【書人にきはら】家族全員で朝食を!目指せ専業ライター

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

はじめまして、にきはらこと二木原恭子と申します。

 

トマトジュースとプリンが好きで、どこにでもいる主婦…よりもちょっとポンコツな人間です。

カレーを作ろうと思ってスーパーに出かけて、まったく違うものを買って帰ってくるのはしょっちゅうです(笑)

 

やたら漫画を読む以外はこれと言った特技もスキルもなく、教員免許や保育士資格といった資格はあるもののすべてペーパー。

何ができますか、と聞かれてもただ考え込んでしまうような、そんなタイプです。

 

今回は、そんな私がライターを始めたきっかけと、チームに入った時のこと、そしてこれからの目標などについて少し書かせていただきました。

しばしお付き合いいただければ幸いです。

 

クビになった!どうしよう!

 

ライターになったきっかけですが、それはズバリ

「仕事をクビになった!」

ことです。

 

正確に言えば「君をこれ以上ここで雇っておくことはできない」と言われて自己退職扱いになったのでクビではないのですが、まあ似たようなものではないかなと。

 

発端は、当時9ヶ月の次女が入院したことでした。

喘息持ちだったのですが、風邪をきっかけとして発作が起こり、2週間近くの入院を余儀なくされました。

退院してきてもしばらく自宅療養で、職場に戻れたのは半月以上経ってからのこと。

 

久しぶりに出社した職場で上司に言われたのが上記の言葉でした。

時期はちょうどコロナが流行り始めた折、勤め先は飲食店だったためにお客さんの数は激減していたので、向こうとしてもちょうどよかったのではないでしょうか。

 

まだ入って数ヶ月のパートだったのですが、アッサリと数日後には退職と相成りました。

 

当時の状況

 

当時…と言ってもまだ4ヶ月ほど前なのですが、その時の状況は以下のようでした。

・夫が転職したばかり

・夫の転職と次女出産に伴って私は5年ほど勤めていた会社を辞めていた

・九州から関東に引っ越してきたばかり

 

…つまり、仕事も辞めてしまったし、出産でお金かかったし、引っ越しもしたし、夫は転職したてだしで、とにかくお金がなかった!(今もですが)

 

だからパートを始めたのですが、サクッとクビになってしまったと。

 

夫一人の収入では生活できないので、どちらかの実家に帰ろうかとも考えたのですが、そのためにはせっかく決まった夫の転職も長女の幼稚園も次女の保育園も、全部諦めなくてはなりませんでした。

 

夫はずっとやりたかった仕事に就けたのに、長女も幼稚園の制服と一緒に寝るくらい楽しみにしているのに、それを諦めなきゃいけないの?

 

そのために私は仕事だって辞めて、引っ越したのに。

 

なにそれ。

 

絶対に、嫌だ。

 

そもそもまた引っ越すお金なんてないし。

 

とにかく稼がないと生活ができないと焦ったのですが、小さな子供が2人もいる、しかも1人はすぐ入院するかもとなってはパートでもなかなか見つかりません。

「すみません、子どもが体調不良で」と言って仕事を休むのも個人的にはもう辛かったので、子どもの熱や風邪などでも休まなくていいように夜間か早朝の時間帯、と考えるとさらに求人数は少なく、働ける時間が少ないため収入も雀の涙でした。

 

途方に暮れて、「何か今すぐネットでそれなりに稼げる仕事はないのか」と検索して出会ったのが「ライティング」という仕事でした。

 

ライティングって何?

何を書くの?

よく分からないけど文章を書くのは嫌いじゃない。

500文字で済むことを3000字ぐらいにすることは得意だ。

 

ワードプレス?

聞いたことありませんね。

だがこちとらFC2や無料サーバ使ってしょうもない自作小説をネットにアップしていた黒歴史持ちだぞ。

ブログなんだから似たようなもんでしょ。

知らないけど。

 

…………というか、やるしかないよね。

 

 

ライティングに賭けてみるしかない。

 

できなかったら、全部を諦めるしかないわけで。

 

とりあえずライターするならランサーズがおすすめらしいぞ、と勢いでランサーズに登録して「初心者OK」と出ている依頼に提案しまくりました。

 

ちなみにこの後、幸いにしてコンビニの早朝番として雇ってもらうことに成功したので、現在はコンビニバイトとライターの兼業をしています。

 

ライターになると決めたけれど…

 

何も考えないままにランサーズに登録し、提案を送りまくって1週間ほど。

恐ろしいことにほとんどの提案が通ってしまい、私はいきなりのキャパオーバーに半泣きになりながらパソコンに向かっていました。

 

そして、同時に理解しました。

 

書き方の基本を身につけないと、ライティングで稼ぐのは難しい、と。

 

まだまだ最初だから1記事書くのに時間がかかるのはある程度仕方ないとしても…単価が低い!

 

一生懸命仕上げた記事も、数百円や良くて1000円ちょいにしかならなかったので、これでは早く書けるようになったとしてもライティングで生活することはできない、と思い知りました。

 

単価が高い依頼は初心者お断り、SEOができる人、WPで納品などと書かれていましたが、安い記事を納品するばかりではフィードバックもなく、いくら書いていっても自分にライティングスキルが身につくとは思えませんでした。

 

やはり在宅でパソコン1つで稼ごうなんて甘い話だったのか、でもここで踏ん張れなきゃ…と考えながら仕事一覧を眺めていた時に目に入ったのが、ケントさんの依頼でした。

 

最初は「なにこれ安っ!パス!」とスルーしかけました。

ですが、よくよく見ると「添削つき」「ライティングノウハウお教えします」…?

 

今の私に必要なのは、これじゃないのか?

でも、「厳しさなし、皆優しくてアットホーム」って……怪しくない?大丈夫?(失礼)

アットホームって、ブラック企業の定番文句だよ?(超失礼)

 

かなり悩みましたが、ええいままよ!と提案を送ってみました。

これが、ケントさんとチームの皆さんとの出会いになります。

 

チームに入ってみて

 

チームに入って、最初にケントさんからライティングのマニュアルを頂いた時に、

 

「これ!これを私は求めていたんだ!」

 

と興奮したことを覚えています。

 

どうやって書いたらいいの?気をつけるべきポイントは?見出しの使い方?

それまで自分が謎に思い、類似ページを見ながら見様見真似でやっていたことへの答えが全てありました。

それだけでなく、それまでまったく考えてもいなかった文章構成やターゲット設定などまで…一気に視界が開けたような感覚がありました。

 

そうは言っても、知識がついただけでは自分のライティングにはなりません。

マニュアルを読みながら、なんとかかんとか1記事を形にして、恐る恐るリーダーに提出してみました。

 

すると、返ってきたコメントの暖かくて優しいこと!!

 

単に修正点をあげてくださるだけでなく、必ず褒めてくれる!

私は単純なので、それだけでめちゃくちゃやる気が出ました。

 

しかも感想をくださる人までいらっしゃる!

なんということでしょう!

 

これはもう、書くしかありませんね!!

 

今はここから3ヶ月ほど経ちます。

途中思うように書けなかったり、まったくコピペも引用もしていないのに一致率が高くなってしまって嫌になりかけたこともありますが、割と最初の勢いのままここまで突っ走ってきています(笑)

 

目指すは「家族全員での朝食」

 

これからの目標は、「皆で朝ごはんを食べること」です。

 

今、私は朝ごはんを作るだけ作って、皆が起きる前に出勤してしまいますし、夜ご飯は子どもたちと私だけで食べています。

そして夫が帰ってくるのは皆が寝静まった後。

 

全員で一緒にご飯を食べられるのは、週に1日、全員の休みが合ったときだけなんです。

 

世の中色々な家族のカタチがあっていいと思うし、ダメじゃないけど……

でも、やっぱり1日1食は皆で食卓を囲みたい!

 

同じ家に住んでいるのだから、毎日全員で顔を合わせる時間が欲しい!

 

だから、早朝のバイトを辞めても大丈夫なくらいライターで稼げるようになるのが、今の目標です。

期限を設定しないとダラダラしてしまうので、1年以内と勝手に自分の中で決めています。

 

決意を忘れないうちに、もう個人事業主として開業届まで出しちゃいました(笑)

 

 

ライター1本でそこまで稼ぐなんて、正直自分でもかなり大胆な事を言っているな、と思います。

 

ですが、ケントさんやリーダーの皆様が優しくフォローしてくださるおかげで、着実に自分のライティングスキルは上がりました。

最初は分からなかった構成の基本やSEOについても学べましたし、添削を受けることで、気づいていなかった自分の文章のクセにも気づけました。

 

今はさらに添削者にもなり、おっかなびっくり人様の文章に手入れもしています。

最初にお声がけいただいた時、自分が添削なんて本当にできるのか?と思ったのですが、他人の文章を冷静に見ることで得られる学びも大きく、毎回ありがたいと思いながら添削をさせていただいております。

 

ここで成長した自分なら、「ライターで稼ぐ」というのは、難しいかもしれないけど、決して無理ではないんじゃないか?と考えています。

 

それに何より、ライティングが楽しくなってきました。

 

調べることも面白いし、調べた内容を整理して書くことも楽しい。

さらにそれを形にして、誰かに読んでもらうなんて、最高です!

 

もっともっと精進して、グーグル検索で1番に表示されたい!

 

……もしかしたら、一年後には赤面しながらのたうち回っているかもしれませんが(笑)

 

場所と時間に囚われない

 

私がライティングを始めたのは、「とにかくお金が欲しい。しかし外に働きには出られない」というただそれだけでした。

 

でも今は、「ライティングに」出会えてよかったと思っています。

ケントさん、リーダー、チームの皆さんに出会って、もうちょっと頑張ってみようと思えました。

 

ライティングはどこにいてもできる仕事なので、「将来温泉地に住みたい」という新しい夢もできました。

 

・思うように外に働きに出られない

・自分の可能性をもっと広げたい

・場所に囚われず自分らしく生活したい

 

 

そんな希望のある人には、ライティングはうってつけだと思います。

 

1人では何をどうしたらいいかわからなくても、チームなら、分からないことは聞けば誰かが優しく教えてくれますし、困ったことも相談に乗ってくださいます

自分が答える側に回ることもありますし、お互いに助け合えるんです。

 

自分が書くだけでなく、他人の記事を読んだり、人の添削を見ることでも得られる発見はたくさんあります。

ですから、チームにいると1人の時より何倍も早く、そして楽しく自分を成長させられるんです。

 

お互いに支え合えるし、お互いに高めあえるチーム。

そんな、素敵な環境がここにはあります。

 

よかったら、あなたも一緒に頑張ってみませんか?

 

 

TOPに戻る