【書人 saaya】『自分らしく生きるため』に手に入れたWebライターの世界

 

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

読者のみなさま、はじめまして。

 

書人の「saaya」と申します。

 

ライターになって約1年、SNTに加入してから半年が経ちました。

 

 

ケントさんからこのような素敵な機会をいただいて、大変うれしく思っています。

 

 

これから続くライター人生。

 

いちど自分自身を「たな卸し」することで、みなさまにお伝えできることがあればと思い手紙を書くことにしました。

 

 

読書感想文さえ書くのが苦痛だった私が、なぜライターを志すようになったのか。

 

 

ここに来るまでの道のりを少しずつですがご紹介しますね。

 

最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

ライフプランが音を立てて崩れた「転勤族の世界」

 

私は社会人になるまで、転勤とは無縁の生活を送っていました。

 

学生時代は、休みのたびに旅行に行くのが好きだったので、就職先も転勤ありの会社に入社。

 

入社当時は全国各地で働きたいという思いが強く、配属先が家から通える部署だったのには拍子抜けしたほどです。

 

 

パートナーとは職場で出会い、産休・育休を使ってやりがいのある仕事を続けます。

 

同じ会社だったので、転勤があっても一緒に異動させてもらえる配慮もあり、2人で何とか仕事と育児を両立させていました。

 

このまま会社員として働きつづけるのかな~と思った矢先、事件は起こります。

 

 

それはパートナーの海外赴任が決まったことでした。

 

 

国内転勤だけのはずがまさかの海外!

 

話を聞いたとき、思わずイスから転げ落ちたことを今でも覚えています。

 

 

今までの転勤生活も、身をけずる思いで必死に両立させてきた私。

 

でも、言葉も通じない海外で同じことができるかといわれたら、私は自信が持てませんでした。

 

悩みまくった結果、私は泣く泣く退職し、まさかの駐妻デビューを果たします。

 

 

何となく思い描いていたライフプランが、ガラガラと音を立てて崩れた瞬間です。

 

すべてがキラキラ輝いて見えたWebビジネスの世界

働かなくなったことに最初は罪悪感を感じていましたが、駐在先の友人は同じような境遇の方ばかり。

 

「せっかくの海外生活だし、自分らしく楽しもう!」

 

キラキラした駐妻生活とはほど遠かったですが、何にも代えがたい経験をすることができました。

 

 

駐在から3年ほど過ぎて帰国が近づくころ、私の頭の中では新たなライフプランが浮かびます。

 

「日本に戻ったら元の職場に復帰しよう!」

 

「自分の力で稼ぎたい」思いが、心のどこかに残っていたんだと思います。

 

でも再びこのライフプランは見事に崩れることに……。

 

 

原因は帰国後に待ち受けていた「新型ウイルスの流行」でした。

 

 

私は「新しい生活様式」になじめず、子どもも転校してすぐ休校になり、外に出ることさえ恐くなってしまったのです。

 

あれだけ「職場復帰するぞ~!」と意気込んでいたのに、すっかりやる気の炎も消えてしまいました。

 

このまま自分はどうなってしまうんだろう。

 

漠然とした不安が押し寄せます。

 

 

そんな時に目に止まったのが、ある1つの動画でした。

 

動画を見まくっていると、どうやらパソコン1台で仕事ができると話してる!

 

そんなおとぎ話のような話は、当時の私にとってまったく未知の世界でした。

 

 

でもふと思ったんです。

 

 

私がやりたい働き方はこれだ!!

 

 

その方には今でもお世話になっているのですが、意を決して私はWebビジネスの世界へ飛び込みます。

 

働くことに対する考え方が180度変わった瞬間です。

 

最初の第一歩!アフィリエイターの世界へ

実は私のライターデビューは「ペラサイト」作成から始まります。

 

市場ニーズを調べて売れそうな商品を探しては、キーワード選定からセールスライティングまで一通り勉強して作りあげていきました。

 

 

最初はいくら記事を作っても売れる気配もなく、このまま続けようか悩むことも多かったです。

 

でも「場所にとらわれず自由に働きたい」と強く願っていた私。

 

持ち前の「あきらめの悪い性格」をいかんなく発揮してなんとか書き続けました。

 

 

書き始めてから半年ほど経つと少額ですが報酬も発生し、今までの努力はムダにならなかったと実感。

 

たったの数百円でしたが、私にとっては家にいながら稼げた最初のお金です。

 

自分の力で0→1にしたことは、大きな自信となりました。

 

 

そして同時に、新しいことにチャレンジしたい意欲もわいてきます。

 

ペラサイトは「モノを売る」ための記事であって、自分の色は出してはいけません。

 

 

でも「自分らしさ」も表現したみたい、そのためにはブログを始めれば良いのか!

 

そんな安易な考えが浮かびましたが、いきなりブログを始めるのは勇気が出なかった私。

 

 

そこで以前から気になっていたクラウドソーシングサイトに登録!

 

色々な記事を書くことで経験を積もうと考えました。

 

 

さぁ!SNTと出会う瞬間が近づいてきましたよ!

 

新たなる一歩!Webライターの世界へ

クラウドソーシングで最初に応募した案件、それがSNTのテストライティングでした。

 

テストライティングを受ける前まで「怪しいグループではないか、騙されていないか」とにかくHPを読みまくって身辺調査!

 

(こう見えて、疑り深い性格なんです…その節は大変失礼いたしました。)

 

 

でもケントさんの一言一言が、まるで自分だけのために語りかけてくれるようなお話しで共感ばかり!

 

私のこと知っているの?と勘違いしたほどです。

 

ですので、テストライティングも安心して納品できたことを今でも覚えています。

 

 

記事を書くのは全くの初めてで、構成も内容もめちゃくちゃだった0記事目。

 

でも、添削者さんの温かい言葉とみなさんのコメントに励まされ、1歩踏み出して良かったと心のそこから思いました。

 

 

いざ入会すると、最初は膨大なルールやマニュアルに戸惑ってばかり。

 

1記事目を納品した時の、期待と不安が入りまじった気持ちは忘れもしません。

 

 

それでも数をこなすうちに、自分でも驚くほど文字が書けるようになりました。

 

先輩方の愛あるアドバイスとお褒めの言葉を胸に、今でもワクワクする気持ちを忘れずに執筆を続けらています。

 

 

 

SNTに在籍するメンバーは「働いている方・主婦の方・子育て中の方」など、それぞれ執筆環境がちがいます。

 

 

でも1つだけ共通していることは「ライティングが楽しい」と思っていること。

 

 

なかなか文字が浮かばなかったり、手が止まってしまうこともありますが、そんな時でも必ず手を差し伸べてくれます。

 

孤独になりがちなWebライターですが、ここでは心配ご無用です。

 

 

まだ勇気が出ずに1歩踏み出せない読者様にとって、SNTは自分らしくいられる最高の環境です。

 

私もようやく折り返し地点に入りましたが、まだまだ勉強したい事はたくさん!

 

大人になったけど、第2の青春を楽しんでいます。

 

どこにいたって「自分らしく」生きよう

長々と自分語りをしてしまいましたが、SNTはそんな暴走ぶりも温かく見守ってくれます。

 

本当にやさしい方たちばかりなんですよ(涙)。

 

 

SNTに出会って尊敬するライターさん達と出会い、私の世界は大きく変わりました。

 

転勤族だからといって全てを犠牲にすることはありません。

 

 

私はWebライターという仕事に出会って、これまでの働き方を見つめ直すことができました。

 

これからはどんな環境になっても振り回されず「自分らしくいられる」生き方をしていきたいです。

 

 

ライティングスキルがあるだけで、可能性は無限に広がります

 

1つのスキルを手にしただけで、これまでなかった自信が持てるんです。

 

 

まだ何者でもない私。

 

もっとライター経験を重ねてどこに行っても楽しく暮らせる、そんなスナフキンライターになれるようこれからも書き続けます。

 

 

「自分にできるかな……」誰でも最初はそう思いますよね。

 

でも最初の1歩を踏み出すと、見える世界はガラッと変わります。

 

 

「こんなに空って青かったんだ……」と思うように「こんな世界があったんだ……」と思えるはずです。

 

 

この手紙を読んでいただけているということは、少しでもライターの仕事に興味がある読者様だと思います。

 

途中で立ち止まってしまっても大丈夫。

 

SNTではいつでも手を差し伸べてくれますよ。

 

 

言葉をつむぐこと=人とつながること。

 

 

そんなライターの仕事に出会えて、私は本当に幸せ者だと感じています。

 

どの瞬間でも自分らしくいるために、最初の1歩を踏み出してみませんか?

 

 

人生のスタートはいつだって「今日から」です。

 

あなたの第1歩を応援しています!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

→  TOPに戻る