【書人おうじ】『新しい趣味』を見つけたWebライターの世界!大切な仲間との絆が嬉しい!

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

こんにちは、書人おうじと申します。

う~ん、いまいちしっくりこないな(;一_一)

はいやり直し、Take2!

 

初めましてこんにちは、おうじです!

よし、これだ、これで行こう!

 

…前ふりが長くてすみませんっ(>_<)

というわけで、初めまして!

SNTでライティングの技術を学んでいるおうじといいます!

年齢は敢えて公表しておりませんが、最近老眼が始まりメガネを上にずらしながら文字を読むということが増えてきました。(;^ω^)(今度遠近両用のメガネを買わなくては!

 

今回ケントさんより「書人からの手紙を書いてみませんか?」というお誘いをいただきまして、今こうして書かせていただいております。

拙い文章ですが、最後までお読みいただけますと嬉しいです!

 

私がSNTにお世話になって、約3か月となります。

実はSNTの前に何度か他のクライアントさんとの契約でライティングを学んでいたことがありました。(すみません、新人ぶっていましたが実は経験者でした~(;^_^A

しかしどのクライアントさんも「記事を書いてくれてありがとうございま~す、今回のお支払い分で~す」と言って手にしたのが、何百円ほどの報酬

あと記事を納品して添削をしてもらう時も、記事が私のものでなく『添削者が書いた記事になってしまっている』ということに気づき、『私自身が何を書きたいのか』がわからなくなっていました。

正直相談をしたくても誰に相談すればよいのかわからない、といった環境の中で記事を書き続けていました。

実は無趣味だった?

いきなりですが、あなたはどういった趣味をお持ちですか?

例えば書道が好きな人は『書道』、料理が好きな人は『美味しい料理を作って食べること』など、人それぞれあるかと思います。

 

ちなみに私の趣味は『読書、散歩、ライブやイベントに行くこと』です。

しかし蓋をあけてみると、読書は漫画(主に少年漫画)しか読まず散歩も家と駅までの往復しかしていないし。時々郵便局にも行きますが

ライブやイベントに至っては昨今のコロナ禍で中止になってしまったりで、しばらく行けていません

 

これってもしかしたら私には趣味と呼べるものがないんじゃないのか?』とだんだん思うようになっていったのでした。

仕事への不満と新しい趣味が欲しかった!

私は『夢と魔法の世界』の本社で20年弱アルバイトとして働き、その後は正社員として小さな会社で事務職として1年程働いていました

『夢と魔法の世界』で大体イメージされるのが、『ガラス張りの何十階建ての高層ビル』で働いていると思わがちなところです。

しかし私が働いていた場所は何と『プレハブ』の建物だったのです!

 

そんな環境で20年弱も働いていて、当然不満もたくさんありました。

会社への不満
  • 正社員並みの仕事をしているのに社員にはなれない
  • 時給が10年以上も『940円』だったこと
  • 女子中高生のような人との付き合い方
  • 上司のパワハラ的言動

不満はもっとありますが、今回はこの辺までにしておきます。

 

ちょうどその頃、私は個人ブログを始め『文章を書くこと』を始めました。

でもブログといっても何を書いたらよいのかさっぱりわからず、「今日のお昼ご飯はこんな感じです~♪」といったことをずっとアップしていました。

今思えばこんな記事誰も目を通すわけないよな~と思いますよね…

 

その後正社員として別の会社で働き始めたちょうど同じ時期に、クラウドワークスさんで【1記事書いてみませんか?プロ並みの添削をしますよ】というものを見つけました。

私は記事を書いているし、ブログも書いているからお試しでやってみようかな!」という軽い好奇心からSNTに登録をしました。

自信喪失と愛情のある添削に感動!

そしていざ執筆開始!

キーワードは『趣味がない人 割合』というもので書いていきました。

参考資料をいくつも見ては「このフレーズ使えそうだな!」というところを詰めるに詰め込んで、納品しました。

この時の添削はimokkoさんにやっていただきました。(imokkoさん、ご無沙汰しております!

 

添削から返ってきたものを見て、私は正直ショックを受け、自身喪失になってしまいました。

小学生の頃作文で賞をもらったことがあり、ライティングやブログを書いたりしているのに、修正だらけの記事を見て落ち込まない人はいないと思います。

 

しかし今までのクライアントさんと違うところは、『添削に愛情がこもっている』ことでした。

私が気軽に書いた記事をimokkoさんは、愛情をもって添削して下さったのがとても嬉しかったのです!

その後はSNTへ正式にお世話になることになるわけです。

ケントさんとの出会いで新しい世界が広がった!

そしてケントさんとの出会いで『Webライター』としての新しい世界が広がりました!

ケントさんは私達ライター全員に対して、常に優しい言葉をかけてくれます。

毎日配信して下さるメルマガもワクワクしながら読んでいます!

 

今では記事を書くことがものすごく楽しいんですよね!

文字数があらかじめ決められている中で、いかに読者に読んでいただけるかを想定しながら書くことがとても大好きです。

 

SNTはチーム制なので、何人かでチームを組んで1人の添削者に添削をしていただく仕組みとなっています。

私がお世話になっているaldithさんはとてもベテランの方で、初めはものすごく緊張していました。

しかし記事の構成案など何度もやりとりをしていくうちに、だんだんと私の『心の鎖』が外れてきて、今では信頼も尊敬もしています(o^―^o)ニコ

同じaldithさんに添削していただいている方と『aldithさん愛』について語ったこともあるんですよ。

 

また同じ時期に始めた同期の方たちや先輩方、新しく入ってこられる後輩さん達が、皆さん優しくていい人達ばかり!

いつも私が行き詰って相談すると、必ず答えが返ってくるんですよ

 

誰かが記事を書いて公開されれば、時間がある限り読んで感想を伝えたりしています。

逆に私が書いた記事に対しての感想がもらえると、それは嬉しくて1人でキャーキャーと叫んでいます(≧∇≦)

 

このような場所は本当に貴重で、いろいろと探してもなかなか無いと思います。

Win&Win』の関係を気づけているのは、正直SNTしかないでしょうね

 

新しい趣味』が欲しくて始めたライティング。

今は趣味では終わらせたくなくて、正式に『私の職業はWebライターです!』と自信たっぷりと言えるように、これからも頑張っていきたいと思います。

 

Webライターに興味はあるけど、きちんと技術が身につくのかな~?

大丈夫!サポートして下さる方はたくさんいます!

ここには厳しい経験を経てきたたくさんの仲間がいますから、相談にのってもらうことができますよ!

 

『SNT』って何だか宗教みたいじゃない?

いいえ、れっきとした『ライティングサロン』です!

毎日切磋琢磨しながらいろいろなタイプのライティング技術が学べる素敵な場所なのです。

こんな私でさえも頑張っていられるのは、SNTのおかげでもあります!

 

もしWebライターに興味があるのであれば、まずは1記事添削から始めてみて下さい。

あなたに眠っている『書人の才能』が花開くかもしれませんよ!

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

→  TOPに戻る