【書人まい】人生を最高に楽しむためにウェブライターを目指す!

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

こんにちは、書人まいと申します。

こちらをのぞいていただき、ありがとうございます。

 

ライティングの世界に足を踏みいれたばかりの、まだまだひよっこライターです。

 

私は文章を書くのが苦手で、メールやLINEでも文章を書くのに時間がかかるタイプです。

なのでグループLINEでは、いつも置いてきぼり状態・・・

小学生の頃は、夏休みの宿題で出される読書感想文は大嫌いでした。

 

そんな私が、なぜライターを目指そうと思ったのか。

今に至るまでをお話させていただきます。

最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

 

自由な時間ができて気づいたこと

私は医療関係の事務をしいてます。

一人目を妊娠し、産休・育休に入る前は、スタッフが足りていないのもあり、

 

「早く復帰しないと他のスタッフに迷惑がかかる」

「育休を取って、仕事内容を忘れてしまうのが怖い」

 

という気持ちが強く、早めに保育園に入れて復帰しようと考えていました。

 

しかし周りからは、

 

「1人目なんだから、ゆっくり休んで子どもとの時間を楽しんだ方がいい」

「職場のことは気にしなくて大丈夫だから」

 

と声をかけてもらい、一年間育休を取ることになりました。

 

今まで長期の休みを取ったことがなかったので、

 

「毎日が休みって暇を持て余しそう・・・」

「子どもとずっと家にいると、世の中から取り残されそう・・・」

 

と不安に感じていました。

 

ですが育休を取ったことで、私は自由に暮らす楽しさを知ることになるのです。

 

 

育休を取るまでは、主人とは休みが全く合わず、二人の時間はほとんどありませんでした。

なので、一緒に出掛けることもできず、出掛けても外でラーメンを食べるくらい。

(主人も私もラーメンが大好き!)

育休を取ったことで、一緒にいる時間が増え、主人が休みの日には、行きたいところに出掛けれるようになりました。

 

 

ある日、お互い読書は好きではないのですが、図書館に行ってみようということになり近くの図書館へ。

たくさんの本がある中で、私たちが気になったのは自己啓発の本でした。

気になるタイトルの本を何冊か借りて読んだことから、主人と私は読書に目覚めることに!

 

私は、自己啓発や育児、食事の栄養、暮らし方の本など、自分が知らなかったことを知れるという楽しさから、読書が大好きになりました。

 

最近では、地元の図書館に置いてある好きなジャンルの本はほぼ読んでしまったので、となり町の図書館に通っています(笑)

 

私は読書を通して、

 

  • 時間は無限ではない
  • いつ死んでも後悔しないように毎日を精一杯生きるという

 

言葉に感銘を受けました。

 

それからは、今までやってみたかったヨガや朝活、お菓子作り、子どもの服作りなど色々挑戦しました。

挫折したもの多いですが・・・(笑)

 

今まで仕事ばかりで、時間がないから、休みが取れないからといって、挑戦もせずに勝手にできないと諦めてきましたが、育休を取ったことで大切なことに気付くことができました。

 

仕事復帰は苦難の連続

楽しかった育休は終わり、とうとう復帰の日がやってきました。

 

「何年も働いていたし、そんなに忘れている事はないかな~」

なんて呑気に考えていた私は、甘かった・・・

 

私が育休を取っている間に、パソコンが新しく入れ替わり、ソフトも変わり、今までとはやり方が変わっていたりと、変わっていることだらけ!

何年も働いていたのに、新人に戻ったような気分です。

 

そして驚いたのは、今まで出来ていたことも、きれいさっぱり忘れていることです。

必要のない情報はすごい勢いで忘れていくんだな~、脳ってすごいな~と感心しました(笑)

 

また一から覚え直す日々が始まり、毎日ヘトヘト。

帰ってきても一息つく間もありません。

そして、

  • 食事の支度
  • 子どもにご飯を食べさせる
  • お風呂に入れる
  • 寝かしつけ

という大仕事が残っています。

 

主人は帰宅が遅いので、全て一人でやるのですが、思うようにいかないことばかり。

 

早くご飯を食べてほしいのに、ご飯で遊んだり、せっかく作ってもお皿ごと床に落とされたりすると怒りがこみ上げてきます。

冷静に考えれば、まだ一歳になったばかりの子どもなんだから、当たり前のことなんですけどね。

 

ですが、仕事でいっぱいいっぱいな私は、気持ちに余裕が持てず、どうしても子どもにイライラしてしまうことが増えていきました。

 

そんなある日、もう限界!と大号泣・・・

  • 片づけても片づかない、散らかった部屋
  • 毎日イライラして、主人にもつらく当たってしまう自分
  • 子どもの前で、笑顔でいれることも少なくイライラしてばかり
  • 今しか見ることができない子どもの成長を楽しめていない
  • 自分の時間なんて全くない

 

こんな母親で子どもに申し訳ない気持ちでいっぱいになり、涙が止まりませんでした。

 

仕事に復帰したことで、余裕がなくなり、自分のしたいことをする時間もなく、毎日イライラしてしまう生活。

仕事を辞めたら気持ちに余裕が持てるかもしれない、でも生活が苦しくなるから辞められない。

 

そんなことを考えているうちに、二人目を妊娠。

また産休に入るまでの辛抱だと思い、とりあえず頑張ることにしました。

 

子どもたちのために何ができる?

なんとかやりぬいて、やっと産休に入る日が来ました!

 

平日、子どもは保育園に行っているので、一人の自由な時間を存分に楽しみました。

 

私は、食べることが大好きなので平日は気になっているお店に友達とランチに行ったり、テイクアウトしたりと食べてばかり(笑)

家族三人での思い出も作ろうと、旅行に行ったり、お出掛けしたりと、本当に楽しい日々でした。

 

「仕事のストレスもなく、毎日ゆとりを持って過ごせるって幸せだな~」

「家で仕事ができたらいいな~」

 

と思うようになっていました。

 

 

臨月に入った頃、友達に誘われて環境活動家の谷口たかひささんという方の講演会に行ってきました。

のほほんと何も知らずに生きている私には、どのお話も衝撃的でした!

 

  • 私たちが豊かに不自由なく暮らせている背景で、世界には低賃金で働き生活がままならない人たちがいる。
  • 牛肉の消費が増加し、森を切り開いて牛をたくさん飼育することで、二酸化炭素の排出が増えている。
  • このまま温暖化が進むことによって、食料や水不足、貧困になる人、災害で命を落とす人が増える
  • 世界では飢餓で苦しむ人が大勢いる中で、日本は食料を大量に廃棄している
  • 私たちは、一週間にクレジットカード一枚分のプラスチックを摂取している

 

他にもたくさんのお話をしてくださり、

「私は地球の未来のために何ができるだろう」

「子どもたちを守るためにはどうすればいい?」

と考えるきっかけになりました。

 

そして、このことをもっと多くの人に知ってもらい、伝えたいと感じました。

 

その日、帰宅した主人に講演会での話をしました。

もっと興味を持ってくれると思っていたのですが、私の話が分かりにくかったようで、上手く伝わらずガッカリ...

 

「文章を書くのも苦手だし、言葉でも上手く伝えられない、どうやって伝えたらいいの?」

「どうしたら上手く伝えられるようになるかな?」

 

と毎日考えているうちに、出産の日を迎え無事に男の子が誕生。

 

よく寝てくれる子だったので、大好きな読書を楽しみながらも、

「私はこのままでいいのか?」

という気持ちがずっとありました。

 

まずは自由に時間を使えるように、自分で稼げるようになろう!

と、思いました。

ですが大した資格もないし、これなら誰にも負けないという趣味があるわけでもありません。

何をやりたいのか探す日々が始まりました。

 

ついに出会えた!私のやりたいこと

自分は何をすればいいのか、何がしたいのか、答えは簡単には見つかりません。

悩みながら、稼ぐ方法を調べたり、YouTubeを見たりと模索していました。

 

そこで、

「何かを始めてみたら、自分に向いていることが見つかるかも」

という気持ちで、紹介されていたクラウドワークスにとりあえず登録。

 

初心者でもできそうな簡単なアンケートや、体験談の案件をやってみましたが、文章を書くのが苦手だった私は、短い文章を書くのにも時間がかかりすぎてしまい、

 

「これじゃ時間がいくらあっても足りない!やっぱり文章を書くのは向いてないんだ」

と諦めかけていたときに、こちらの添削の募集を見つけました。

 

しかし、1000文字以上の文章なんて書いたことないし、パソコンも持っていなかったので、応募するか悩みました。

ですが、やってみたい!自分を変えたい!という気持ちが強くなり応募することに。

 

応募した後で、すぐにパソコンを買いに電気屋さんに走りました。

採用されたからよかったものの、不採用だったらどうするつもりだったのか、今考えるとゾッとします(笑)

 

 

早速、新しいパソコンで記事作成に取組みますが、ワードやエクセルしか知らない私には分からないことだらけ。

初めて聞く言葉に戸惑い、文章がまとまらず、頭がパンクしそうになりながら、かなりの時間をかけてやっと完成!

 

添削してもらった記事は、自分の良いところや、改善点を記載してくれていて、励みになると同時に、もっと書くことを学びたいという意欲が湧いてきました。

そして、ここで学んで伝わる文章が書けるようになれば、

 

  • 自分から知ってもらいたい情報を発信できる
  • ライターになれば出勤しなくても家で仕事ができる
  • 場所や時間に縛られずに仕事ができる
  • 何歳になっても続けられる

 

こう考えるともうワクワクして嬉しくて仕方ありませんでした。

(まだライターになったわけでもないのに)

私がしたいことはこれだ!と運命を感じました(笑)

 

 

SNTに入会させてもらってからは、記事作成のことばかり考える毎日。

 

「やっぱり私には無理だ」

と諦めそうになることも何度もありました。

 

ですが、分からないことも、質問すれば解決するまで付き合ってくれる先輩方。

記事が公開されたときの、皆さんがくれる温かいコメント。

周りの皆さんの頑張って取り組む姿勢に、いつも刺激をもらい、私も頑張ろう!という気にさせてもらいました。

 

自分の文章力の無さに落ち込むこともありますが、私のペースで成長していければと思っています。

 

人生を最高に楽しむために

今までの私の考え方は、こうでした。

 

  • 仕事と育児を両立させる
  • 子ども優先で自分のことは後回し
  • 定年まで仕事をする
  • 定年後に自由に遊ぶ

 

ですが、育休を取得したことによってその考えは変わりました。

 

一度しかない人生のほとんどを仕事に費やすなんて、もったいない!

子どもも大事だけど、私の人生も大事!

もっとやりたいことをやって自由に楽しみたい!

 

私が笑顔で毎日を楽しんでいれば、主人も子どもも楽しんでくれるはず。

 

そうなるために、私はSNTでライティングを学び、ライターになるという目標ができました。

 

SNTの皆さんは、本業と両立させている方も多く、大変なのは私だけじゃないといつも勇気をもらっています。

 

文章には人柄がにじみ出ると何かで聞いたのですが、まさににその通り!!

皆さんが優しくていい方ばかりというのは、記事やコメント、チャットワークでのやりとりを拝見していると分かります。

 

画面上だけのやりとりですが、信頼関係も築くことができました。

(初めは、会ったこともない人と信頼し合えると思ってなかったです)

 

文章を書くのが苦手な私も、少しずつですが書くことに慣れ、楽しさを感じています。

 

場所を選ばず、何歳になっても続けられるライティング。

人生を最高に楽しむために、一緒に学んでみませんか?

 

変わりたい、もっと自由に生きたい、と感じている方の踏み出すきっかけになれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

→  TOPに戻る