【書人なるみ】新卒1年目にして副業ライターになった話

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

初めまして!なるみと申します。

 

私は製薬系でOLをしながら、副業でライターをしています。

副業を始めたのは、新卒1年目の冬のこと。

…といっても、今年の1月の話です。笑

 

製薬業界というめちゃくちゃ安定した世界にいながら、なぜ副業を始めたのか?

ライターを目指そうとしている皆さんに向けて、お伝えできれば幸いです。

 

「副業ライターなるみ」の誕生秘話

キッカケは何気ないひとこと

いきなり私事で恐縮ですが、私には婚約者さんがいます。

 

お正月、彼と一緒にテレビを観ていたときのことです。

インフルエンサーにフォーカスを当てた番組を観ながら、彼が冗談半分で

「インフルエンサーやる?(笑)」

と私に話しかけてきました。

 

私も冗談半分で、

「インフルエンサーまで有名になる勇気はないけど、美容や健康に関するライターはやってみたいな~。」

と、深く考えずに返答しました。

 

コスメやメイクのことを、SNSでシェアすることが好きな私。

でも所詮趣味の範囲だし、ライターで稼ぐなんて、まさか私にはできないと思っていました。

 

すると、彼から意外な言葉が返ってきたのです。

 

「じゃぁ、やってみれば?」

「今から副業として始めて、産休や育休の間も在宅で稼げるようになればいいじゃん」

 

その言葉を聞いて、心の奥でずっとモヤモヤしていた何かが、一気に晴れたのです。

 

そうか、今の社会はそんな手があるのね!?

 

大学を卒業して、企業に就職して、そのうち結婚して、産休を取って… そんな生き方が当たり前だとばかり考えておりました。

でもこれからは、好きなことで、好きな時間に稼げるかもしれない!

 

彼の一言で、私は副業を始めるために動き出すことができたのです。

 

ケントさんとの出会い

さて、ライターになろうと思ったはいいものの、何から始めていいのやら?

 

色々と調べていくうちに、「まずはクラウドソーシングで経験を積む」という選択に至りました。

とりあえず、手当たり次第に書けそうな案件を見つけて応募。

そのうち何件かご連絡をいただき、テストライティングをしてみたのですが…正直身になっている実感はありませんでした。

(ここだけの話、クライアントが音信不通になって、テスト料を踏み倒されたこともあります)

なんだか小学校の作文を書いているような感じで、「こんな内容で本当にいいんか?」っていうものばかり。

 

こんなんなら、どうにかして独学でスキルを磨くしかない…

 

諦めかけていた中、ケントさんから採用のご連絡をいただきました。

 

こうして、晴れてこのチームに飛び込むことになったのです。

 

やってみてわかったこと

5記事までの壁

最初はぜんっぜん書けなくて、それはそれは落ち込みました。

 

マニュアルと何度もにらめっこして、眠い目をこすりながら、必死で書き上げましたよ。

整形手術ばりの修正をしていただき、なんとか完成したのを覚えています。

(添削者さん、その節は本当にありがとうございました…汗)

 

文章を書くことに関して苦手意識はないはずだったのに、こんなにも書けないものなのかとショックを受けました。

ここまで行き詰ったのは、大学院の修士論文くらいですね。

 

これを、本業もある中でやっていくのは正直キツかったです。

幸いなことに残業はそこまで多くありませんし、土日祝日は完全におやすみなので、スケジュール管理はしやすい環境だったと思います。

とは言え社会人1年目なので、日々それなりにクタクタで帰ってきます。

帰宅して、ご飯を食べて、お風呂に入ったら、もうお布団に直行したくなりますよ。

 

そんなこんなで、5記事目まではとてもイバラの道でした。(脅してごめんなさい)

 

それでも、通勤電車の中でネタの下調べをしたり、スマホのメモに下書きをしたり…と、スキマ時間を活用しながら、なんとか荒波の中を進んだのです。

 

すると、5記事目を過ぎた頃から徐々に修正箇所が減り、行き詰まることもほとんどなくなりました。

自分でも成長がわかるのって嬉しいですね!

 

ようやく1つの壁を越えたかな、と自分では思っています。

 

フィードバックをし合える環境のありがたさ

イバラの道で挫折しかけた私が今このチームで頑張れているのは、沢山のフィードバックをくれる仲間がいるからだと思います。

 

褒めるだけじゃなくて、出来ていなかった点もきちんと指摘してくださるので、「次は指摘を1つでも減らせるように頑張ろう!」とモチベーションの維持にも繋がっています。

 

さらに、私が書いた記事をメンバーが読んでくれて、温かいコメントをくださるんです。

褒められて伸びるタイプの私は、毎回やっほ~い!と舞い上がっております。(単純でよかった)

 

独学だったら、フィードバックをこんなにもらえる機会はなかったと思います。

 

そんな私も、今は添削者としてフィードバックをする番になりました。

「自分が同じキーワードで記事を書いたらどんな風になるかな?」と想像しながら、メンバーが書いてくださったものを添削するのが毎回とても楽しいです。

私にはない言葉選び、構成、視点…などなど、添削者を経験して、自分の引き出しが増えたな~と実感しています。

 

何気なくケントさんの案件に応募した数ヶ月前の自分を、めいっぱい褒めてあげようと思います。笑

こんなに恵まれている環境はなかなか出会えません。

 

今後挑戦したいこと

 

ありがたいことに、ケントさんから次から次へと色々なお話が舞い込んできます。

 

「添削者になってみませんか?」

「オンラインサロンの運営メンバーになりませんか?」

 

このチームに入って間もない頃にも関わらずお声掛けいただき、最初は戸惑いました。

 

え、私でいいんですか?って。

 

でも、ケントさんは私のバックグラウンドや伸びしろを見込んで打診してくださるんです。

しかも、絶妙なタイミングで。笑

 

これからはライティング以外のお仕事も少しずつ増えそうです。

不安もちょっぴりありますが、もうワクワクしてしょうがない

 

ライティングを始めようと決意し、ここにたどり着いた皆さん。

入口はライティングかもしれませんが、その先の未来は、あなたしか見ることができません。

ぜひ、その勇気を信じて、一歩踏み出してみてください。

 

途中でへろへろになったり、道に迷ったりすることもあると思います。

そんなときは、周りの仲間に頼ってください。(もちろん、私も!)

 

あなたは一人じゃありません。

 

ご一緒できた際は、ぜひよろしくお願いします^^

TOPに戻る