたところに、光が見えた気がしたのです。

WEBライターという道を進めばその先にある場所

「50の手習」

人生100年時代、50代なんてまだまだひよっこ。

 

私の50代からの挑戦は「WEBライター」。

新しい武器を手にするべく、奮闘中です。

 

SNTでは「ただ記事を書く」という事だけではなく、そこから多くの事を学びます

 

なるほど!と思う事が毎回あって、それがまた楽しいんですよ〜

頑張ったら褒めてもらえる事なんて、50代にもなるとほどんどありませんから(笑)。

褒められると嬉しくて、また頑張ろうとやる気もでてきます!

 

書いた記事の感想をもらったり

励ましあったり

わからない事を教えてもらったり

 

ここはパソコンの中だという事を忘れるくらい、優しさと暖かさにあふれている場所。

 

一つずつステップを踏んで書いていくので、次はどんな記事?とちょっとしたワクワク感もあって、

「今WEBライターやってるんだ」って、友達に話してみたくなるくらい楽しい♪

 

そして、私の求めていた「スキルとノウハウ」が身に付く実感があるのです。

 

 

「文は人なり」

文章って同じ事を書いてもみんな違う、本当にその人が現れますよね。

 

読んでくれた誰かが、

ほんのちょっとでも「読んでよかった」って思って

「この記事、どんな人が書いているんだろう?」

なんて興味を持ってもらえたら、嬉しいじゃないですか♪

 

私も心を込めた記事で、そんなライターを目指していきたいです。

 

SNTにはスキルとノウハウだけじゃない、その先にちゃんと「ライター」という人がいるんですよね。

そんな所、他にはありません。

 

 

これから「ライター」として、もっと仕事ができるようになったら

  • 場所にしばられない
  • 年齢にしばられない
  • 周りに影響されない

こんな風に、今よりも自由に生きていきたいのです。

 

50代の私でも、なんかできる気がしませんか?

私はできると信じています♪

 

 

今、ライターという仕事が気になっている「あなた」も大丈夫ですよ。

ワクワクする世界に、進んでみませんか?

その先にあるものを目指して・・・

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

→  TOPに戻る