【書人 Kaori】何度だって“リスタート”できる!「書く」ことに救われた私の人生

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

「こんにちは」の方も、「こんばんは」の方も、はたまた「おはようございます」のあなたも。

はじめまして、書人 Kaori と申します。

 

貴重なお時間の中、お目に留めていただけて嬉しいです。

 

今回、有難いことにこうして “手紙” を書かせていただく運びとなりました。

そこで、私の半生をちょこっと振り返ってみようかな、と思います。

 

人生に迷った時、悩んでどうしようもなくなった時…

そんな時に、ふっと思い出してもらえるような文章となれれば。

 

今、こうしてこの手紙に目を通してくださっていることも、ひょっとしたら何かの縁かもしれません。

 

ぜひ、最後までお付き合いください。

優等生を“演じていた”小さな私

私は、小さな頃からやたらと周りの機嫌をうかがって行動していました。

 

「どうすれば周りの機嫌を損ねずに済むか…」

「どうすれば周りの大人たちに褒めてもらえるか…」

 

そんなことばかりが気になって、いつしか小さな私は、“誰からも好かれる人間”であろうと立ち振る舞うのが癖になっていました。

 

嫌なことがあっても我慢。

苦しくても我慢我慢。

 

だってそんなことを言ったら周りに嫌われてしまうから・・・

 

誰とも言えない存在に、日々怯えながら過ごしていたように思います。

 

小学生にもなると、すっかり「優等生キャラ」ができあがっていた私。

 

勉強はできて当たり前。

テストで100点を取るのが当たり前。

 

“周りの理想であり続けること”

それだけが自分の存在する意義・・・

 

でも、いいんだ。

これが、“周りが望む私”なのだから。

 

当時はそんな風に思い込むことで、現実から逃げていました。

 

メンタル崩壊… 優等生から引きこもりへ

しかし、そんな私の人生の歯車は突然狂い始めます

 

きっかけは些細な事でした。

数人の同級生が私に対して嫌がらせをするようになり、私自身どんどん疲弊していくのを感じる毎日。

 

それに追い打ちをかけるように苦手な役割を無理やり任されてしまい、どれだけ頑張っても“評価されることさえ”ありませんでした。

 

「なんでこんなにしんどいのに頑張らなくちゃいけないの・・・」

 

ここで私の心が悲鳴を上げました。

 

「なんとなく身体がダルイ気がする…頭も痛い…」

適当な言い訳を並べて私は学校を休むようになりました。

 

それが中学2年の時。

 

そこから、外に出られないほど症状が悪化するのにそれほど時間はかかりませんでした

 

3年生になると、周りから「進路はどうするんだ?」と言われるようになりました。

でも、正直それをまともに考えられるような状態ではありません。

 

でも、「せめて高校には行っておかないと!」と思い、家庭教師をつけてもらって遅れた分の勉強を頑張りました。

 

希望した高校には無事合格!

 

でも、なんだか心にぽっかりと穴が開いたような感じで、この頃は「生きている感じ」がしませんでした

 

鬱々とした日々の中で見つけた「書く」楽しさ

そんな鬱々(うつうつ)とした日々の中でも、唯一楽しいと感じることがありました。

 

それが、「文章を書くこと」

 

適当なノートを本屋さんで買って、簡単なストーリーを考えては書き連ねる。

 

今思えば、“心のリセット作業”をしていたのかもしれません。

 

昼間でも遮光カーテンをぴっちりと閉めた部屋の中でただただ文を書いていました。

 

一つのストーリーが完成すると、何とも言えない達成感があってなんとなく嬉しかったのを今でも覚えています。

 

訪れた人生の転機「自分の人生は自分で決める!」

私には、昔から応援しているアーティストがいます。

彼のライブに行く時だけは精一杯のオシャレをして出掛け、外の世界を楽しむことができました。

(今思えば、それだけを生きがいに日々を過ごしていましたね。)

 

ある時、普段はソロで活動していた彼がバンドを組むことが発表され、私は頑張って全国各地の会場に足を運んではライブを楽しみました。

 

しかし、そんな楽しい時間もあっという間に過ぎ、彼のバンドは解散することに・・・

 

解散ライブが行われたのは彼の誕生日

私は、いつも以上に気合いを入れて会場へ赴きました。

 

ライブは素晴らしいものでした。

たくさん笑って、たくさん泣いて・・・

 

そんなライブでの彼の言葉に、私はグッと心を掴まれました。

「このままじゃいけない!」そう強く感じたのです。

 

そして決意しました。

『誰かのためじゃなく、自分のやりたいことを目一杯頑張ってみよう!』

 

人生の転機は、本当にふとしたキッカケでやってくるものです。

 

『思い立ったが吉日』何だってやってみなきゃわかんない!

それからの私は、今まで我慢していたことも、周りに合わせて作っていたキャラも、何もかも忘れて「好きなこと」「やりたいこと」にどんどん挑戦しました!

 

ほとんど続かずに辞めてしまったことも数えきれないくらいありましたが、でもそれはそれでいいと思ったんです。

 

だって、これは「私の人生」なのだから。

誰にも邪魔させない!

 

そして、自分磨きも頑張りました。

結果的に10キロ以上のダイエットに成功し、今のパートナーとも出会い、初めて“心からの幸せ”を感じることができたんです。

 

文章を書くのが好き!たったそれだけで飛び込んだ“ライター”の世界

さて、そんな私ですが、まだまだ人前で働くことには抵抗がありました。

そこで思いついたのが、「在宅ワーカー」という選択肢です。

 

「ここはやっぱり、得意の“文を書く力”を発揮できる仕事が良いな♪」

それくらいの気持ちで応募したのが、SNTのメンバーさんが出していた「無料添削付き」の記事作成の案件です。

 

記事はなんなく完成しました。

 

それを提出すると、「このチーム(SNT)に加わりませんか?」というお誘いを受けました。

 

「文章を書いてお金になるならやるっきゃない!」

こうして、二つ返事でSNTにお世話になることが決まったのでした。

 

人生はいつだって「リスタート」できる

 

あなたは今、”本当に自分のやりたいこと”ができていますか?

いろいろな障害が立ちふさがって、「そんな余裕ないよ…」と思うかもしれませんね。

 

でも、“今”という時間は“今しか無い”のです。

 

私はこう思います。

『人生というのは“リセット”はできないけど、“リスタート”は何歳からだってできる』

 

この「今までの当たり前が当たり前じゃなくなった世の中」で、いつのまにか“自分の時間”をも犠牲にしていないでしょうか?

 

やりたいことがあるうちに。やりたいことがやりたいようにできるうちに。

ぜひ、沢山のことに挑戦してみてください。

 

「“あなただけの素敵な人生”のきっかけづくりになったら嬉しいな♪」

そんな思いを込めてお話しさせていただきました。

 

ここまでお付き合いいただき、本当に有難うございました。

→  TOPに戻る