【書人ぺね】人生の舵を自分で取ってみて変わったこと

ケントです。

いつもありがとうございます。

僕はウェブ空間の中で作ってみたい世界があります。

しかしながら、その規模が大きくて一人では到底成し遂げられません。

なので、自分の世界観に共感してくれた女性ライターと一緒に取り組んでいます。

嬉しいことに今はおよそ100名の仲間が集まってくれました。

一緒にあーでもない、こーでもないと言いながら毎日ワクワクしながら取り組んでいます。

僕の実現したいことは、女性、とりわけ主婦さんが「書人」として活躍できるステージを作ることです。

ちなみに、このコミュニティーの中では、みんなお互いを「ライター」ではなく「書人」と呼んでいます。

ライターはクライアントへ記事を納品し報酬を得れば基本それで終わりです。

また新たに次の記事に着手し、クライアントへ納品。

そしてまた次の記事へ・・・。その繰り返しです。

ライターとは書く仕事ですが、ごく一部の恵まれた高報酬ライターをのぞき、

生涯これを独りで続けていくのはなかなかの覚悟がいると思います。

何よりも自分の資産としては残りませんよね。

「書人」

自分のために記事を書き、着実に自分の資産として残し、それを「個のスキル」として世の中に発信し稼ぐ人

僕は「書人」をこのように定義しています。

そして、気の合う「書人」が集まり、「ライティングの面白い未来」に向けて全員で取り組んでいく環境、

すなわち、

「書く仕事」を「書く人生」にできるコミュニティーの形成

これを実現するために現在進行形で取り組んでいます。

コミュニティーの中には本当に尊敬でき、魅力的な書人がたくさんいます。

そこで、今回はその中の一人の書人を紹介したいと思います。(ブログは共有できるのでお招きし、執筆してもらいました(*´ω`))

もし良かったら、読んでみてくださいね。

もしかしたら、読者様のライター人生において何かのきっかけになるかもしれません。

ケント

 

 

はじめまして、ぺねと言います。

地元の診療所で管理栄養士、先生の手伝い(秘書)をしています。

 

私は4人兄弟で幼い頃、母の負担を減らすためにご飯の支度などをよく手伝っていました。

甘いものやお酒が好きだった父は生活習慣病を3つ患っており、幼いながらに何とかしたいなぁと思っていましたね。

 

父の健康を不安に思う気持ちと、母から料理の楽しさを教わった影響かもしれませんが…。

気づいたころには管理栄養士の道に進んでいました。

 

国家試験の合格を目指してそれなりに勉強もしましたが、その後の人生については全く考えていませんでした。

今回は私のまわり道人生とライターになった経緯を少しお話できたらと思います。

 

まわり道してたどり着いた「思考」

 

大学を卒業し、就職してからは目の前の仕事をこなすのに奮闘していました。

(当時は保育園や小学校の調理員で、子どもたちの給食を作っていました。)

その中でたくさんの学びもあり、充実した毎日を送っていたように思います。

 

でも、恥ずかしながら…私は社会人3年目になるまで、大きな決断をしたことがありません。

 

「夢は大きく、かっこいいものじゃなきゃいけない!」

 

そう思い込んでいたので、新しいことにチャレンジすることもなく、「私にはたぶん無理」「失敗したくないから…」と最初からあきらめてしまう子でした。

 

休日は動画や好きな音楽を聴きながら、ちょっとだけ家事をして終わるような生活でした。

ぼんやり過ごしていたので、今思えば完全に思考が停止してたなぁ~と思います(笑)

 

ある日、社会人になって3年が経った頃…。

朝の電車にゆられながら、ふと思いました。

 

「そういえば、どうして管理栄養士になったんだっけ?」

 

当時、同級生がかっこよく管理栄養士として活躍している姿がすごく羨ましかったです。

それに本来、健康の大切さを伝えることが栄養士の役割なのに、私はそれができていない!

(そういえば、父の健康も守れていない…!)

 

そんな風にもやもやする日が増えていきました。

でも、それに気づいたところでどうしていいのかわからず、日々悶々と過ごしていました。

 

ずっとこのままの自分でいるか。

「いや、このまま平凡に人生が終わるなんて、もったいない気がする…!!」と思いました。

 

まずは情報収集からと思い、栄養士が集まる交流の場や勉強会に参加するようになりました。

 

ある時、イベントで栄養士の転職についての話を聞きました。

当時は都内に一人暮らしでしたが、外出しない割に貯金がほとんどありませんでした。

 

お給料は月々の生活費として消えていたからです。

 

社会人になったら両親に旅行をプレゼント!とか、高級なレストランに招待を!と思っていましたが。

それは夢のまた夢…現実的に不可能でした。

 

そうして悩んだ末に…勇気を出して転職することにしました。(←私にとってたぶん初めての自発的な挑戦です。)

 

でも、やってみたいと思うことがない…!!

 

これまで「生活費を稼ぐために頑張るのが仕事だ!」と思っていたので、やりたい仕事や働き方について考えたこともありませんでした。

(管理栄養士になったのは「専門職で安定している」「両親を安心させられるから」という理由が大きかったです。)

 

好きなことや本気で向き合えることを探そう。

人生の舵は自分で取っていこう!

 

こう思えるようになったのは、次の失敗があったからかもしれません。

 

自分は性格上、じっくり考えをまとめてから話すタイプなのかな…と思います。

しかし、転職先では皆が自分なりの意見を持って、ハキハキしている印象でした!

 

これまで人目を気にしながら生きてきた私にとって、声を大にして主張することは苦行に近かったです…(笑)

 

「そういう風に言われたら、嫌な気持ちにならないかな…」

「私の言葉で誰かを傷つけてしまったらどうしよう…」

 

そう思うと言いたいことがうまく伝えられず、いつしか周りの言葉やプレッシャーに押しつぶされそうになっていました。

 

結局、入社後のギャップと身体の不調が続き、2か月で会社を辞めてしまいました。

 

20代後半で仕事なし。当時、社宅に住んでおり即日退去をお願いされて家もなし。

(当時は頭が真っ白になりました…)

 

「それ、みたことか…!」と自分の無力さを思い知り、泣きながら両親に謝罪したのを覚えています(笑)

急にホームレスになってしまい、行く当てもなく…しばらくは実家にお世話になることになりました。

 

失って気づいたこと~人生を見つめなおす時間

 

こんなはずじゃなかった…!

これからの生活もどうしよう…。(お金もないし、友達に会うのも恥ずかしい…)

 

でも、有り余る時間はあったので(笑)

これまでの人生を振り返ってみることにしました!

 

自分はちょっとした一言に傷つきやすい性格でした。(今も時々、落ち込みますが…)

特に自信をなくした時は言葉が刺さりやすく、メンタルよわよわ人間でした(笑)

 

自信がない→私は何もできない人間なんだ…!と、自分の限界を感じる瞬間がなにより嫌でした。

おまけに、自身の弱みを見せるのも得意ではなかったので、本やインターネットで人の心理について調べまくってる変なやつでした(笑)

 

私ってどういう人間…?自分の強みってなんだろう?(そもそも、私に強みなんてあるのか?笑)

ある本にはこう書いてありました。

 

悩んだとき、つまづいたとき、思ったことを文章にしてみるといい。

 

最初は半信半疑でしたが、悩んだときの心境を深く掘り下げていったら気分がスッとしました!

「どうして私は悩んでいたのか」「悩みの原因はなんだったのか」が「書く」ことで可視化されたからだと思います。

 

その日から、思ったことを文章にしてまとめるようになりました。

仕事で学んだことや日常での気づき、自分の考えなどをノートに書きとめていました。

(当時の日記を読むと、驚くほどちっぽけなことで悩んでてびっくりします。)

 

伝えたい気持ちを表す言葉が見つからない…と悩むこともありました。

それは今まで他人の目を気にして、自分の心に目を向けてこなかったからかもしれません。

 

思ったことを文章にすることで心情や信念、私が本当にやりたいことって何なのか。

これから進んでいく道は自分の意志で決めたい!と思うようになりました。

 

子どもの頃から調べたり学んだりするのは好きでしたが、「学んだことを伝え、生かす」ことはしていませんでした。

 

「気持ちや想いを文章で伝えたい…」

その後も地道に書き続け、気づいたらライティングの世界に足を踏み入れていました。

 

最初は趣味や食べ物、健康に関することをSNSで発信していました。

 

想ったことを心にとどめておくのはもったいない!

自分は自分、皆は皆。考え方が違ってもいいじゃない!

 

発信活動をしていく上で、いろいろな考え方や価値観にも触れたい!と思うようになりました。

(このときは友達にも会わずにひきこもっていたので、人とのつながりを求めていたのかもしれません。)

 

しかし、この思考に至るまで、果てしなくまわり道したな…とも思います。

 

ライティングの世界と素敵な仲間との出会い

 

私がライティングの世界に飛び込んだのは、このような理由からかもしれません。

ライティングを始めた理由
  • 今まで学んできたことを発信することで、人の役に立ちたい!
  • 自分の気持ちを(ゆっくりでもいいから)伝えられるようになりたい。
  • 自分と異なる価値観や考え方にも触れてみたい。

 

口下手な私だけど、文章を通してだったら伝えられるかな…!

 

これまでリスクがあることには挑戦しなかった私でしたが、文章でならじっくり考えをまとめて伝えられるかも!

そう思って、自分のブログを立ち上げよう!と奮起したものの…。

 

「ブログってどうやって作るの?」

「人に伝わる文章の書き方がわからない…」

 

読んでもらうには人に伝わらないといけないのに、どんな感じで書いたらいいのか分からず途方にくれていました。

(この環境に入るまで文章を書いた経験はなく、200点のテストで29点をとるくらい…国語は壊滅的に苦手でした。)

 

そんな時、このライティングサロンに出会いました。

「こんな自分でも大丈夫かな…」とすごく緊張しながら応募したのを覚えています。

 

けど、やってみなければわからないことも多い!

失敗して気づくことが経験になる!

もし、うまくいかなくても…また探そう!と思い切って応募してみることにしました。

 

こうして、ライターへの一歩を踏み出したのでした。

 

ライティングを始めてからはたくさんの方との素敵な出会いがありました。

初めてのチャットでのやりとりにこれまた緊張しましたが、たくさんの方が気さくに声をかけてくれました。

「はじめまして!」「これからよろしくお願いします!」

 

その言葉に救われたことも多く、性格も以前よりポジティブに明るくなれた気がします。

(大げさかもしれませんが…)私は「この環境に入って、本当に人生が変わった!」といっても過言ではありません。

 

文章で人の心を動かすことや感情、想いを込めて伝えることもできる。

 

このサロンでのやり取りを通して、そう思いましたね。

 

初めて記事を納品するときも緊張しまくりでしたが。

「この部分がいいと思いました!」「こうしてみたら、もっとよくなりそうですね!」

と添削ではチームの皆さんが親切に教えてくださいます。

 

自分が思いつかなかった視点や話の展開の仕方など、ここは多くのことを学べる環境だと思います。

一人で続けていたら間違いなく挫折していたな…と思います。

 

(これは余談ですが…)本業で広報の作成や編集を担当しており、ここで培ったことをいろんな場面で生かせているのも、私にとってすごく嬉しいことです。

 

人生の舵は自分で取りたい!

 

こちらのサロンにお世話になって、7か月が経ちました。

記事の書き方、人との関わり方も不器用だった私ですが…少しずつ夢が広がってきたように思います。

 

このライティングサロンには本当に感謝しています。

一緒に頑張れる仲間がいること…その力はとっても大きく、よい刺激をいつもたくさんいただいています。

私がライティングを楽しく続けられるのも、仲間やチームのメンバーが支えてくれるからだと思います。

 

先日、チームリーダーを務めさせていただくことになり、メンバーの皆さんと一緒に記事を作り上げていくのを頑張ろう!と意気込んでいるところです。

 

貴重な経験をさせていただくとともに、私らしくいられるこの環境と文章で想いを表現できる楽しさは一言で言い表せません(笑)

 

いろいろ悩んでたどり着いた道ですが、私はライティングに出会えてよかったなと思います。

 

最初の一歩が怖くて踏み出せない…。

以前の私がまさにそのような気持ちでしたが。

「ちょっとでもやってみたいな…」と、そう感じたら思い切って舵を切ってみる!

 

私はそれで人生が変わりました。

 

ここには素敵なライターさんがたくさんいらっしゃいます。

ライターになってみようかな…と思っている方がいたら、まずは軽い気持ちで始めてみませんか?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

TOPに戻る